*

新聞はウソつきであることを小学生のときに知った件

公開日: : 最終更新日:2019/08/13 日記

私が新聞をウソつきだと思ったのは小学校6年生のとき。48年前。

当時少年野球をやっていた私は、6年の夏の神戸市少年野球大会で東須磨小学校(チーム名:西部ファイターズ)で出場して優勝しました。

プロ野球は9回ですが、少年野球は6回まで。

西代というところにある市民球場で行ったのですが、大人用の球場の外野手の守備位置の少し前を結んだところに線が引いてあり、それが小学生用のホームランを示す臨時の境界線。

ただし、外野手はこの線を踏み越えて補球してもOKでした。

決勝戦の4回表のこちらの攻撃で3番の木戸が2塁打を打ち、4番の城本がセンター前に弾き返して超俊足の木戸が帰って先取点。

5番の私がセンターにホームランを打ち、この回3点とりました。

6回の表にまた木戸の出塁、城本のタイムリーで1点を追加。

5番の私はまた同じように打ったのですが、後方に守備位置を変えていたセンター(というかこの回の私の打撃のときにセンターは守備がうまい子に交代されていました)に補給され、2打席連続ホームランにはなりませんでした。

6回裏にこちらの2番手ピッチャーの小川がレフト前にポテンヒットを打たれて1点を取られましたが、4ー1で我々の勝利。

さて、問題は次の日の毎日新聞の地元欄に「最終回に岩﨑康が本塁打を放ち」と書いてあって、「最終回でなく4回なのに、新聞がウソを書いていいのか」と強く思いました

それからは、新聞は取材したのに間違いを書くことがあるとずっと思っていました。さすがに取材もせずにウソを書き散らかすとまでは思ってなかったですけどね。

高校は灘校に行ったので、同級生は官僚、医師、弁護士、一流企業のサラリーマンが多いのですが、同窓会で「うちの業界は新聞や TVドラマで間違いや作り話がばらまかれていて、実態を全然知られていない」と誰かがぼやくと、「こちらもや」、「うちもや」との大合唱になります。

つまり、マスコミはほぼ全ての業種にわたってウソや作り話を書いたり流したりしているのだということもかなり前から気づいていました。

インターネットを使わなくても気がついていたというところが言いたいポイントです。

今ならインターネットで、新聞やTVの間違いはあって当然ということが晒されていますので、こういう体験をしなくても難なく気がつけてしまうわけです。

時代は変わりましたね。

###

関連記事

【ふるさと納税】米子市の追加お礼 「米子市民体験パック」

昨日の記事は「【ふるさと納税】鳥取県産梨「王秋(おうしゅう)」 5kg 米子市」でしたが、本日 米子

記事を読む

【ふるさと納税】季節のぶどう4kg 山形県東根市

山形県東根市に 10000円寄付するといただけました。もう品切れみたいですが。 ぶどう4k

記事を読む

2013年初の里帰り

神戸に帰ってきました。 カミサンの母もうちの実母も、神戸在住なので助かります。 カミサンの兄

記事を読む

no image

過去の日記のリライト

 過去の日記のリライトです。  虫(無視ではありません)してください。

記事を読む

義捐金送りましょう

2011.3.15(火) 東日本大震災  自分にもできることがなにかないものか。  遠

記事を読む

Brexit 成功

今週末の大事件は英国の EU 離脱(Brexit)が国民投票で決まったことでしょうね。 経済合

記事を読む

【ヤフオク】船 本間武男 シルクスクリーン版画 AP版 落札&到着

AP版とは作家保存版(アーティストプルーフ artist proof)という意味で、作家個人

記事を読む

西教寺の紅葉

* 近所にある西教寺まで紅葉を見に行きましたが、先週と同じように空振り。 赤い部分が少なくて

記事を読む

no image

過去の日記のリライト

 過去の日記のリライトです。  無視して結構です。 02.05.31

記事を読む

no image

過去の日記のリライト

 過去の日記のリライトです。  無視してください。 01.02.28

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

上級国民/下級国民 (小学館新書) / 橘玲

上級国民/下級国民 (小学館新書) posted

PIANORIUM (ピアノリウム) / AKIKO GRACE

ピアノリウム posted with amazl

経済で読み解く日本史4 明治時代 / 上念司

経済で読み解く日本史④ 明治時代 posted

経済で読み解く日本史3 江戸時代 / 上念司 (2)

経済で読み解く日本史3 江戸時代 posted

MJ無線と実験 2019年 9月号

MJ無線と実験 2019年 9月号 poste

→もっと見る

PAGE TOP ↑