*

成功の要素

公開日: : 最終更新日:2014/01/25 読書

この前読んだ『成功の門』に書いてあった話だったと思いますが、面白い話を思い起こしました。

ある知能検査をする人からの話で、

1%以下の数で、「とても処置なし」という検査結果の人たちがいます。

その人達にどうするかって?

なにもしません。

放置していたらそのうちに企業経営者になってしまうからです。

というのがありました。

つまり要領よく答えのある問題を解いていく能力はないが、根気よく納得するまで頑張る能力があるので、深い洞察力を得ることができ、大器晩成するのだそう。

アインシュタインやエジソンみたいな人なんでしょうね。

【関連記事】

成功の門―限界を突き破る50の知恵 / ロバート アンソニー
問題を起こす人が成功する
不器用な人ほど成功する

###

関連記事

いきなり最終回Part2

いきなり最終回―名作マンガのラストシーン再び (Part 2) 佐々木 守

記事を読む

時計仕掛けのりんご―The best 5 stories by Osamu Tezuka / 手塚治虫

時計仕掛けのりんご―The best 5 stories by Osamu Te

記事を読む

8マン (第6巻) / 平井和正 桑田二郎

8マン (6) (扶桑社文庫) 平井 和正 桑田 二郎 扶桑社 1996-01

記事を読む

なぜあの人は楽しみながら儲かるのか / 中谷 彰宏

なぜあの人は楽しみながら儲かるのか―好きなことを仕事にする52の方法 (ぶんか社

記事を読む

ネットで売れるもの 売れないもの 増補改訂版―商品選びで成否の8割が決まる / 竹内 謙礼

ネットで売れるもの 売れないもの 増補改訂版―商品選びで成否の8割が決まる (日

記事を読む

反日プロパガンダの近現代史:なぜ日本人は騙されるのか / 倉山満

反日プロパガンダの近現代史:なぜ日本人は騙されるのか 倉山満 アスペクト 201

記事を読む

逆説の日本史 14 近世爛熟編(2) / 井沢元彦

逆説の日本史 14 近世爛熟編 (小学館文庫) 井沢 元彦 小学館 2

記事を読む

山根一眞の素朴な疑問 / 山根 一眞

山根一眞の素朴な疑問―あったかい生活の送り方 山根 一眞 新潮社 2002-0

記事を読む

COACH のスペシャル万年筆

Mono Max (モノ・マックス) 2013年 01月号 宝島社 20

記事を読む

祗園の教訓―昇る人、昇りきらずに終わる人 / 岩崎峰子

祗園の教訓―昇る人、昇りきらずに終わる人 (だいわ文庫) 岩崎 峰子

記事を読む

【冷凍食品】銀座デリー監修ドライカレー

セブンイレブンで税込み 267円で売っています。 7月末

日本転覆テロの怖すぎる手口 スリーパー・セルからローンウルフまで (PHP新書) / 兵頭 二十八

日本転覆テロの怖すぎる手口 スリーパー・セルからローン

GREEN / 辛島美登里

GREEN 辛島美登里 ソニー・ミュージックダイレ

約束ーイタリア古典歌曲集 / スミ・ジョー

約束ーイタリア古典歌曲集 モーツァルト ジョー(スミ

【ふるさと納税】バランタイン自家焙煎コーヒー豆 1kg (豆のまま)/ 三木市

兵庫県三木市に 10000円寄付するともらえます。 スイ

→もっと見る

PAGE TOP ↑