*

鯛という名のマンボウ アナゴという名のウミヘビ 食品偽装の最前線 / 吾妻 博勝

公開日: : 読書

鯛という名のマンボウ アナゴという名のウミヘビ 食品偽装の最前線――魚・肉・野菜・米 (晋遊舎ブラック新書 3) 鯛という名のマンボウ アナゴという名のウミヘビ 食品偽装の最前線――魚・肉・野菜・米 (晋遊舎ブラック新書 3)
吾妻 博勝
晋遊舎 2007-10-10
売り上げランキング : 479508
Amazonで詳しく見る by G-Tools

★★★☆☆

食品偽装についての本。

著者は週刊文春の記者だったようで、文系によくありがちな非科学的な記述も目立ちますが、載っているネタはなかなかおいしいですね。

魚、肉、野菜、コメの偽装がてんこ盛りで、この本を読むと回転寿司やファミレスには行けなくなりますし、コンビニ弁当も食べられなくなります。

まあ、別に魚の種類が違っていても美味しければいい・・・代用魚でもいいと思います。

正直に堂々と売ってくれるのが一番ですけど。

この本とは関係無いですが、最近、近畿大がウナギ味のナマズを開発したそうです。

エサを工夫してウナギ味に近づけたとのことで、これはこれでありかもしれません。

この本でもアメリカナマズはマダイ、ヒラメ、アイナメ、スズキとしてすでに売られているそうですから、ウナギも加えたら、あとはフグ味がすぐに出そうな気がしますね。

###

関連記事

「雪見だいふく」はなぜ大ヒットしたのか 77の「特許」発想法

「雪見だいふく」はなぜ大ヒットしたのか 77の「特許」発想法 (講談社プラスアル

記事を読む

金曜日半休 / 世界一シビアな「社長力」養成講座

   「世界一シビアな「社長力」養成講座」はダイレクト出版から会員制(月刊ビジネス選

記事を読む

サンダーマスク / 手塚 治虫

サンダーマスク (秋田文庫―The best story by Osamu Te

記事を読む

ピケティの「r>g」

「バカでも稼げる 「米国株」高配当投資」という本に載っていた話で、 トマ・ピケティは「r>

記事を読む

不動産というバケモノ / 別冊宝島編集部

不動産というバケモノ (宝島社文庫) 別冊宝島編集部 宝島社 2000-04

記事を読む

西の関ヶ原 / 滝口 康彦

西の関ヶ原 (人物文庫) 滝口 康彦 学陽書房 2012-07-05 売り

記事を読む

日本の武器で滅びる中華人民共和国 (講談社+α新書) / 兵頭二十八

日本の武器で滅びる中華人民共和国 (講談社+α新書) 兵頭 二十八 講談社 20

記事を読む

本当にヤバイ!欧州経済 / 渡邉 哲也 三橋 貴明

本当にヤバイ!欧州経済 渡邉 哲也 三橋 貴明 彩図社 2009-10-23

記事を読む

魔獣館 (祥伝社文庫) /夢枕獏

魔獣館 祥伝社文庫 夢枕獏 祥伝社 2013-11-22 売り上げランキン

記事を読む

仕事ができる人に変わる41の習慣 朝イチでメールは読むな! / 酒巻久

仕事ができる人に変わる41の習慣 朝イチでメールは読むな! (朝日新書) 酒巻 久

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

高配当ETF 利回りランキング 2020-11-24 版

本日たまたま見つけたサイト(↓)に載っていた表です。 &

投資の大原則[第2版] / バートン・マルキール&チャールズ・エリス

★★★★☆(これを読めば他の本はほぼ不要、かも) 「ウォール

【ふるさと納税】プレミアム 王秋梨 6~16玉前後 5kg前後

8/29 ふるさと納税として楽天市場で頼んだものが昨日届きました。 鳥

日本に優秀な人材を呼び込むのは無理?

この前、ある韓国人留学生のホンネが語られている Youtube 動画を

日本と世界がわかる 最強の日本史 (扶桑社新書) / 八幡和郎 [2]

★★★☆☆ 以前にも書いたのですが、また最初から読み返してみ

→もっと見る

PAGE TOP ↑