*

もっと言ってはいけない / 橘 玲

公開日: : 読書

もっと言ってはいけない (新潮新書)
橘 玲
新潮社
売り上げランキング: 873

★★★★☆

橘玲たちばなあきら)の今年1月に出た新刊で『言ってはいけない』の続編です。

ここで「言ってはいけない」ことというのは、現在では過剰なポリティカル・コレクトネスのために「差別主義者」とレッテルを張られるおそれのあることをさします。

最近は科学的に正しいとわかっていることさえ、発言することはタブーとされていることが多いです。

そういう事例が今回も満載。例えば、

  • 日本人の3分の1が日本語が読めない!? (しかし、ほかの国はもっとひどい)
  • 知能の高い人が低い人から搾取する社会
  • 高年収をもたらす性格がある
  • 「ゲイ遺伝子」にも存在する意味がある
  • 日本のリベラルは睾丸が小さい?
  • 言語が乏しいと保守化する
  • 海外で成功した日本人の知られざる秘密(鶏口となるも牛後となるなかれ)
  • 「日本が華僑に侵されなかった」真相

などなど。

今回はその中でネオテニー幼形成熟)について取り上げてみます。

ネオテニー(幼形成熟)は有性動物において、性的に完全に成熟した個体でありながら非生殖器官に幼生や幼体の性質が残る現象のことです。

ウーパールーパー(アホロートル)が有名ですね。

ヒトは類人猿のネオテニー版だという説があるのです。

チンパンジーの子供は体毛が薄いですね。ヒトは成人になっても体毛が薄い(類人猿に比べ)ので、こういう説が唱えられたのです。

著者はさらに「日本人はヒトの中でもネオテニーが最も高度なのではないか」という意見を述べています。

日本人は年齢より若く見られるのはそのためとか。

大人になってもアニメを見たり、ピンクの服を着たり、「かわいい」ものが大好きだったりしますしね。

脳にも幼児の性質が残っているというわけでちゅ。

関連記事

人生は攻略できる / 橘 玲

###

関連記事

美崎栄一郎の「結果を出す人」のビジネス手帳2013

美崎栄一郎の「結果を出す人」のビジネス手帳2013 美崎 栄一郎 永岡書店 2

記事を読む

読むクスリ〈17〉 / 上前 淳一郎

読むクスリ〈17〉―人間関係のストレス解消に (文春文庫) 上前 淳一郎  

記事を読む

日本古代史99の謎 邪馬台国から統一王朝まで / 鈴木武樹

★★★☆☆ 本棚の整理をしていたら出てきました。 1975年初版発行。 鈴

記事を読む

京都ここだけの話 (日経プレミアシリーズ) / 日本経済新聞京都支社

京都ここだけの話 (日経プレミアシリーズ) 日本経済新聞 京都支社 日

記事を読む

やりとげる人の法則 / ゼブ・サフトラス 弓場 隆

やりとげる人の法則 ゼブ・サフトラス 弓場 隆 by G-Too

記事を読む

ドクター田平の株よりローリスク! 1万円からできる 外貨で3000万円儲ける法 / 田平 雅哉

<ドクター田平の株よりローリスク! 1万円からできる>外貨で3000

記事を読む

韓国人による恥韓論 / シンシアリー

韓国人による恥韓論 (扶桑社新書) シンシアリー 扶桑社 2014-05-01

記事を読む

韓国とかかわるな!韓国とかかわると人も国も必ず不幸になる-Kの法則 / 某国のイージス

韓国とかかわるな!韓国とかかわると人も国も必ず不幸になる-Kの法則 某国のイージ

記事を読む

Grant's Atlas of Anatomy, International Edition〈日本向けインターナショナル版〉

Grant's Atlas of Anatomy, International E

記事を読む

凡人の野望

凡人の野望 平 秀信 廣田 康之 インデックス・コミュニケーションズ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「24のキーワード」でまるわかり! 最速で身につく世界史 / 角田陽一郎

★★★☆☆(これはイイ!) 著者は TBSでプロデューサーを

高配当ETF 利回りランキング 2020-11-24 版

本日たまたま見つけたサイト(↓)に載っていた表です。 &

投資の大原則[第2版] / バートン・マルキール&チャールズ・エリス

★★★★☆(これを読めば他の本はほぼ不要、かも) 「ウォール

【ふるさと納税】プレミアム 王秋梨 6~16玉前後 5kg前後

8/29 ふるさと納税として楽天市場で頼んだものが昨日届きました。 鳥

日本に優秀な人材を呼び込むのは無理?

この前、ある韓国人留学生のホンネが語られている Youtube 動画を

→もっと見る

PAGE TOP ↑