*

激動する世界経済! こうして突破できる日本経済 (WAC BUNKO 219) / 宮崎正弘 渡邉哲也 (3)

公開日: : 最終更新日:2018/09/02 読書

激動する世界経済! こうして突破できる日本経済 (WAC BUNKO 219) 激動する世界経済! こうして突破できる日本経済 (WAC BUNKO 219)
宮崎正弘 渡邉哲也
ワック 2015-05-18
売り上げランキング : 641016
Amazonで詳しく見る by G-Tools

★★★☆☆(政策のない国会議員はこの本読めば?)

激動する世界経済! こうして突破できる日本経済 (WAC BUNKO 219) / 宮崎正弘 渡邉哲也 (2) 」の続きです。

中国の東南アジアへの援助は援助とは言えません。要は余った自国の鉄と労働者をその国に輸出しているだけの話。

その国の国民には賃金は落ちませんし、企業にもお金はわたりません。

お金を貸す場合は AIIB(アジアインチキイカサマ銀行)の高金利のものを融通しますが、最初は低利と言っておいて契約後勝手に利子を釣り上げるのが常套手段。

建築現場にチャイナタウンができて中国人ばかり増え、犬や猫、カラスなどが姿を消すそうです。環境も破壊されます。

高速鉄道を輸出する場合は、「無償で作ります」と言っておいて鉄道の運用益は中国がとり、おまけに沿線の土地開発の権利を独り占めしようとするわけです。小林一三の「鉄道+宅地造成+レジャー施設」計画の海外拡張版ですね。要は合法的侵略(新植民地主義)ですね。

日本の場合は、その国の政府と話をつけ、政府の知り合いの有力者の企業を使ってインフラを作り、同時に地元民にお金を落とすわけです。

お金は貸しますが、有利子で返済させるので日本は損はしません。

そのインフラに必要なものはその国でノックダウン生産しますが、キーパーツは日本から輸出します。メンテ業務を担当したりもできます。

最近はマレーシアをはじめ、中国のアコギさにようやく気づいた国が増え、喜ばしいかぎりです(タイは最初から気づいているようですが)。

###

関連記事

艸木虫魚 (岩波文庫) / 薄田 泣菫

艸木虫魚 (岩波文庫) 薄田 泣菫 岩波書店 1998-09-16 売り上

記事を読む

街道をゆく (5) モンゴル紀行 (朝日文芸文庫) / 司馬遼太郎

街道をゆく (5) (朝日文芸文庫) 司馬 遼太郎 朝日新聞社 1978

記事を読む

知的幸福の技術―自由な人生のための40の物語 / 橘 玲

知的幸福の技術―自由な人生のための40の物語 (幻冬舎文庫) 橘 玲 幻冬舎

記事を読む

ホームページ アクセスアップの鉄則 / KEI 蒲 健太

ホームページ アクセスアップの鉄則 KEI 蒲 健太 翔泳社 2002

記事を読む

ザ・メソッド あなたの会社をキャッシュリッチに変える8つの秘訣 / 広瀬元義

ザ・メソッド あなたの会社をキャッシュリッチに変える8つの秘訣 広瀬 元義 あさ

記事を読む

論理が伝わる 世界標準の「書く技術」 (ブルーバックス) / 倉島保美

論理が伝わる 世界標準の「書く技術」 (ブルーバックス) 倉島 保美 講談社 2

記事を読む

仕事消滅 AIの時代を生き抜くために、いま私たちにできること / 鈴木貴博(2)

仕事消滅 AIの時代を生き抜くために、いま私たちにできること (講談社+α新書)

記事を読む

G 0.5の世界 / 三橋貴明

G 0.5の世界 三橋 貴明 日本文芸社 2014-05-20 売り上げランキ

記事を読む

意外に日本人だけ知らない日本史 / デュラン れい子

意外に日本人だけ知らない日本史 (講談社プラスアルファ新書) デュラン れい子

記事を読む

世界史怖くて不思議なお話 / 桐生 操

世界史怖くて不思議なお話 (PHP文庫) 桐生 操 PHP研究所 1999-

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

交差点についての言葉

今朝シャワーを浴びていてふと考えたことがあります。交差点についての日本

悪あがきを繰り返し 突然死の危機に陥る中国と韓国 / 宮崎正弘, 室谷克実 (2)

悪あがきを繰り返し 突然死の危機に陥る中国と韓国

悪あがきを繰り返し 突然死の危機に陥る中国と韓国 / 宮崎正弘, 室谷克実

悪あがきを繰り返し 突然死の危機に陥る中国と韓国

暴走と崩壊が止まらない! 仲良く自滅する中国と韓国 / 宮崎正弘, 室谷克実

暴走と崩壊が止まらない! 仲良く自滅する中国と韓国

【ふるさと納税】シャインマスカット 約2kg / 和歌山県湯浅町

和歌山県湯浅町に 12000円寄付したらもらえます。 今

→もっと見る

PAGE TOP ↑