*

中国経済はどこまで死んだか 中国バブル崩壊後の真実 / 宮崎正弘 渡邉哲也 田村秀男

公開日: : 読書

中国経済はどこまで死んだか 中国バブル崩壊後の真実
宮崎正弘 渡邉哲也 田村秀男
産経新聞出版
売り上げランキング: 200,968

★★★☆☆

2016年4月の本。

宮崎正弘渡邉哲也田村秀男(産経新聞)のお三方の対談本。

田村秀男さんの本は読んだことがなかったので、どんな人かは知りませんでしたが、情報は正確、分析は精緻で、なかなか感慨深い。

この本の出たのは 2016年4月なので、トランプはまだ当て馬的大統領候補としてしか話に出てきませんが、ほぼアメリカ抜きで中国の真の姿を詳しく分析しています。

この本では日本のマスゴミでは全くあるいはほんの一部しか語られない真実を知ることができます。

2018年秋の時点から振り返って彼らの分析が正確であったことを確認することができ、彼らがマスゴミとは正反対に信頼できる言論人であることがわかります。

ところでこの前のペンス副大統領の中国への宣戦布告、すごかったですねぇ。

 

中国は経済的に死ぬだけでなく、共産党が消滅する可能性も高くなってきたということですね。

共産党の抑えが効かない中国人の群れというのも、それはそれで結構怖いかもしれませんので、いくつかに分裂してくれたらいいなあ。

五胡十六国時代 アゲイン?

十二国記でも覚えられないのに。

###

関連記事

甦る日本史〈1〉古代・貴族社会篇―頼山陽の日本楽府を読む / 渡部 昇一

甦る日本史〈1〉古代・貴族社会篇―頼山陽の日本楽府を読む (PHP文庫) 渡部

記事を読む

「無駄な抵抗はよせ」はよせ / 日垣 隆

「無駄な抵抗はよせ」はよせ (WAC BUNKO) 日垣 隆 ワック 2009

記事を読む

簡単サインで「安全地帯」を狙うFXデイトレード FXコーチが教えるフォロートレード / 齊藤トモラニ

簡単サインで「安全地帯」を狙うFXデイトレード FXコーチが教えるフォロートレー

記事を読む

逆説の日本史 別巻4 ニッポン戦乱史 (小学館文庫) / 井沢元彦

逆説の日本史 別巻4 ニッポン戦乱史 (小学館文庫) 井沢 元彦 小学館 201

記事を読む

現代日本の問題集 / 日垣 隆  生物問題

現代日本の問題集 (講談社現代新書) 日垣 隆 講談社 2004-06-21

記事を読む

たけみつ教授のホントは非常識な通説日本史 / 武光 誠

たけみつ教授のホントは非常識な通説日本史 (リイド文庫) 武光 誠 リイド社

記事を読む

FX先生 / 杉田 勝

FX先生杉田 勝 扶桑社 2009-05-15売り上げランキング : 60261

記事を読む

あなたのお金はどこに消えた? 仕事と人生の変わらない法則 / 本田 健

あなたのお金はどこに消えた? 仕事と人生の変わらない法則 (PHP新書) 本田

記事を読む

日本は世界1位の金属資源大国 (講談社+α新書) / 平沼 光

日本は世界1位の金属資源大国 (講談社+α新書) 平沼 光 講談社 2011-0

記事を読む

古代日本列島の謎 (講談社+α文庫) / 関裕二

古代日本列島の謎 (講談社+α文庫) 関 裕二 講談社 2005-06-21

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ザ・ ビバシャス・ワン / アン・マーグレット

THE VIVACIOUS ONE ザ・ ビバシャ

ロジャース、頭大丈夫か?

記事>「統一韓国は機会の地…日本に行った若者は韓国に戻るべき」

ニューヨーク州立大ケルトン教授が異端?

ウソの新聞朝日新聞DIGITAL の記事「異端の経済理論、日米で論争

LUPIN THE THIRD~ the Last Job~

LUPIN THE THIRD~ the Last

グラフィックイコライザーについて

昔、Victor のグラフィックイコライザー SEA-70 と

→もっと見る

PAGE TOP ↑