*

抜打ち庄五郎 (講談社文庫) / 新宮正春

公開日: : 読書

抜打ち庄五郎 (講談社文庫) 抜打ち庄五郎 (講談社文庫)
新宮 正春
講談社 2005-06
売り上げランキング : 409537
Amazonで詳しく見る by G-Tools

★★★☆☆

新宮さんの時代小説は伏線と脇道が多くて結構面白いです。

この本は8篇の短編小説を集めたアンソロジー。

表題作の「抜打ち庄五郎」は十津川藩士中井庄五郎の話。名前は見たことがありますが、この人を主人公にした小説は初めて。坂本龍馬にもらった剣を大切に扱いすぎたばかりに不覚をとった話です。

「首獲り新介」は今川義元の首を獲った毛利新介のその後を描いています。

「二十万石の礎」は南部藩と宿敵津軽藩の暗闘がテーマ。

「九箇の太刀」は神子上典膳が柳生宗矩に一泡吹かせる爽快な話。

「吹毛の剣」は上泉秀綱の次男泰綱が主人公。関ヶ原での敗戦を知り最上退治から兵を返した直江兼続軍のしんがりをつとめ、よきライバルと一騎打ち。

「秘剣笠の下」は明から尾張にやってきた陳元贇が主人公。秘剣を使う浪人に少林拳で対する少し変わったシチュエーション。

「水野忠央の蹉跌」は将軍家茂、大老井伊直弼の就任に駆け回った水野忠央の人生を描く。

「左兵衛様ご無念」の左兵衛様とは吉良上野介の孫で討ち入り当時の藩主義周のこと。

赤穂浪士の忠臣蔵はまことにもって不埒な話で、すぐキレる精神病持ちの赤穂藩主が後ろから斬りつけた文官の老人を逆恨みして、元の家来たちが虐殺したとんでもない暴挙と私は考えます。

もともと吉良家は文官で、武人は皆無、領内に城はなく軍馬も飼っていなかったような特殊な藩だったわけ。逆上した赤穂浪人どもにやられてお家まで断絶。

吉良家が憲法9条を持っていても当然防げなかったでありましょう。

###

関連記事

手塚治虫アンソロジー猫傑作集 (1)

手塚治虫アンソロジー猫傑作集 (1) (秋田文庫) 手塚 治虫 秋田書店 2

記事を読む

金曜日半休 / 世界一シビアな「社長力」養成講座

   「世界一シビアな「社長力」養成講座」はダイレクト出版から会員制(月刊ビジネス選

記事を読む

年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ち / 伊藤 邦生

年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ち 伊藤 邦生 中経出版 2

記事を読む

ゲゲゲの鬼太郎 (3) 妖怪大戦争 / 水木 しげる

ゲゲゲの鬼太郎 (3) (ちくま文庫) 水木 しげる 筑摩書房 1994-0

記事を読む

カラサワ堂変書目録 / 唐沢 俊一 ソルボンヌ K子

カラサワ堂変書目録 カラサワ堂変書目録 (知恵の森文庫) 唐沢 俊一 ソルボン

記事を読む

自分力を高めるヒント―チャンスをつかむ47の具体例 / 中谷 彰宏

自分力を高めるヒント―チャンスをつかむ47の具体例 中谷 彰宏 ダイヤモンド社

記事を読む

なんたってクラシック―ぼくの一方的音楽宣言 / 砂川 しげひさ

なんたってクラシック―ぼくの一方的音楽宣言 (朝日文庫)砂川 しげひさ 朝日新聞

記事を読む

ラストコンチネント―山田章博全集 (2) / 山田 章博

ラストコンチネント―山田章博全集 (2) Paper comics 山田 章博

記事を読む

アフィリエイト・マーケティング実践マニュアル / 和田 亜希子

アフィリエイト・マーケティング実践マニュアル 和田 亜希子 翔泳社 2005

記事を読む

日本人が知らなかったFacebook「超」集客法 (1)

日本人が知らなかったFacebook広告「超」集客法―ソーシャルメディア攻略の新

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

雑学科学読本 文房具のスゴい技術 (中経の文庫) / 涌井 良幸, 涌井 貞美

雑学科学読本 文房具のスゴい技術 (中経の文庫) 涌

仕事消滅 AIの時代を生き抜くために、いま私たちにできること / 鈴木貴博(5)

仕事消滅 AIの時代を生き抜くために、いま私たちにでき

プロの知的生産術 (PHPビジネス新書) / 内田和成

プロの知的生産術 (PHPビジネス新書) 内田 和成

京都人が書いた「京都」の本 名所・旧跡からお土産・風習まで (PHP文庫) / 京都ゆうゆう倶楽部

京都人が書いた「京都」の本 名所・旧跡からお土産・風習

Fate / Apocrypha 第22話「再会と別離」

今回は珍しくTV アニメの話です。 以前、「空の境界」にハマり、

→もっと見る

PAGE TOP ↑