*

本当は恐ろしい江戸時代

公開日: : 読書

本当は恐ろしい江戸時代 (SB新書)
八幡 和郎
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 515,863

★★★☆☆(オモシロイ!)

滋賀出身で元官僚の八幡先生のウンチク本。

いつもながら情報量の多さに感心させられます。

「はじめに」に書かれているとおり、「江戸時代は北朝鮮そっくりの“地上の楽園”だった」ようです。

このように我々が江戸時代に抱いている幻想がどんどん打ち壊されていきます。

300年近くも鎖国して、まともな農政もしないので餓死者が続出し、山ははげ山だらけ(植林は明治になってから)。

教育水準が高かったというのもウソで、寺子屋で教えたのはせいぜいひらがなくらい。

藩校では漢籍を教えてもそろばんを教えず、当時の武士はほとんどが算数ができなかったとか。今の財務省役人が文系出身で経済学も学んだことがないというのに似ています。ですから今と同じように経済政策はてんでだめ。特に松平定信が最低ですね。

「鎖国したので植民地にされなかった」という人がいますが、それは逆だとか。

最終章では「働くのは嫌いで賄賂が大好きなのが武士」と言い切られています。関ヶ原や大阪城の戦いで先祖が武功を上げたために遺族年金で暮らしている寄生虫のような存在で、実禄より賄賂に頼り切っていたとか。これじゃあ、隣の国の両班とあまり変わりがないような。

など、常識破りのことが書いてあって非常に参考になりました。

###

関連記事

仕事は、こんなに面白い。 / 中谷 彰宏

仕事は、こんなに面白い。 中谷 彰宏 PHP研究所 2012-04-17

記事を読む

世界は邪悪に満ちている だが日本は…… / 日下公人 高山正之 (2)

世界は邪悪に満ちている だが日本は……。 (WAC BUNKO 230) po

記事を読む

統計・確率思考で世の中のカラクリが分かる (光文社新書) / 高橋洋一

統計・確率思考で世の中のカラクリが分かる (光文社新書) 高橋 洋一 光文社 2

記事を読む

超・技術革命で世界最強となる日本 / 三橋貴明

超・技術革命で世界最強となる日本 三橋 貴明 徳間書店 2015-05-29 売

記事を読む

特選 星降る夜のパソコン情話―Linux狂騒曲 / 中村正三郎

特選 星降る夜のパソコン情話―Linux狂騒曲 中村 正三郎 ビレッジセンター

記事を読む

昨日までの自分に別れを告げる / 中谷 彰宏

昨日までの自分に別れを告げる (PHP文庫) 中谷 彰宏 PHP研究所 19

記事を読む

逆説の日本史 14 近世爛熟編(5) / 井沢元彦

逆説の日本史 14 近世爛熟編 (小学館文庫) 井沢 元彦 小学館 2

記事を読む

世界地図で読む五大帝国の興亡―時代を読む鍵 大国興亡の原理を探る / 湯浅 赳男

世界地図で読む五大帝国の興亡―時代を読む鍵 大国興亡の原理を探る (日文新書)

記事を読む

ゼロ円で愉しむ極上の京都 / 入江 敦彦

ゼロ円で愉しむ極上の京都 (文春新書) 入江 敦彦 文藝春秋 2010-04 売

記事を読む

社長の勉強法 / 池本克之

上場請負人と呼ばれるプロ経営者が書いた 社長の勉強法 池本克之 アスコム 2

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑