人目の訪問者さん、いらっしゃいませ〜

続戦国自衛隊6 大坂城炎上編

画像診断を考える第2版

画像診断医やすきー(岩崎康)のホームページへようこそ

続戦国自衛隊6 大坂城炎上編

シリーズついに完結!!

画像診断を考える 第2版

Since Aug 1996

ブログは毎日更新中!


 (^o^) このホームページは今年で生誕17年めです。!!
 遠隔画像診断医のやすきーこと 岩崎 康 です。
 メディカルITコンサルティング(MIC)は辞めましたが、西村一雅先生と遠隔画像診断事業組合の テラーク(LLP) を設立しました。
 LLP は有限責任事業組合の略で、株式会社の営利追求姿勢に疑問を感じて、医師のみの集まりを作ってみました。NPO のような形態でありながら、より柔軟な活動が可能です。
 MIC から業務を委託されていますが、MIC 以外の会社からも仕事を受けています。

 テラーク Telark とは Teleradiologists of the Ark の略称で、「方舟(または聖櫃)の遠隔画像診断医たち」 という意味です。
 ご質問などおありになればtelark@gmail.com(外人よけに一部全角になっています;宛先は半角でお願いします)まで。
 「画像診断医」とは一般的な名称ではありません。ここでは主に放射線診断学を専門とする医師で、X線写真・ CT・MRIなどを斜に眺めて、神託(?)をくだす謎の男(または女)のことを指すことにします。
 地方によっては「放射線占い師」・「放射線サギ師」などの別称(蔑称)があります。
 本人たちは「神の眼」を持つとうそぶいていますが、よく見るとただのウオノメ持ちだったりします。近い将来、その者たちの子孫の中には直接X線を「視る」者も出現するかもしれません。そうなると彼らは骨格で他人を識別するのでしょうか。手相の代わりに頭蓋骨の縫合線で占いをする、と。よもや私の子孫には現れませんように!
 てな駄ボラはさておき、お暇な方もお忙しい方もしばしの間、おくつろぎいただければ幸いです。
 ちなみに 「やすきー」とはパソコン通信時代のハンドル名です。アスキーネットにあやかったわけではなく単に「ヤスシイワサキ」の省略形です。
 「安いのが好き!」から来ていると言う人もいます。
 あ、それから、リンクは基本的にご自由に行っていただいて結構ということにしますが、事前にメールをくれたらさらにうれしいデス。ハイ。 I'm Yascii.

お気に入りに登録