*

本当は怖ろしい漢字 / 小林朝夫

公開日: : 読書


★★☆☆☆(読まないほうがイイネ)

著者は漢字研究家で、小林亜星の次男とか。

漢字の由来を述べるわけですが、解説が諸説あるうちの一つといったものも多く、今ひとつ納得いかないものも多々あります。

採用されている漢字もひどくランダムな印象で、読み通しても体系的な知識が身につくわけではないですね。

得られる知識は断片的で、しかも役に立つかというと、全くそんなことはありません。

ということで、ヒマつぶし以外にはおすすめできません。

そんなヒマないですよね?

###

 

関連記事

シュレディンガーの猫は元気か―サイエンス・コラム175 / 橋元 淳一郎

シュレディンガーの猫は元気か―サイエンス・コラム175 (ハヤカワ・ノンフィクシ

記事を読む

現代日本の問題集 / 日垣 隆

現代日本の問題集 (講談社現代新書) 日垣 隆 講談社 2004-06-21

記事を読む

これから日本と世界経済に起こる7つの大激変 / 渡邉哲也

これから日本と世界経済に起こる7つの大激変 (一般書) 渡邉哲也 徳間書店 20

記事を読む

最強のFX 15分足デイトレード / ぶせな

最強のFX 15分足デイトレード posted with amazlet at

記事を読む

手塚治虫悲恋短編集 / 手塚治虫

手塚治虫悲恋短編集 (講談社漫画文庫) 手塚 治虫 講談社 2001-11-0

記事を読む

日本史の謎は「地形」で解ける【環境・民族篇】/ 竹村 公太郎

★★★★☆(ワクワク) 「日本史の謎は「地形」で解ける (PHP文庫) 」、「日本史の

記事を読む

不透明な時代を見抜く「統計思考力」 / 神永正博

★★★☆☆ 専門は解析学の東北学院大学電気情報工学科教授神永正博さんの著書。 2

記事を読む

陰謀の日本中世史 / 呉座勇一 (2)

「陰謀の日本中世史 / 呉座勇一 」の続きですが、同じ著者の手になる『応仁の乱』では載っていなかった

記事を読む

日本の恐ろしい真実 / 辛坊治郎

日本の恐ろしい真実 財政、年金、医療の破綻は防げるか? 辛坊 治郎 角川SSコ

記事を読む

日本は世界1位の政府資産大国 / 髙橋洋一 (2)

日本は世界1位の政府資産大国 (講談社+α新書) 高橋 洋一 講談社 2013-

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ダイソーの万能エポキシパテ

バルコニーのタイルの上面のコーキングやパテやらウレタン塗装など

日本人ならたまらない 国産ねこまんまの素漁師飯(ごはんのお供 ふりかけ)

楽天市場でお買い物マラソンのときによく買います。 「2袋買ってク

血引きの岩 / 星野之宣(2)

【中古】血引きの岩 / 星野之

Pioneer LD プレーヤー(レーザーディスクプレーヤー) CLD-Z1

単なる思い出話です。 昔、Pioneer の レーザーデ

【万年筆】LAMY Safari (ラミーサファリ) スケルトン 細字 L12F

LAMY safari(ラミー

→もっと見る

  • 2022年8月
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • アクセスカウンター
PAGE TOP ↑