*

デフレの正体 経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21) / 藻谷 浩介

公開日: : 最終更新日:2015/07/28 読書

デフレの正体  経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21) デフレの正体 経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21)

藻谷 浩介

角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-06-10

売り上げランキング : 3539

Amazonで詳しく見る

by G-Tools

★★★★☆(認めたくないものだな、若さが全てだということを・・・)

著者は里山資本主義藻谷浩介さん。

日本は団塊の世代(たった3年間)とその子供世代の人口の波によって経済が発展してきました。彼らの生産活動のみならず、消費活動の旺盛さによって経済が発展していた部分がかなりあるというのです。

ということで、人口の大きさで経済規模が決まるために、これからの日本は経済が縮小していくのは避けられないというのが主旨です。

まあ、そうなんでしょう。

人口減少がデフレの”正体”ではなく、”単なる一因”では?

しかし、経済衰退するとデフレになるのはしょうがないという結論に多くの人は疑問を投げかけます。

例外の国も多数あるからです。

人口が減っているのにインフレの国もあります。

要するに国のモデルによって違うのではないでしょうか。

欧米のようにブランド品ばかり作るとか、観光で儲けるとかすれば、高齢化しても経済を持ち上げることは可能でしょう。

でも国民の消費意欲がわかなければ、乗数効果が小さいので、好景気になってウハウハという事態になるのは難しそうです。

今までなかったものでみんなが欲しがるものを発明して売ればいいのですが、それは何でしょうか?

iPS細胞+ロボット技術を駆使して、人工臓器や生体適合型の義手、義体を作り、はては ネットワーク接続の人工脳で永遠に生きることができるようになるとか?

###

 

関連記事

統計学が最強の学問である / 西内 啓

統計学が最強の学問である 西内 啓 ダイヤモンド社 2013-01-24 売り

記事を読む

新・資本論 僕はお金の正体がわかった (宝島社新書) / 堀江 貴文

新・資本論 僕はお金の正体がわかった (宝島社新書) 堀江 貴文 宝島社

記事を読む

のろわれた手術(オペ) 手塚治虫恐怖アンソロジー

のろわれた手術(オペ)―手塚治虫恐怖アンソロジー (角川ホラー文庫) 手塚 治

記事を読む

たけみつ教授のホントは非常識な通説日本史 / 武光 誠

たけみつ教授のホントは非常識な通説日本史 (リイド文庫) 武光 誠 リイド社

記事を読む

画像診断2016年9月増刊号(Vol.36No.11) 軟部腫瘤の画像診断: よくみる疾患から稀な疾患まで / 福田国彦

画像診断2016年9月増刊号(Vol.36No.11) 軟部腫瘤の画像診断: よ

記事を読む

ほぼ日手帳 / 山田 浩子

ほぼ日手帳の秘密―10万人が使って、10万人がつくる手帳。 山田 浩子 ほぼ日刊

記事を読む

柔らかい発想―変化する時代を生き抜くヒント / 大前研一

柔らかい発想―変化する時代を生き抜くヒント (PHP文庫) 大前 研一 PHP

記事を読む

もう「できません」とは言わせない / 中谷彰宏

  もう「できません」とは言わせない―超サービスマンの具体例

記事を読む

この一冊で「中国の歴史」がわかる! (知的生きかた文庫) / 山口 修

この一冊で「中国の歴史」がわかる! (知的生きかた文庫) 山口 修 三笠書房 1

記事を読む

切手をなめると、2キロカロリー / 唐沢俊一

切手をなめると、2キロカロリー―一生に一度は役立つかもしれない話題のタネ (サン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

さよならパヨク / 千葉麗子

さよならパヨク (青林堂ビジュアル) poste

サピエンス全史 / ユヴァル・ノア・ハラリ

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福 po

ロシアより愛をこめて / ウラジミール・シャフラノフ・トリオ

ロシアより愛をこめて posted with a

消えた都道府県名の謎 / 八幡和郎(2)

消えた都道府県名の謎 (イースト新書Q) pos

Youtube でスピーカーのチェック

Youtube で PC につないだスピーカーの音域チェックができます

→もっと見る

PAGE TOP ↑