*

悪韓論 / 室谷 克実

公開日: : 最終更新日:2014/01/26 読書

悪韓論 (新潮新書) 悪韓論 (新潮新書)

室谷 克実

新潮社 2013-04-17

売り上げランキング : 274

Amazonで詳しく見る

by G-Tools

呆韓論』の前に書かれた嫌韓本。

アマゾンのレビューの評価が異常に高いので本屋で購入。

とにかくおもしろい。

韓国の官庁発表の統計や韓国メディアの記事(朝鮮日報、中央日報など)の恐るべき内容を紹介。

なんで日本のメディア(チョウニチ新聞)はこれを報じないのか?

  1. 汚職にあふれ、検察が国税庁にまで捜査に入る
  2. 「警察官」は悪い人の代名詞
  3. 成人男性の1人が年間平均5回は買春している
  4. ベトナム戦争時にベトナム女性と彼女らを暴行した韓国兵との間にはその混血児であるライタイハンが1万人以上いる

などなど呆れた実情が彼の国の新聞記事に書かれています。

韓国では『どんな汚い術を使おうが勝てばいい』という考え方があり、中国人と同じく「息を吐くように嘘を吐く」と言われています。

台湾の著名人でさえ、「日本人は背中を見せても決して刺したりしないが、XXXX(韓国人の蔑称)は違う」とおっしゃっておられます。

他国から購入した原発や新幹線をすぐにパクり(近くの国も同じことをしていますが)、欠陥部品に取り替えた原発を UAE に売ったりしています。

欠陥原発の問題では、これまで放射能漏れ事故がないことになっている首都ソウルが、東日本大震災後の仙台の2倍も放射性物質量があり「韓国人女性の甲状腺がん発症率は日本の14倍」であると(新聞記事に)書かれています。この本以外の情報ですが、ソウルの放射線量の高さは、廃棄物処理業者が放射能廃棄物をアスファルトに混ぜ、それを建築業者に売り、ソウルの道路の舗装に使ったからという話もあります。

通常の嫌韓本と比べて実に信憑性が高く、それだけにおぞましさも最高です。

すべての日本人(特に朝日新聞読者)は一度目を通すべきです。

【関連記事】

韓国・北朝鮮を永久に黙らせる100問100答 / 黄 文雄
マンガ嫌韓流の真実!
恨(ハン)の法廷

###

関連記事

誰も知らなかった皇帝たちの中国 / 岡田英弘

誰も知らなかった皇帝たちの中国 (WAC BUNKO) posted with

記事を読む

ビジネス版 悪魔の法則―ポジティブ思考のウソを斬る / ダン・S. ケネディ

ビジネス版 悪魔の法則―ポジティブ思考のウソを斬る ダン・S. ケネディ Dan

記事を読む

私は株で200万ドル儲けた / ニコラス・ダーバス

私は株で200万ドル儲けた (PanRolling Library 16) ニコ

記事を読む

勉強の技術 すべての努力を成果に変える科学的学習の極意 (サイエンス・アイ新書) / 児玉 光雄

勉強の技術 すべての努力を成果に変える科学的学習の極意 (サイエンス・アイ新書)

記事を読む

この一冊で「中国の歴史」がわかる! (知的生きかた文庫) / 山口 修

この一冊で「中国の歴史」がわかる! (知的生きかた文庫) 山口 修 三笠書房 1

記事を読む

日本が世界をリードする! 第4次産業革命 これから始まる仕事・社会・経済の大激変" / 三橋貴明

第4次産業革命: 日本が世界をリードする これから始まる仕事・社会・経済の大激変

記事を読む

経済ニュースの裏を読め! ~世界経済編~ / 三橋貴明

経済ニュースの裏を読め! ~世界経済編~ 三橋貴明 TAC出版 2011-03-

記事を読む

日本史の誕生―千三百年前の外圧が日本を作った (ちくま文庫) / 岡田英弘(2)

  日本史の誕生―千三百年前の外圧が日本を作った (ちくま文庫) 岡田

記事を読む

京都の不思議 / 黒田 正子

京都の不思議 (ランダムハウス講談社文庫)黒田 正子 ランダムハウス講談社 20

記事を読む

韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧 / 宮崎正弘 & 藤井厳喜

韓国は日米に見捨てられ、北朝鮮と中国はジリ貧 posted with amaz

記事を読む

【ふるさと納税】十勝ローストビーフ 750g / 北海道池田町

【ふるさと納税】A011-11

県立琵琶湖博物館

感染対策のために一部の展示を休止している 琵琶湖博物館 では現在は予約

[FX] Rose Pound という自動売買ソフト

昨日の記事「 2021年6月第3週の成績」で紹介した市販の自動売買プロ

[FX] 2021年6月第3週の成績

先週からいくつか市販の自動売買プログラムを試しています。

男は女のオマケ

男は女から生まれた まあ、女も女から生(産)まれるのであるが、ここで

→もっと見る

  • アクセスカウンター
PAGE TOP ↑