*

日本人は世界一間抜けな美術品コレクター (光文社ペーパーバックス) / 新美康明

公開日: : 読書

日本人は世界一間抜けな美術品コレクター (光文社ペーパーバックス) 日本人は世界一間抜けな美術品コレクター (光文社ペーパーバックス)

新美康明

光文社 2008-06-21

売り上げランキング : 322479

Amazonで詳しく見る

by G-Tools

★★★☆☆

牧神画廊の主人 新美康明 さんが日本美術界の裏話を画廊主の立場から披露。

バブル時代の 金にまかせて世界の美術品をババ掴みした日本人コレクターの話だけかなと思ったら、本質的なところが書かれており非常にオモシロイ。

牧神画廊はいわゆる現代絵画が専門なので、バブル時代にはあまりウケなかった分、やや客観的に書かれておりナットクできます。

日本人は「投資としての美術品」ばかり漁り、「文化としての美術品」には全く目が利かないのは、きちんとした価値観がないから、という主張。

要は自分の価値基準がないので金額でしか判断できないわけで、世界から笑われている、と。

今では中国人にその座を譲ったでしょうから、まあいいかも。

そのほかいろいろ興味深いことが書いてありますが、次のようなネタが面白かったです。

  1. 日本の洋画は海外では全く評価されていない(え、フジタもか?)
  2. 国立新美術館は所蔵絵画はまったくないので、ただの貸しギャラリーである
  3. 国公立の美術館の館長は名誉職で経営的に全く無能なことが多い
  4. デパートで絵画を買うのは全くのムダ
  5. いろいろ根本的な方策が考えられるが、それらを全部やったとしても数百億円程度で、高速道路建築なら数km分の費用にしかあたらない

公職を利用して評価をつり上げたり(実名は伏せてあるがたぶん平山郁夫のことネ)、自分のプロデュースのうまいだけのアーティスト(村上隆奈良美智を名指し)がもてはやされているが、もっと若くて才能のある画家を国と国民の両方がもり立てていって欲しいと力説されています。

私はギャラリーフェイクでしかこの世界は知りませんが、「実情もやっぱりあんな感じかあ、さすが細野不二彦」と思ってしまいました。

ギャラリーフェイク 全23巻セット (小学館文庫) ギャラリーフェイク 全23巻セット (小学館文庫)

細野 不二彦

小学館 2011-03-01

売り上げランキング : 38615

Amazonで詳しく見る

by G-Tools

###

関連記事

城をとる話 (光文社文庫) / 司馬遼太郎

城をとる話 (光文社文庫) 司馬 遼太郎 光文社 2002-11-12 売り上げ

記事を読む

ビジネス・ウエポン 生き残りたいサラリーマンのための発想術 / 大前 研一

ビジネス・ウエポン 生き残りたいサラリーマンのための発想術大前 研一 小学館 2

記事を読む

やりとげる人の法則 / ゼブ・サフトラス 弓場 隆

やりとげる人の法則 ゼブ・サフトラス 弓場 隆 by G-Too

記事を読む

大金持ちになれる人小金持ちで終わる人 / 中谷彰宏

大金持ちになれる人小金持ちで終わる人―お金も時間も増える45の方法 中谷

記事を読む

中国皇帝列伝 創業篇

中国皇帝列伝 (創業篇) (徳間文庫)守屋 洋 徳間書店 1985-02売り上げ

記事を読む

世界一楽しく儲かる金持ち教科書 / 船原 徹雄

世界一楽しく儲かる金持ち教科書 船原 徹雄 三笠書房 2010-09-04 売

記事を読む

キネコミカ / とり みき

キネコミカ (ハヤカワ文庫 JA (729)) とり みき 早川書房 200

記事を読む

たけみつ教授のホントは非常識な通説日本史 / 武光 誠

たけみつ教授のホントは非常識な通説日本史 (リイド文庫) 武光 誠 リイド社

記事を読む

本日の狩り 2012-5-21

* モンハンのことではありません。 本日は昼食に西大津にでかけました。 いつもの巡回コースで

記事を読む

幸せな経済自由人の金銭哲学 マネー編 / 本田健

幸せな経済自由人の金銭哲学 マネー編 (ゴマ文庫)本田 健 ゴマブックス 200

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

真鯛のだし塩 180g

ポスト投函送料込み 真鯛のだし

OBSOLETE

Netflix に対抗しているのか Youtube でもオリジナルアニ

the KISS / 松野弘明

★★★☆☆ CD番号:TOCE7887。 ワタシは松野

ドビュッシー : 12のエチュード(練習曲集) / 内田光子

★★★★☆(スピード&スリル) ショパンのエチュードほど

「24のキーワード」でまるわかり! 最速で身につく世界史 / 角田陽一郎[2]

★★★☆☆ 以前の記事「「24のキーワード」でまるわかり

→もっと見る

  • 2020年12月
    « 11月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑