*

日本のリストラは悪いリストラ

公開日: : 最終更新日:2014/04/27 読書 ,

稼ぐ力: 「仕事がなくなる」時代の新しい働き方 稼ぐ力: 「仕事がなくなる」時代の新しい働き方
大前 研一
小学館 2013-09-05
売り上げランキング : 60
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この前読んだ大前研一の新刊本(↑)に、日本のリストラのやり方は幼稚で最低の結果しか生まないと書いてあったのがおもしろかったです。

日本以外ではリストラのやり方が全く違います。

欧米などの一流の企業には、次世代のリーダーを時間と費用をかけて育て上げるきちんとしたシステムがあるのです。

社員からもれなくリーダー候補を拾い上げるために、ほとんどの社員のデータを精密に作り上げています。

社員すべての入社してからの経歴と評価が 事細かにデータとして蓄積されています。

日本の社員のように「どこどこの部署に何年いた」、というだけでなく、そこでの部署でどれだけのプロジェクトをこなして、それぞれでどれだけの貢献をしたか、人間関係はどうだったかななどが詳細に書いてあるそうです。

だからアメリカの企業で「1000人カットする」と発表された場合、すでに過去のデータから 1000人の要らない社員を特定していることが多いです。

最終的に残る社員は必要不可欠の社員のみ

だから、リストラの後に急激に業績が回復する。

日本の企業の場合、「1000人カットする」と発表した時点では、誰をカットするまでは決めていません。

人数さえも適当に決めたものがほとんど。「1000人規模」とかいった場合が典型的ですね。

あとは社内の力関係で、つまり部門長のなすりつけあいで、部門それぞれの削減人数を決め、それぞれの部門長が しぶしぶ 「辞めさせやすい人から」 辞めさせます。

ですから、日本のリストラの場合は必要な人が社内に残らないことが多い

他の会社でも生きている実力のある人は、そんなメクラメッポウなリストラをする無能なトップのいる会社のもとでは働こうと思いません。

そのため、ほかでは使い物にならない(もちろん社内でも使い物にならない)人ばかりが残る傾向にあります。

ということで何回リストラしても業績は上向きません。クズを選別しているのですから、沈むばかり。

まあ、日本の場合、悪しき組合というものがあるので、ほんとに辞めさせなくてはいけない人を簡単に辞めさせられない事情があるわけですが。

これも変に公平性をよしとする日本の悪しき習慣かと思います。

それとも「どこどこの部署に何年いたけど そこでは何の落ち度もなかった」ということだけを重視しているのでしょうか。役所じゃあるまいし。

企業はあくまで利益を追求するものであります。

リストラというのは利益が出るように再構築するのが語源ですから、単に縮小する(リデュース:見境なしに首切りする)ことはリストラとは呼べません。

「日本のやり方は社員をただの頭数でしか把握しておらず、個人の成果や能力を公正に評価していない」、と大前先生はおっしゃっています。

逆に言うと、社員をみんなどれも同じようにクズ(給料泥棒)だと思っているに等しいのではないでしょうか。

本当の給料泥棒はそんなとんでもない経営を行っている経営陣のほうでしょうが。

###

関連記事

突き破る日本経済 / 渡邉哲也

突き破る日本経済 (一般書) 渡邉哲也 徳間書店 2015-01-07 売り上

記事を読む

雑学 古代史の謎―邪馬台国と建国神話 / 豊田 有恒

雑学 古代史の謎―邪馬台国と建国神話 (大陸文庫) 豊田 有恒 大陸書房 19

記事を読む

光と影の武蔵 / 井沢 元彦

光と影の武蔵―切支丹秘録 (講談社文庫) 井沢 元彦 by G-

記事を読む

もっと使える!インターネット検索術

もっと使える!インターネット検索術 もっと使える!インターネット検索術 (宝島

記事を読む

マラソンシステム / 樋口 健夫

マラソンシステム 樋口 健夫 日経BP社 1998-06 売り上げ

記事を読む

【超】WORK HACKS! / 小山 龍介

【超】WORK HACKS!(スーパー・ワークハック!) 小山 龍介 アスコム

記事を読む

お坊さんはなぜ領収書を出さないのか (宝島社新書) / 大村 大次郎

お坊さんはなぜ領収書を出さないのか (宝島社新書) 大村 大次郎 宝島社 201

記事を読む

しびれるサービス―顧客満足の具体例60 / 中谷 彰宏

しびれるサービス―顧客満足の具体例60 しびれるサービス―顧客満足の具体例60

記事を読む

ハッカー・ハンドブック―インターネット時代のセキュリティー / Dr.K 尾子洋一郎

ハッカー・ハンドブック―インターネット時代のセキュリティー Dr.K 尾子 洋

記事を読む

逆検定 中国歴史教科書―中国人に教えてあげたい本当の中国史 / 井沢元彦 金文学

逆検定 中国歴史教科書―中国人に教えてあげたい本当の中国史 (祥伝社黄金文庫)

記事を読む

Dynavox LY401F 4インチフルレンジをバックロードホーンにセット

イタリアのブランド Dynavox(ディナヴォックス) の 1

古いオーディオ雑誌を読む理由

最近、オーディオ雑誌の新刊は立ち読みするだけでほとんど買わなりました(

パイオニアの DVDプレーヤー

うちにあるパイオニア製の DVDプレーヤーは DV-535

SONY DVP-S313 の音をなんとかする

SONY DVP-S313 は以前、ヤフオクでリモコン付きを

私の前世は樹

私の前世は樹だったのです。 小さいときは光を求めて大きくなること

→もっと見る

PAGE TOP ↑