*

アームストロング砲

公開日: : 未分類

昨日紹介した書籍『逆説の日本史 21 幕末年代史編4: 高杉晋作と維新回天の謎 (小学館文庫) / 井沢元彦 』にアームストロング砲のことが出てきました。

イギリスのウィリアム・アームストロングが発明した大砲で、それまでなかった螺旋条を砲の内側に刻んでおり、これにより大砲の弾がジャイロボールのように回転し、より遠くにまっすぐに飛ぶようになったのです。煉金術は使っていません。

開発当時は最新鋭の秘密武器でしたが、最初に使われた薩英戦争で頻繁に故障し、1門は爆発。

これはいかんということで、英国では正式採用されず、その後改良されたものがアメリカの南北戦争で猛威をふるいました。

その中古が日本に渡って、明治維新のときに新政府軍が上野寛永寺の戦いや戊辰戦争に使ったわけですね。

司馬遼太郎が過大評価したとか言っていますが、威力はそんなになかったものの、飛距離はよかったため相手に対する効果(物理的効果、心理的効果)は大きかったでしょう。

私の創作

戊辰戦争での一コマ。

会津城の大奥に新政府軍のアームストロング砲が命中。

侍女の一人が倒れました。

侍女1「るい!」

るい「私・・・」

奥方「るい、しっかりして」

るい「わた・・わん・・だふぉっ・・わぁ・・ど」

侍女2「死んじゃだめっ」

そのとき2発目が炸裂。

侍女2「さち も?」

さち「わた・・わん・・だふぉっ・・わぁ・・ど」

解説

もう、お気づきでしょうが、ルイアームストロングサッチモWhat a wonderful world を盛り込んでみました。

###

関連記事

no image

カンのカラ手形

カンの空手形  カンの大臣任命もいきあたりばったりだし、人選も適当。  ま、ほかにいい人が全然い

記事を読む

民主党党首(総理)

まあ、今回の総理もひどいが、初代、二代目はもっとひどかった。 初代は実現不可能なことを国連

記事を読む

no image

母の誕生日

  昨日は母の誕生日であったので、一家で神戸に帰省。 今年で 80歳。傘寿ですね。

記事を読む

喜多嶋舞さん 父親

* 喜多嶋舞さんの事件が結構注目をあびています。 ⇒ http://gendai.net/a

記事を読む

HORIC アンテナダブル分波器 HAT-WSP005

HORIC アンテナダブル分波器 BS/CS/地デジ対応 ケーブル2本付き(

記事を読む

アイスで転倒し女性けが 岡山地裁、天満屋に損害賠償命令 あほな裁判官

アイスクリームが落ちていた場所を訴えたとんでもないモンスター・クレーマー 元ネタ⇒ http:

記事を読む

ボリューミーという言葉は英語にはない

ボリューミーなどという言葉は英語にはありません。 ご存じの方もおられるように、「ボリュームがあ

記事を読む

チョウニチ新聞のは大誤報ではなく捏造

* 今までもこのブログでは朝鮮日報新聞を揶揄してきましたが、ついにチョウニチ新聞が従軍慰安婦問題に

記事を読む

no image

偏差値教育

* 我々のころは学力偏差値が出始めのころだったのではないかと思います。 私たちはほとんど無視していま

記事を読む

ハトポッポ

鳩山死刑

* 評論家の青山繁晴さんが「ザ・ボイス そこまで言うか!」で、鳩山を死刑にできる可能性を示

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

悪あがきを繰り返し 突然死の危機に陥る中国と韓国 / 宮崎正弘, 室谷克実 (2)

悪あがきを繰り返し 突然死の危機に陥る中国と韓国

悪あがきを繰り返し 突然死の危機に陥る中国と韓国 / 宮崎正弘, 室谷克実

悪あがきを繰り返し 突然死の危機に陥る中国と韓国

暴走と崩壊が止まらない! 仲良く自滅する中国と韓国 / 宮崎正弘, 室谷克実

暴走と崩壊が止まらない! 仲良く自滅する中国と韓国

【ふるさと納税】シャインマスカット 約2kg / 和歌山県湯浅町

和歌山県湯浅町に 12000円寄付したらもらえます。 今

SWITCH / Karel Boehlee Trio

ミスティ posted with amazlet

→もっと見る

PAGE TOP ↑