*

名字でわかる 日本人の履歴書 なぜ東日本は「佐藤」「鈴木」が、西日本は「田中」「山本」が席巻したのか (講談社+α新書) / 森岡 浩

公開日: : 最終更新日:2020/02/29 読書

★★★☆☆

NHK の TV番組「日本人のおなまえっ!」でおなじみの森岡先生の著書。

「森岡先生」と番組では言われているが、大学のセンセイではなく、博士号を持っているわけでもないらしいです。

在野の研究家ということでしょう。南方熊楠先生のようでかっこいいですね。

この本のテーマは「名字分布が一族の歴史を示す」などで、いくつかの名字については非常に奥深い由来を教えてくれるのが面白いです。

名字は平安中期にできたもので、それまでは姓だけがあったようです。

この頃から住んだ地名を名字(姓とは別)としたのはよくあることだったようです。

それがその氏族のルーツをさぐるカギとなるのですが、いろいろと例外も示されています。

大阪の「渡辺」、滋賀県の「佐々木」は歴史上有名な大族ですが、どちらも今は地名が消失してしまっています。

このように中途半端に広い地名はその後細分化されてしまうと、消滅することもあるようです。

ということで、100以上の名字のお話が書いてあります。

90位のワタシの名字は載っていないのがちょっと不満ですが、話のネタを仕込むのにはちょうどいい本だと思います。

関連記事

東海林のヒミツ

###

関連記事

医療大崩壊 (講談社文庫) / 藤田 紘一郎

医療大崩壊 (講談社文庫) 藤田 紘一郎 講談社 2009-02-13 売

記事を読む

美崎栄一郎の「結果を出す人」のビジネス手帳2013

美崎栄一郎の「結果を出す人」のビジネス手帳2013 美崎 栄一郎 永岡書店 2

記事を読む

脳科学マーケティング100の心理技術 / ロジャー・ドゥーリー (2)

脳科学マーケティング100の心理技術―顧客の購買欲求を生み出す脳と心の科学 ロ

記事を読む

中国皇帝列伝 創業篇

中国皇帝列伝 (創業篇) (徳間文庫)守屋 洋 徳間書店 1985-02売り上げ

記事を読む

日本オリジナルへの旅―伝統技芸の現場を訪ねて / 呉 善花

日本オリジナルへの旅―伝統技芸の現場を訪ねて 呉 善花 日本教文社 2005

記事を読む

超・技術革命で世界最強となる日本 / 三橋貴明

超・技術革命で世界最強となる日本 三橋 貴明 徳間書店 2015-05-29 売

記事を読む

「文系バカ」が、日本をダメにする -なれど"数学バカ"が国難を救うか / 高橋洋一 (2)

「文系バカ」が、日本をダメにする -なれど”数学バカ”が国難を救うか (WAC

記事を読む

~1日3度のチャンスを狙い撃ちする~待つFX / えつこ

~1日3度のチャンスを狙い撃ちする~待つFX (Modern Alchemist

記事を読む

ためらいのリアル医療倫理 ~命の価値は等しいか? / 岩田健太郎

ためらいのリアル医療倫理 ~命の価値は等しいか? (生きる技術!叢書) 岩田 健太

記事を読む

古代史を彩った人々 / 豊田有恒

古代史を彩った人々 (講談社文庫) 豊田 有恒 講談社 1993-0

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本史の謎は地政学で解ける / 兵頭二十八(3)

「日本史の謎は地政学で解ける / 兵頭二十八(2)」の続きです。

日本史の謎は地政学で解ける / 兵頭二十八(2)

 ★★★☆☆ 「日本史の謎は地政学で解ける / 兵頭二十

シートマッサージャー セララ

シートマッサージャー セララ

日本史の謎は地政学で解ける / 兵頭二十八

★★★☆☆ 兵頭二十八さんの本はどれも面白いが、この本は

DENON DCD-1510 動いた

DENON DCD-1510 はデノン(昔のデンオン;別ブラン

→もっと見る

  • 2020年7月
    « 6月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑