*

デフレの正体 経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21) / 藻谷 浩介

公開日: : 最終更新日:2015/07/28 読書

デフレの正体  経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21) デフレの正体 経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21)

藻谷 浩介

角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-06-10

売り上げランキング : 3539

Amazonで詳しく見る

by G-Tools

★★★★☆(認めたくないものだな、若さが全てだということを・・・)

著者は里山資本主義藻谷浩介さん。

日本は団塊の世代(たった3年間)とその子供世代の人口の波によって経済が発展してきました。彼らの生産活動のみならず、消費活動の旺盛さによって経済が発展していた部分がかなりあるというのです。

ということで、人口の大きさで経済規模が決まるために、これからの日本は経済が縮小していくのは避けられないというのが主旨です。

まあ、そうなんでしょう。

人口減少がデフレの”正体”ではなく、”単なる一因”では?

しかし、経済衰退するとデフレになるのはしょうがないという結論に多くの人は疑問を投げかけます。

例外の国も多数あるからです。

人口が減っているのにインフレの国もあります。

要するに国のモデルによって違うのではないでしょうか。

欧米のようにブランド品ばかり作るとか、観光で儲けるとかすれば、高齢化しても経済を持ち上げることは可能でしょう。

でも国民の消費意欲がわかなければ、乗数効果が小さいので、好景気になってウハウハという事態になるのは難しそうです。

今までなかったものでみんなが欲しがるものを発明して売ればいいのですが、それは何でしょうか?

iPS細胞+ロボット技術を駆使して、人工臓器や生体適合型の義手、義体を作り、はては ネットワーク接続の人工脳で永遠に生きることができるようになるとか?

###

 

関連記事

マンガ嫌韓流の真実!

マンガ嫌韓流の真実! (別冊宝島) 宝島社 2005-10-21 売り上げラン

記事を読む

本多静六のようになりたいなら、その秘訣を公開しよう―「日本一の幸福者」の“成功習慣”づくり / 本多 静六

本多静六のようになりたいなら、その秘訣を公開しよう―「日本一の幸福者」の“成功習

記事を読む

信玄の呪縛 / 井沢 元彦

信玄の呪縛 (角川文庫) 井沢 元彦 by G-Tools

記事を読む

時間に強い人が成功する / 中谷 彰宏

時間に強い人が成功する 時間に強い人が成功する―「忙しい」が「楽しい」に変わる50

記事を読む

空気の底―The best 16 stories by Osamu Tezuka / 手塚 治虫

空気の底―The best 16 stories by Osamu Tezuka

記事を読む

Blow up! / 細野 不二彦

Blow up! (小学館文庫) 細野 不二彦 小学館 2001-06 売

記事を読む

決定版 ユダヤ・ジョーク集

決定版 ユダヤ・ジョーク集 (じっぴコンパクト) ラビ・マービン・トケイヤー 加

記事を読む

「諜報的生活」の技術 野蛮人のテーブルマナー / 佐藤 優

「諜報的生活」の技術 野蛮人のテーブルマナー 佐藤 優 講談社 2009-0

記事を読む

逆説の日本史 14 近世爛熟編(4) / 井沢元彦

逆説の日本史 14 近世爛熟編 (小学館文庫) 井沢 元彦 小学館 2

記事を読む

ホテル王になろう―人を喜ばせる天才たち / 中谷彰宏

ホテル王になろう―人を喜ばせる天才たち 中谷 彰宏 オータパブリケイションズ 1

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

交差点についての言葉

今朝シャワーを浴びていてふと考えたことがあります。交差点についての日本

悪あがきを繰り返し 突然死の危機に陥る中国と韓国 / 宮崎正弘, 室谷克実 (2)

悪あがきを繰り返し 突然死の危機に陥る中国と韓国

悪あがきを繰り返し 突然死の危機に陥る中国と韓国 / 宮崎正弘, 室谷克実

悪あがきを繰り返し 突然死の危機に陥る中国と韓国

暴走と崩壊が止まらない! 仲良く自滅する中国と韓国 / 宮崎正弘, 室谷克実

暴走と崩壊が止まらない! 仲良く自滅する中国と韓国

【ふるさと納税】シャインマスカット 約2kg / 和歌山県湯浅町

和歌山県湯浅町に 12000円寄付したらもらえます。 今

→もっと見る

PAGE TOP ↑