*

BMW 318iクラシック

公開日: : 最終更新日:2017/05/29 日記

愛車BMW320i の5年めの車検が間近に迫ってきました。

本日ディーラーで見積りをとると、23万円少々

私の 320i は現行車種と言っても最も初期のバージョンで、衝突回避機能が付いておりません

最近は特に雨の夜など道路が見にくくて怖いときがあります。

それ以外は気にいっているのですが、事故が非常に気がかりです。

お得限定車 318iクラシック

ディーラーには今月から扱いだした 318iクラシック という限定車があるそうで、実車を見せてもらうと内装がかなりグレードアップ。

シートは合成皮革ですが、なかなかの質感。明るい色なので車内が広く感じます。

外装はウィンドウのモールドがアルミになっていることと、タイヤが 17インチホイールになっていることくらい。

よく似た Luxury という通常ラインアップよりはお得な価格設定(472万円)になっています。

色からして女性向けの印象。ドイツ車よりイギリス車っぽい感じがしますね。

結局の選択

私はかなり気に入りましたが、かみさんはリアルウッドのパネルが大嫌いということで、購入は見合わせて、ノーマルの 318i 新車を買うことにしました

内装や外装は現在乗っている 320i とほとんど変わりなくエンブレムだけが変わるくらい。

現行の 320i への乗り換えは今乗っているのと同じ型(2012年~)なので除外。320d も考えたのですが、長距離を乗らないので無駄です。まあ、320 シリーズはそろそろメジャーバージョンアップでしょうしねえ。

セダン以外はかみさんが許可しないため、1シリーズや 2シリーズはアウト。

となると、娘も結婚して私とかみさんしか使わないので 318i で十分。大津市内がほとんどでたまに神戸の実家に帰るくらいですしね。

3シリーズの中で 318i 1.5l ターボバージョンは 2016年10月に出たばかりなので、エンジン以外は 320i のおいしいところを備えていそうです。

排気量は 320i に比べ 500ccダウンになるのですが、よくよく考えてみると今でも 3500回転以上や 130km/h 以上なんて全然使いません。

じゃあ 1500cc でいいやと思いますし、その分燃費はよくなるはず。

私の 320i の燃費は 2000ccターボながら 12.8km/l をマークできております。318i では 15km/l を目指したいと思います。

納車は来月末。

###

関連記事

紅葉見物 西明寺

昨日、カミサンと東近江市にある 永源寺 に紅葉見物に行ってきましたが、その後は 12kmほど

記事を読む

ASAHIネットよく切れる 私もキレる(2)

自宅で使っているインターネット回線は 3本ありました(6セッション)。 うち 1つはインターネ

記事を読む

折り本を作る

* 「折り本」ってご存じですか? 綴る必要もなく、紙を折るだけで、本を作るのです。 1枚の

記事を読む

季節はずれの花火

* 昨夜、LED サークラインを大津市堅田のヤマダ電機で買って、その後夕食を食べて帰宅途中の車

記事を読む

明日の金環日食

* 明日、金環日食があるそうですが、あまり興味はありません。 次は北海道で 18年後。 本

記事を読む

no image

連休明け

   連休の後半はずっと家で用事をこなしていました。  ほとんど外出もせず。 &nb

記事を読む

お金で口をつぐむマスコミって

最近、日経平均が 16000円台を回復してきたのでなりをひそめましたが、ブレグジット(英国E

記事を読む

Loto6 またまた

* 一昨日、夢で1等賞があたった。 目覚めた。 やるせないが、夢だった。 昨日、カミサン

記事を読む

サル高貴なお方

大分市の高崎山自然動物園で5月6日に誕生した赤ちゃんザルに「シャーロット」と名付けたと発表したら

記事を読む

BMW320 最初の車検

愛車(BMW320i 現行バージョン)の車検が近づいたので、本日引き渡してきました。 現在

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

中古HDD をセットで落札

ヤフオクで、500GB 日立製 HDD 中古動作品 3

「戦国大名」失敗の研究 (PHP文庫) / 瀧澤 中

「戦国大名」失敗の研究 (PHP文庫) 瀧澤 中

気象のしくみ―図解雑学 (図解雑学-絵と文章でわかりやすい!-) / オリンポス 村松照男

気象のしくみ―図解雑学 (図解雑学-絵と文章でわかりや

壁紙屋本舗
まな板マウスパッド

100円ショップで買ってきたまな板(未使用)をマウスパッドに使

だれが中国をつくったか 負け惜しみの歴史観 (PHP新書) / 岡田英弘

だれが中国をつくったか 負け惜しみの歴史観 (PHP新

→もっと見る

PAGE TOP ↑