*

抜打ち庄五郎 (講談社文庫) / 新宮正春

公開日: : 読書

抜打ち庄五郎 (講談社文庫) 抜打ち庄五郎 (講談社文庫)
新宮 正春
講談社 2005-06
売り上げランキング : 409537
Amazonで詳しく見る by G-Tools

★★★☆☆

新宮さんの時代小説は伏線と脇道が多くて結構面白いです。

この本は8篇の短編小説を集めたアンソロジー。

表題作の「抜打ち庄五郎」は十津川藩士中井庄五郎の話。名前は見たことがありますが、この人を主人公にした小説は初めて。坂本龍馬にもらった剣を大切に扱いすぎたばかりに不覚をとった話です。

「首獲り新介」は今川義元の首を獲った毛利新介のその後を描いています。

「二十万石の礎」は南部藩と宿敵津軽藩の暗闘がテーマ。

「九箇の太刀」は神子上典膳が柳生宗矩に一泡吹かせる爽快な話。

「吹毛の剣」は上泉秀綱の次男泰綱が主人公。関ヶ原での敗戦を知り最上退治から兵を返した直江兼続軍のしんがりをつとめ、よきライバルと一騎打ち。

「秘剣笠の下」は明から尾張にやってきた陳元贇が主人公。秘剣を使う浪人に少林拳で対する少し変わったシチュエーション。

「水野忠央の蹉跌」は将軍家茂、大老井伊直弼の就任に駆け回った水野忠央の人生を描く。

「左兵衛様ご無念」の左兵衛様とは吉良上野介の孫で討ち入り当時の藩主義周のこと。

赤穂浪士の忠臣蔵はまことにもって不埒な話で、すぐキレる精神病持ちの赤穂藩主が後ろから斬りつけた文官の老人を逆恨みして、元の家来たちが虐殺したとんでもない暴挙と私は考えます。

もともと吉良家は文官で、武人は皆無、領内に城はなく軍馬も飼っていなかったような特殊な藩だったわけ。逆上した赤穂浪人どもにやられてお家まで断絶。

吉良家が憲法9条を持っていても当然防げなかったでありましょう。

###

関連記事

ホームページ アクセスアップの鉄則 / KEI 蒲 健太

ホームページ アクセスアップの鉄則 KEI 蒲 健太 翔泳社 2002

記事を読む

これで本当に日本と戦うつもりなのか 日本を仮想敵国とする韓国軍の実態 / 某国のイージス

これで本当に日本と戦うつもりなのか 日本を仮想敵国とする韓国軍の実態 某国のイージ

記事を読む

成功する里山ビジネス ダウンシフトという選択 (角川新書) / 神山典士

成功する里山ビジネス ダウンシフトという選択 (角川新書) 神山 典士 KADO

記事を読む

逆説の日本史16 江戸名君編 / 井沢 元彦

逆説の日本史16 江戸名君編 (小学館文庫) 井沢 元彦 小学館 2013-0

記事を読む

中国の歴史 おもしろかくれ話 / 寺尾 善雄

中国の歴史 おもしろかくれ話―いま、四千年の興亡が見えてくる! (知的生きかた文

記事を読む

継続は、だれも裏切らない / 内藤 誼人

継続は、だれも裏切らない 内藤 誼人 PHP研究所 2010-02-27 売り

記事を読む

FX投資は裏ワザで9割勝てる!ツイン・チャージ投資法 / 明地 文男

FX投資は裏ワザで9割勝てる!ツイン・チャージ投資法明地 文男 あっぷる出版社

記事を読む

文系ビジネスパーソンのためのウェブ力最大化計画 / 深見 嘉明

文系ビジネスパーソンのためのウェブ力最大化計画 深見 嘉明 ディスカヴァー・

記事を読む

世界の未来は日本次第 / 長谷川慶太郎 渡邉哲也

世界の未来は日本次第 長谷川 慶太郎 渡邉 哲也 PHP研究所 2015-02-

記事を読む

「努力は必ず報われる」は間違い

元ネタ> 「努力は必ず報われる」論争に明石家さんま参戦 「そんなこと思う人はダメですね、間違い」

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

大放言 (新潮新書) / 百田 尚樹

大放言 (新潮新書) 百田 尚樹 新潮社 2015

PLANEX ハイパワー無線LANルータ MZK-W300NH2 突然死

PLANEX 11n/b/g 300Mbps ハイパワ

中国で嫌韓がやまない

THAAD 報復にタンを発した中国国内での嫌韓が進んでいるよう

【ヤフオク】『綾錦織・狗の児(こまのこ)』 西陣綾錦織 額飾り

1000円+送料で落札。 専用箱に入って届きました。

【ヤフオク】青い花びん シルクスクリーン 吉岡浩太郎

吉岡浩太郎さんの「青い花びん」というシルクスクリーン版画です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑