*

中国を永久に黙らせる100問100答 / 渡部 昇一

公開日: : 最終更新日:2014/04/10 読書

中国を永久に黙らせる100問100答 (WAC BUNKO) 中国を永久に黙らせる100問100答 (WAC BUNKO)

渡部 昇一

ワック 2012-08-08

売り上げランキング : 18786

Amazonで詳しく見る

by G-Tools

中国のよく主張している対日批判を100問あげ、それに反駁している本。

この前、韓国と北朝鮮のものを取り上げました。

今回の著者は『知的生活の方法』の渡部昇一先生。

p62 で「朝日新聞の考えていることの反対を考えておけば正解」と言っておられます。ハゲしく同感です。

以下、面白かった内容の一部

台湾は中国から実行支配を受けたことはない。以前に「あそこは中国ではない」と言って賠償を拒んだという史実もある。

尖閣列島を支配したことも一度もない。

A級戦犯は講和条約以降は存在しえない。

東京裁判の判決は根拠がない。

マッカーサーは東京裁判後にアメリカの委員会で「日本が戦争に突入した目的は主として自存自衛のために余儀なくされたのだ」と発言している。

宗教を政治の争点にしないのは1648年のウェストファリア条約以降 世界の常識になっているが、どこかの国が「靖国問題は政治問題だ」と言ってうるさい。

大虐殺という発想はいかにもシナ的。

民営化された電力会社が大量の冷却水を必要とする火力発電所を乱立させたので、中国では深刻な水不足をきたしている。

日清戦争のとき、清国の宣戦布告書の中には「朝鮮は二百余年来、清国の属国であるから口を出すな」と書いてある。日本の方には「朝鮮を独立させろ」と書いてある。

日本が満州国建国をバックアップしたのはラストエンペラー溥儀が日本公使館に逃げ込んだのが発端。満州国の大臣はすべて満州人または清国人。

満州はもともと中国の領土ではない。台湾と同じく「化外の地」。なのに「中国の土地を奪って満州国を建てた」と言うのはおかしい。

中国共産党の教科書に「蘆溝橋事件を起こしたのはわが共産軍」と自慢げに書いてある。

日本軍は独立国に侵略したのではない。すでに戦争地になっていた(欧米列強が独立国と認めていなかった)中国以外は列強の植民地となったアジアの国々。それらはすべて戦争後独立をはたした。

と言うことで、朝日新聞的自虐史観に染まった人はすぐにこれを読んで安心するべきだと思います。

【関連記事】

韓国・北朝鮮を永久に黙らせる100問100答 / 黄 文雄

###

関連記事

三国志孔明死せず / 伴野 朗

孔明死せず 孔明死せず 三国志 (集英社文庫) 伴野 朗 集英社 1996

記事を読む

いきなり最終回

いきなり最終回 いきなり最終回―名作マンガのラストシーン再び (1

記事を読む

封印された戦国名城史 / 井沢 元彦

封印された戦国名城史 (セレクション文庫) 井沢 元彦 ベストセラーズ 200

記事を読む

タイムスリップ戦国時代 / 鯨 統一郎

タイムスリップ戦国時代 (講談社文庫) 鯨 統一郎 講談社 2011-11-

記事を読む

住んでみたドイツ 8勝2敗で日本の勝ち (講談社+α新書) / 川口 マーン 惠美

住んでみたドイツ 8勝2敗で日本の勝ち (講談社+α新書) 川口 マーン 惠美

記事を読む

街道をゆく 10 羽州街道 佐渡のみち / 司馬遼太郎

街道をゆく (10) 羽州街道・佐渡のみち (朝日文芸文庫 (し1-11)) 司馬

記事を読む

「Webコンサルタント」という選択 / Webコンサルタント研究会

「Webコンサルタント」という選択―成長企業のトップはすでに活用している We

記事を読む

タイムスリップ森鴎外 / 鯨 統一郎

タイムスリップ森鴎外 (講談社ノベルス) 鯨 統一郎 講談社 2002-03

記事を読む

時給800円のフリーターが207日で1億2047万円稼いだいちばん簡単な方法 / 菅野一勢

時給800円のフリーターが207日で1億2047万円稼いだいちばん簡単な方法 菅

記事を読む

ギャラリーフェイク the best / 細野 不二彦

ギャラリーフェイクthe best (ビッグコミックス) 細野 不二彦 小学

記事を読む

PAGE TOP ↑