*

日本の大問題が面白いほど解ける本 シンプル・ロジカルに考える / 高橋 洋一

公開日: : 最終更新日:2014/01/26 読書 ,

日本の大問題が面白いほど解ける本 シンプル・ロジカルに考える (光文社新書) 日本の大問題が面白いほど解ける本 シンプル・ロジカルに考える (光文社新書)

高橋 洋一

光文社 2010-05-18

売り上げランキング : 21597

Amazonで詳しく見る

by G-Tools

高橋洋一氏は大蔵省官僚を経て、小泉政権下で経済財政担当大臣などを務めた竹中平蔵のブレーンとなった人。

埋蔵金をあぶり出したり、郵政民営化、道路公団民営化などを発案しました。

この本は 2010年の発売だが、2009年3月24日に東京の温泉施設で脱衣所のロッカーから腕時計など約30万円を盗んで、書類送検されたというニュースでもお馴染み。

元・大蔵官僚にしてはいろんな意味で異色の人で、東大理学部数学科、東大経済学部を卒業しているので、東大法科卒の官僚(数学、経済学などトンとできない)のことをクソミソにけなしているのが面白いです。

まあ、こんな面白い人なんですが、この本にはすごくまっとうなことが書かれています。

いかに政府や官僚が無能で、理不尽 かつ いきあたりばったりで 自分のことしか考えていない政策を行っているかがよくわかります。

【関連記事】

あいまいな日本の問題点がスッキリわかる本
日本の恐ろしい真実 / 辛坊治郎

###

関連記事

歴史から考える 日本の危機管理は、ここが甘い 「まさか」というシナリオ (光文社新書) / 上念 司

歴史から考える 日本の危機管理は、ここが甘い 「まさか」というシナリオ (光文社

記事を読む

知らないと恥をかく世界の大問題 / 池上 彰

知らないと恥をかく世界の大問題 (角川SSC新書) 池上 彰 角川SSコミュ

記事を読む

集中力を確実にアップする技術 (KAWADE夢文庫)

集中力を確実にアップする技術 (KAWADE夢文庫) ライフ・エキスパート編 河

記事を読む

雑学科学読本 文房具のスゴい技術 (中経の文庫) / 涌井 良幸, 涌井 貞美

雑学科学読本 文房具のスゴい技術 (中経の文庫) 涌井 良幸 涌井 貞美 KAD

記事を読む

この国を出よ / 大前研一 柳井正

この国を出よ (小学館文庫) 大前 研一 柳井 正 小学館 2013-01-0

記事を読む

儲かる古道具屋裏話 / 魚柄仁之助

儲かる古道具屋裏話 (文春文庫PLUS) 魚柄 仁之助 文藝春秋 2001-1

記事を読む

壊れた地球儀の直し方 (扶桑社新書) / 青山 繁晴

壊れた地球儀の直し方 (扶桑社新書) 青山 繁晴 扶桑社 2016-06-02

記事を読む

突き破る日本経済 / 渡邉哲也(2)

  突き破る日本経済 (一般書) 渡邉哲也 徳間書店 2015-01

記事を読む

「雪見だいふく」はなぜ大ヒットしたのか 77の「特許」発想法

「雪見だいふく」はなぜ大ヒットしたのか 77の「特許」発想法 (講談社プラスアル

記事を読む

1日10分で儲ける FX攻略法! / 石川雅弘

1日10分で儲ける FX攻略法! (ビジネスアスキー) posted with

記事を読む

【ふるさと納税】魚鶴商店仕込の紅鮭 切身 約1kg / 和歌山県湯浅町

【ふるさと納税】脂と旨みたっぷ

【ふるさと納税】和歌山有田産小粒みかん約5kg (SサイズまたはSSサイズ)家庭用 / 和歌山県 美浜町

【ふるさと納税】和歌山有田産小

【万年筆】 プラチナ プロシオン ポーセリンホワイト 細字

プラチナ萬年筆の廉価シリーズである プレピー、プレジールの上位

PARKER(パーカー) クインク・ボトルインク 57ml ブラック

パーカーのボトルインクの黑です。クインクはパーカーのインク用の

頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか? / 高橋政史

★★★☆☆ 私は無地のノートも好きですが、筆者はとにかく

→もっと見る

  • 2021年12月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • アクセスカウンター
PAGE TOP ↑