*

アメリカと中国は偉そうに嘘をつく / 高山正之

公開日: : 読書

アメリカと中国は偉そうに嘘をつく
高山 正之
徳間書店
売り上げランキング: 112,499

★★★☆☆

月刊誌「正論」の連載コラム「折節の記」の 2011年12月号~2015年2月号の記事に加筆したもの。

アメリカとチャイナの反日プロパガンダの例を挙げたら1冊の本ではとても収まりませんでしたということがよくわかる本。

第一章が「そろそろ白人の腹黒さに気づいたらどうか」ですから、いきなりワクワクしますね。^^

メイフラワー号に乗ってアメリカにやって来た清教徒に関する美談を日本では教えていますが、彼らはみかねて七面鳥をくれた酋長を殺し、頭蓋骨を20年も晒し者にし(信長もビックリ)、酋長の土地や財産を奪い、その妻子を奴隷商人に売るという極悪非道の奴ら

宗教弾圧を避けて新天地を求めた無辜の人たちのように教えている日本の教科書にあきれます

南京大虐殺のウソを唱え始めたのはアメリカ、メキシコをだましてカリフォルニアをだましとったのもアメリカ、フィリピンで非戦闘員を20万人も虐殺したのもアメリカ、ハワイ王国を滅ぼしたのもアメリカ、ネイティブ・アメリカンもベトナムも非戦闘員を真っ先に虐殺する極悪非道のアメリカ。

京都にも原爆を落とす予定であったが、広島と長崎が実験対象としてより優れていたから落とさなかっただけ。

非戦闘員を殺すというのは相手の戦意を喪失させる効果だけでなく、相手を根絶やしにするという意味があるわけです。

日本を占領したマッカーサーにルーズベルトは日本人は日本列島に閉じ込め根絶やしにせよとの命を送っていたとか。

マッカーサーが天皇陛下と会ってちょっとだけ改心した(でもひどいことはイッパイやった)からなんとか助かったという話。

このように、チャイナの章を読む前にアメリカの分だけでいい加減お腹いっぱいになってゲップがでるのでした。

###

関連記事

情報の「目利き」になる!―メディア・リテラシーを高めるQ&A (ちくま新書) / 日垣 隆

情報の「目利き」になる!―メディア・リテラシーを高めるQ&A (ちくま新書)

記事を読む

知っておきたい日本の仏教 / 武光 誠

知っておきたい日本の仏教 (角川ソフィア文庫) 武光 誠 角川学芸出版 200

記事を読む

出稼げば大富豪2 気づいた人は動きだした / クロイワ・ショウ

出稼げば大富豪2 気づいた人は動きだした (調子ぶっこきシリーズ) クロイワ・

記事を読む

最短で一流のビジネスマンになる!ドラッカー思考 / 一条真也

最短で一流のビジネスマンになる!ドラッカー思考~一流の思考を身につける!47の実

記事を読む

本当はどうなの?今の韓国 / 鄭 銀淑

本当はどうなの?今の韓国 (中経の文庫) 鄭 銀淑 中経出版 2008

記事を読む

犯韓論 / 黄 文雄

犯韓論 (幻冬舎ルネッサンス新書 こ-4-1) 黄 文雄 幻冬舎ルネッサンス

記事を読む

「雪見だいふく」はなぜ大ヒットしたのか 77の「特許」発想法

「雪見だいふく」はなぜ大ヒットしたのか 77の「特許」発想法 (講談社プラスアル

記事を読む

だから御社のWebは二度と読む気がしない

だから御社のWebは二度と読む気がしない お得意様を獲得する驚異のWebライ

記事を読む

53のキーワードから学ぶ最新ネットワークセキュリティ / 上原 孝之, 宮西 靖

53のキーワードから学ぶ最新ネットワークセキュリティ 上原 孝之 宮西 靖

記事を読む

日本全国近代歴史遺産を歩く / 阿曽村 孝雄

日本全国近代歴史遺産を歩く 講談社+α新書 阿曽村 孝雄 by G

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ザ・ ビバシャス・ワン / アン・マーグレット

THE VIVACIOUS ONE ザ・ ビバシャ

ロジャース、頭大丈夫か?

記事>「統一韓国は機会の地…日本に行った若者は韓国に戻るべき」

ニューヨーク州立大ケルトン教授が異端?

ウソの新聞朝日新聞DIGITAL の記事「異端の経済理論、日米で論争

LUPIN THE THIRD~ the Last Job~

LUPIN THE THIRD~ the Last

グラフィックイコライザーについて

昔、Victor のグラフィックイコライザー SEA-70 と

→もっと見る

PAGE TOP ↑