*

世界恐慌2.0が中国とユーロから始まった / 藤井厳喜

公開日: : 読書

世界恐慌2.0が中国とユーロから始まった
藤井 厳喜
徳間書店
売り上げランキング: 106,722

★★★★☆(予言当たってるー)

2016年3月に出た本です。

藤井厳喜さんは私の信用している 5人の識者のうちのお一人ですが、信用している人が過去にどのような本を出し、どれくらい正しかったかをチェックすることで、これからも信用できるかどうかがわかります

紫BBA やフジマキ、サカキバーラ、長谷川某のような過去の本に間違いばっかり書いている著者は本も読まなくていいですし、話も聞かないでいいわけです(逆神としての利用価値はあるかも)。

あ、この本の内容ですが、マイナス金利(日本よりスイス)、ユーロ発の世界恐慌のきざし、もう終わっている中国、逆オイルショックの意味、グローバリズムの消滅と後始末、タックスヘイブンの消滅、ヨーロッパの滅亡などについて、多数の傍証をもって過去、現在、未来を書き記してあります。

チャイナ以上にヨーロッパがやばいということがわかりました。

2050年にはフランスの人口の半分はイスラム教徒になるそうです。

未来の教科書に書かれるでしょう。「ヨーロッパ文明を滅ぼしたのはメルケルという一人の魔女であった」と。

###

関連記事

借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記 / 金森 重樹

借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%か

記事を読む

「学力」の経済学 / 中室牧子(2)

「学力」の経済学 中室 牧子 ディスカヴァー・トゥエンティワン 2015-06-

記事を読む

日本オリジナルへの旅―伝統技芸の現場を訪ねて / 呉 善花

日本オリジナルへの旅―伝統技芸の現場を訪ねて 呉 善花 日本教文社 2005

記事を読む

逆説の日本史 14 近世爛熟編(3) / 井沢元彦

逆説の日本史 14 近世爛熟編 (小学館文庫) 井沢 元彦 小学館 2

記事を読む

「民」食った最悪の輩

「民」食う人びと 「民」食う人びと―新・日本官僚白書 佐高 信 by

記事を読む

問題は英国ではない、EUなのだ 21世紀の新・国家論 (文春新書) / エマニュエル・トッド

問題は英国ではない、EUなのだ 21世紀の新・国家論 (文春新書) エマニュエル・

記事を読む

3分で「気持ちの整理」ができた。 / 中谷彰宏

3分で「気持ちの整理」ができた。―悩んでるヒマがもったいない。 中谷 彰宏 三

記事を読む

沸騰都市 / NHKスペシャル取材班

沸騰都市 posted with amazlet at 19.02.26

記事を読む

春秋の色 (講談社文庫) / 宮城谷昌光

春秋の色 (講談社文庫) 宮城谷 昌光 講談社 1997-01-13 売り上げラ

記事を読む

夢醒往還記 / 井上 祐美子

夢醒往還記 (学研M文庫) 井上 祐美子 学習研究社 2002-04 売り

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

もっと言ってはいけない / 橘 玲

もっと言ってはいけない (新潮新書) poste

美しき夕暮れ / 川畠成道

美しき夕暮れ posted with amazl

ブランド品は いらんど

私はファッションブランドが嫌いです。 以前にも書いたと思いますが

時のまにまにⅢ ~ひこうき雲~ / 井筒香奈江

時のまにまにIII ひこうき雲 posted w

時のまにまにII 春夏秋冬 / 井筒香奈江

時のまにまにII 春夏秋冬 posted wit

→もっと見る

PAGE TOP ↑