*

特別展覧会「国宝」に行ってきた

公開日: : 最終更新日:2017/10/29 日記

京都国立博物館(京都国立美術館とは別)で開館120周年記念として、特別展覧会「国宝」を開催しています。

2017年10月3日(火)~11月26日(日)を 4期に分けて公開しています。

詳しくはこちら> http://kyoto-kokuhou2017.jp/outline.html

本日、II 期めの展示をカミサンと娘とで観てきました。

先週 NHK の特番を観ていたため、驚きはしませんでしたが、教科書に載っているものが目の前にあるのは格別な気持ち。海外絵画の展覧会では味わえない醍醐味です。

いろいろありすぎて、圧巻はと言われると困るのですが、古いということでは縄文の土偶でしょう。

あとは TV でも紹介されていた「釈迦金棺出現図」。保存状態がいいのが驚き。


釈迦の「復活」はキリストと違って経典にはない架空の物語ですが、動物が説法を聞きにくるというのもキリスト教の聖人伝と似ていますね。

阿修羅がごっついオッサンに描かれているのも面白いのでは(興福寺の阿修羅像ラブの人は怒るかも)。

雪舟の「慧可断臂図」もありました。

慧可(左下の人物)が達磨に無視されるので自分の腕を「断臂」つまり切断した直後を描いた絵ですね。

左前腕が切断されていますね。

達磨の衣服の線がほかの線とはまったく異なる描き方なのがすごいです。

俵屋宗達の「風神雷神図」も目玉。

「カゼひいてまんねん」と言いそうになりました。

曜変天目の茶碗も間近で見られました。現存する4つ(うち3つが国宝)のうち、大徳寺龍光院の所有するもので、通常は非公開。

今回のものは3つのうち最も地味なものとされます。しかも今回はあえて自然光を当てての展示だったので、思ったとおり反射が弱く、NHKドキュメンタリー「曜変~陶工・魔性の輝きに挑む~」で見たほどはきれいに見えませんでしたが、螺鈿を貼ったような風情は素晴らしいです。

そう言えば、「お宝鑑定団」で中島誠之助が5つ目の曜変天目と鑑定したアレはどうなったのでしょうかね?

関連記事

おうちで「国宝」展

###

関連記事

【ヤフオク】杉本ひろみ 風景 4号 油彩 落札

杉本ひろみさんという画家の油彩を入手。1100円+送料。 画面サイズ 31.5cm×4

記事を読む

ガンバ大阪3冠まであと2つ

先ほどまで J1 リーグ戦 浦和レッズVSサガン鳥栖 の試合を最初から観ていました。 途中鳥栖

記事を読む

【ヤフオク】銅板彫刻の宝船 芳光刻

『芳光刻/銅板彫刻/宝船/純金.純銀.鍍金』とのタイトルで出品されていました。 100

記事を読む

自宅のリフォーム1日め

自宅のキッチンと洗面台とトイレのリフォームをすることになりました。 1日めは早速トラブル。

記事を読む

【ふるさと納税】みやしろ特産・巨峰(3kg)セット 埼玉県宮代町

埼玉県宮代町に1万円寄付するともらえます。 現在品切れ中。 贈答用ではなく家庭用

記事を読む

GEORGIA×和-STYLE 宇治抹茶入りコーヒー

コカ・コーラ ジョージア 和-STYLE 190g×30本 コカ・コーラ

記事を読む

「震災大不況」にダマされるな! 危機を煽る「経済のウソ」が日本を潰す / 三橋貴明 (2)

「震災大不況」にダマされるな! 危機を煽る「経済のウソ」が日本を潰す 三橋貴明

記事を読む

25歳美女「お金持ちと結婚したい」に的確すぎる回答

* 後輩のH先生からメールで教えてもらいました。 * 「ゆかし」というちょっと高ビーなサイ

記事を読む

鳥の歌

   なんか鳥の話ばっかりしましたが、昨日それにまつわる悲しいことが。  2

記事を読む

オボカタちゃんのノートを見て思う

形勢不利なオボカタちゃんですが、あのノートを見るとやはりトホホと思います。 何ヶ月にもわた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2018-6-19 大阪地震のため高槻遠隔画像診断センターしばらく休業

昨日 2018年6月18日朝7時58分に大阪北を震源とする M6.1

2018-6-18 大阪地震

本日午前7時58分ごろ自宅にいたら、いきなり縦揺れが。 横揺れも

三室戸寺 2018-06-17

かみさんと娘と3人で京都宇治の三室戸寺に行ってきました。

THE THREE / Joe Sample, Ray Brown, Shelly Manne

THE THREE ザ・スリー JOE SAMPLE

鳥型バックロードホーンスピーカー「コサギ」

前回の記事「鳥型バックロードホーンスピーカー「コサギ」作りまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑