*

増補 決定版 日本史 / 渡部昇一(2)

公開日: : 最終更新日:2022/12/14 読書


★★★☆☆

以前にも紹介したのですが、もう一度読み返してみました。

今はなき碩学の渡部昇一センセイの日本通史です。読んでいて目からウロコが何枚も落ちました。

たとえば古代編では・・・

日本人の祖先

日本の神話では「国を作った」ではなく、「島国を作った」と書いてあり、島の名前も列挙してある。これは当時の日本人が海洋民族であったことを示している。

米を作り高床式住居に住み、禊をするなど南方系の特徴を持っていたということで、中国大陸の南のあたりから来たものが多いことを示している。

勾玉文化

勾玉は百済と日本にしかない。

何でも軍靴の音がする

「八紘一宇」という言葉は神武天皇が集まった多数の部族の前でおっしゃったもので、「世界を一つの家にする」つまり「みんなで一つになろう」という意味。

これをバカなパヨクは曲解する。

オクラはすごい人だった

山上憶良の父は朝鮮半島に派遣されていた武官で白村江のときに息子を連れて日本に引き上げて来た。

憶良は第7次遣唐使に行き帰って来たので、日本・朝鮮・唐の 3カ国のことを理解している知識人であった。

父は武官で自分は文官なので当時の日本人の中では最も広い知識と視野を持っていたのではないでしょうか。

名前からただの臆病な善人が取り柄の小役人かと思っている人が多いかも(それとも私だけ?)。

それにしても渡部昇一センセイは近現代史に詳しいなと思っていたら、全時代お詳しいのでびっくりです。

###

 

関連記事

FX 常勝の平均足 ブレイクトレード / 二階堂重人

FX 常勝の平均足 ブレイクトレード posted with amazlet

記事を読む

世界は邪悪に満ちている だが日本は…… / 日下公人 高山正之

世界は邪悪に満ちている だが日本は……。 (WAC BUNKO 230) pos

記事を読む

大暴走―The best 4 stories by Osamu Tezuka (秋田文庫) / 手塚 治虫

大暴走―The best 4 stories by Osamu Tezuka (

記事を読む

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣 / ハンス・ロスリング

★★★★☆ ここでいうファクトフルネスとは、「データや事実にもとづき」世界を読み解く

記事を読む

プライベートバンカー カネ守りと新富裕層 / 清武英利

★★★☆☆ 主人公の杉山智一が実名で登場するノンフィクションなのですが、小説のようなキテレ

記事を読む

「文系バカ」が、日本をダメにする -なれど"数学バカ"が国難を救うか / 高橋洋一 (3)

「文系バカ」が、日本をダメにする -なれど”数学バカ”が国難を救うか (WAC

記事を読む

身のまわりのすごい技術大百科 / 涌井貞美、涌井良幸

★★★☆☆ サイエンスライターとして有名な涌井ブラザーズが身のまわりにある「便利なモノ」に

記事を読む

日本の歴史がわかる本〈室町・戦国~江戸時代〉篇

★★★☆☆ 以前の記事「日本の歴史がわかる本〈古代~南北朝時代〉篇 / 小和田哲男」 で紹

記事を読む

北京は太平洋の覇権を握れるか 想定・絶東米中戦争 / 兵頭二十八

北京は太平洋の覇権を握れるか 想定・絶東米中戦争 posted with am

記事を読む

世界ビジネスジョーク集 / おおば ともみつ

世界ビジネスジョーク集 (中公新書ラクレ) おおば ともみつ 中央公論新社

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

【ふるさと納税】博多華味鳥 水たきセット(3~4人前) / 北九州市

【ふるさと納税】博多華味鳥 水

リンネル 2023年3月号付録のムーミン万年筆

★★★☆☆ リンネルという女性雑誌の2023年3月号の付録の

富裕層のための海外分散投資 / 永峰潤、三島浩光

★★★☆☆ 2013年とやや古いです。 2日前に大雪で

最強寒波にて電車内に 7時間缶詰め経験

 ある乗客がよせた写真 2023年1月24日大雪の日。 高

7プレミアム 五目あんかけ焼そば

セブンイレブンの冷凍食品です。398円(税込429円)。

→もっと見る

  • アクセスカウンター
PAGE TOP ↑