*

アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! / 宮崎正弘, 石平

公開日: : 読書

アジアの覇者は誰か 習近平か、いやトランプと安倍だ! (WAC BUNKO 281)
宮崎 正弘 石平
ワック (2018-08-22)
売り上げランキング: 284,808

★★★★☆

2018年8月に出た本。その頃のアジアの情勢がよくまとまっています。

石平さんは百田尚樹さんとのビデオでは、声が大きいわ、脱線するわ、人の話に割り込むわ でなかなか厄介な人だなあという印象ですが、北京大学を出たエリートで、天安門事件を機に日本に亡命し帰化した人です。知識は半端ない。

この本では宮崎さんとの対談を文章にまとめているので、上記のような支離滅裂なカオス状態になっておらず、読みやすいです(宮崎さんも福島香織さんと出演している番組では、しょっちゅう人の話に割り込むのだけれど)。

この本にはトランプは、「台湾カード」を一番効果のあるときに使うと書かれており、米国が台湾を独立国として扱うことを指していますが、これは今月ついに実現しましたね。

「習近平は頭が悪い」とか「その取巻きは能力がないのにおべっかがうまいやつしかいない」とか書いていて、なかなかハートウォーミングです。

一番賢いのは習近平を操っている王岐山でしょうけど、王岐山自身も相当恨みを買っているので、習近平のあとのキングメーカーになれるかは難しいですね。

南沙諸島などの人工島はチョークポイントになっておらず軍事的意味は小さいとも書いてあります。艦のように動けないため、攻撃すればすぐに消滅ないし機能停止にできるので。

毛沢東の息子の毛岸英が朝鮮戦争で死んだ話が載っています。

私のこれまでの理解は「中国人はチャーハンが大好き。毛岸英がチャーハン作っていた煙をめがけてアメリカ軍が爆弾を落としてくれたので」というジョークによるものでしたが、この本によると実際は少し違うようです。

毛沢東は毛岸英に軍籍がないので朝鮮戦争に送り出しハクをつけようとしました。

司令部の中にいるように命令していたが、ある日金日成から彭徳懐司令官あてに鶏卵が贈られてきたとか。

毛岸英はトンネルの中で一人で食べようと調理していたら煙が結構たくさん発生し、それを見つけたアメリカ軍機が軍隊がいると判断し爆弾を投下したとのことです。

中国人が喜んだのは本当で、彭徳懐は毛沢東から逆恨みされたとのこと。

それにしても金日成がもともとの原因だったとは知りませんでした。

###

関連記事

BOOKSCAN 2回目完了

* 本を裁断してスキャナで読みとってデジタル化する、いわゆる「自炊」ですが、自炊代行業の BO

記事を読む

即戦力の磨き方 / 大前研一

即戦力の磨き方 (PHPビジネス新書) 大前 研一 PHP研究所 2006-0

記事を読む

いちばん効率的に仕事を進める!技術 / 松本 幸夫

いちばん効率的に仕事を進める!技術 いちばん効率的に仕事を進める!技術 松本

記事を読む

逆説の日本史 14 近世爛熟編(3) / 井沢元彦

逆説の日本史 14 近世爛熟編 (小学館文庫) 井沢 元彦 小学館 2

記事を読む

城をとる話 (光文社文庫) / 司馬遼太郎

城をとる話 (光文社文庫) 司馬 遼太郎 光文社 2002-11-12 売り上げ

記事を読む

はじめよう!ネット古物商 (DO BOOKS) / 藤生 洋

はじめよう!ネット古物商 (DO BOOKS) 藤生 洋 同文舘出版 2004-

記事を読む

営業脳をつくる! 和田式「営業マン特別予備校」5日間トレーニング / 和田 裕美

営業脳をつくる! 和田式「営業マン特別予備校」5日間トレーニング 和田 裕美

記事を読む

起業家列伝 / 邦光 史郎

起業家列伝 (徳間文庫) 邦光 史郎 徳間書店 1995-04 売り上

記事を読む

覇者の戦術_戦場の天才たち / 中里融司

覇者の戦術_戦場の天才たち (新紀元文庫) 中里 融司 新紀元社 2013-11

記事を読む

攘夷と護憲[歴史比較の日本原論] / 井沢元彦

攘夷と護憲 井沢 元彦 徳間書店 2004-03-20 売り上げランキング :

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

タダより高いものはない / 上念司

タダより高いものはない (イースト新書) pos

本当は恐ろしい江戸時代 / 八幡和郎 (2)

本当は恐ろしい江戸時代 (SB新書) poste

本当は恐ろしい江戸時代

本当は恐ろしい江戸時代 (SB新書) poste

世界は邪悪に満ちている だが日本は…… / 日下公人 高山正之 (2)

世界は邪悪に満ちている だが日本は……。 (WAC

世界は邪悪に満ちている だが日本は…… / 日下公人 高山正之

世界は邪悪に満ちている だが日本は……。 (WAC

→もっと見る

PAGE TOP ↑