*

ブログツール adiary これはすぐれもの

公開日: : ホームページ

データベース不要のブログツール

古い雑誌をめくっていると、月刊誌「日経Linux」2013年7月号でブログツール adiary が紹介されていました。

このときの最新バージョンは 2.26。

文字コードの違いで、UTF-8 版とEUC-JP 版があるよう。

adiary の特徴は、

  • Perl で動作している割に速い
  • DB不要(ただし、MySQL、PostgreSQL の使用は可)
  • Wikitype を選択すると静的ページが作れる(URLを任意に指定できる)
  • MarkDown 記法が使える

ほかにも HTML5準拠、スマホ対応レスポンシブデザインなど、なかなかの仕様のようです。

2013年の最新バージョンが 2.26、現在2017年の最新バージョンは 2.28 ですか。

開発を中断したか放棄したかなと思ったら、サポートは続けておられるようです。

バージョンが進んでいないことはすでに枯れていると見れば弱点にはなりません。逆に完成されているとも言えます。

早速 2.28d(UTF-8) のバージョンをダウンロードしてインストールして遊んでみました。

インストール手順

Windows マシン上でダウンロードしたファイル adiary-2.28d-utf8.tar.gz を Lhaz(Windows用)で解凍。

できたフォルダの中身をレンタルサーバー上に転送。

いくつかのファイルのリネームと読み書き権限の変更(実行権限の付加)。

初期設定

レンタルサーバー上のファイル adiary.cgi にアクセス。

最初に登録したユーザーが管理者になる仕様です。

登録すると、一人のユーザーにつき複数のタイトルの「日記(ブログ)」が書けます。

もちろん管理者権限でほかのユーザー(あるいは自分の多重人格)を登録できます。

マルチユーザー、マルチブログ対応ということですね。

このためブログ量産には向いているかも。

データベース不要な点もブログ量産に向いていますね。

プラグインやテーマはまだ試しておりませんが、使いやすく動作も速いです。

不思議な URL アドレス

投稿した記事は HTML として動的に生成されるようで、そのアドレスは、

http://(サーバーのアドレス)/(設置したディレクトリ)/adiary.cgi/(ユーザー名)/(連番)/index.html

となるようです。

実際にこのような構造のディレクトリが生成されているのではなく、adiary.cgi が URL を変換しているようですね。

Wiki形式で保存&投稿すると、

http://(サーバーのアドレス)/(設置したディレクトリ)/adiary.cgi/(ユーザー名)/(記事のタイトル)

となるように見えますが、実は

http://(サーバーのアドレス)/(設置したディレクトリ)/adiary.cgi/(ユーザー名)/(連番)/index.html

でもアクセスが可能です。

URL 内の adiary.cgi の部分がどういうツールを使っているかが丸わかりになるため、ちょっと気になりますね。

まあ、ページの右下あたりに「adiary Version 2.xx.」とあるので隠してもしょうがないのですが。^^

ver3.12 がありました

書き終えた、さあ投稿だと思ったら、ver3.12 ベータ版を発見。^^

本格的にはそちらを使うことにします。

公式サイト>https://adiary.org/

###

関連記事

no image

ブログのアクセス数がウェブサイトより上がりやすいわけ

* ブログのほうがウェブサイトより検索エンジンで上位に載りやすい一番の原因は 「更新 ping の回

記事を読む

SEO対策の練習

* SEO(サーチエンジン最適化)の本を多数読んだので、いろいろと試そうと思っているのですが、

記事を読む

輪るping

ピングドラムではなく、更新 ping のお話。 * ping とはブログやホームページの更新

記事を読む

楽天の極意

* 「楽天の極意」というサイトを始めました。 まだ始めたばかりですが、がんばります。 楽天市

記事を読む

no image

Akismet でスパム退治(WordPress)

* このブログは WordPress という CMS を使っています。 最近、プラダXX とかな

記事を読む

no image

画像診断メモノート

* 一昨日から急に ServerCowboy に置いていた 画像診断メモノート が使えなくなったの

記事を読む

壁紙屋本舗

安上がりなウェブ戦略 / 壁紙販売

壁紙屋本舗(楽天市場)[/caption] 今朝、TVで「新・ルソンの壷」を観ていた

記事を読む

no image

遠隔画像診断ニュース始めました

* * * * * *   またまた新しいホームページ始めました。   遠隔画像

記事を読む

Googleアドワーズ&アナリティクス活用テクニック / 永松 貴光

Googleアドワーズ&アナリティクス活用テクニック 永松 貴光

記事を読む

baserCMS でつくったホームページ

* 私が baserCMS という無料のコンテンツ管理システムを使って最近作ったホームペー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

雑学科学読本 文房具のスゴい技術 (中経の文庫) / 涌井 良幸, 涌井 貞美

雑学科学読本 文房具のスゴい技術 (中経の文庫) 涌

仕事消滅 AIの時代を生き抜くために、いま私たちにできること / 鈴木貴博(5)

仕事消滅 AIの時代を生き抜くために、いま私たちにでき

プロの知的生産術 (PHPビジネス新書) / 内田和成

プロの知的生産術 (PHPビジネス新書) 内田 和成

京都人が書いた「京都」の本 名所・旧跡からお土産・風習まで (PHP文庫) / 京都ゆうゆう倶楽部

京都人が書いた「京都」の本 名所・旧跡からお土産・風習

Fate / Apocrypha 第22話「再会と別離」

今回は珍しくTV アニメの話です。 以前、「空の境界」にハマり、

→もっと見る

PAGE TOP ↑