*

嘘だらけの日米近現代史 (扶桑社新書) / 倉山 満

公開日: : 最終更新日:2015/11/12 読書

嘘だらけの日米近現代史 (扶桑社新書) 嘘だらけの日米近現代史 (扶桑社新書)
倉山 満
扶桑社 2012-09-01
売り上げランキング : 15574
Amazonで詳しく見る by G-Tools

★★★★☆(アメリカも歴史捏造)

シニカルな歴史観を有する倉山満の「嘘だらけの」シリーズの1冊。

アメリカ歴史の通説をずばりと否定しているのがおもしろい。

アメリカはもともとヘタレ

ピルグリム・ファーザーズはヨロッパから戦争がイヤで逃げてきたヘタレ。

そのためアメリカは最初は戦争にきわめて弱く、独立運動で本国(イギリス)にボコボコにされますが、ゲリラ戦を何年もしつこく展開して、その結果タナボタで国を作りました。

インディアンを殺して土地を奪い(弱いものには力ずく)、フランスやロシアから領土を金で分けてもらい(強いものにはまかれろ)、ともかくチンピラヤク○のような国であったといいます。

アメリカを理解するには3つの視点が必要とも言っています。

その一、アメリカはバカ!
その二、アメリカはヘタレ!
その三、でも、やるときはやる!

クズばかりの大統領

そして、大統領の評価も面白い。

リンカーンは極悪人、ウィルソンは狂人、ルーズベルトはスパイ、クリントンは破壊者とのこと。

クリントンは意味のない空爆を世界のあちこちで展開したただのアホウということで、ブッシュJr よりも低評価なのが面白いです。

ウィルソンは確かに任期の最後は廃人(脳卒中で)でしたが、狂人であったという評価はこの本でしか見たことがありません。

大統領ではないですが、マッカーサーについても「よくもこんなカスを派遣してきたな」とケチョンケチョン。

なんでこんなしょうもない国に負けたのか(金の力の差でしょうが)がっかりしますが、こうなってしまった以上はうまく利用するにこしたことはありません。

それで平和が守れるのでしょうから。

関連記事

 

###

関連記事

すっきりわかった!Linux 使い方から管理まで (NETWORK MAGAZINE BOOKS) / ネットワークマガジン編集部

すっきりわかった!Linux 使い方から管理まで (NETWORK MAGAZI

記事を読む

運命の覇者 / 田中芳樹 花田一三六 冲方丁 水野良 七尾あきら

運命の覇者 田中 芳樹 花田 一三六 冲方 丁 水野 良 七尾 あきら 角川

記事を読む

「震災大不況」にダマされるな! 危機を煽る「経済のウソ」が日本を潰す / 三橋貴明 (1)

「震災大不況」にダマされるな! 危機を煽る「経済のウソ」が日本を潰す 三橋貴明

記事を読む

人にはぜったい教えたくない「儲け」の裏知恵 / 岩波 貴士

人にはぜったい教えたくない「儲け」の裏知恵 人にはぜったい教えたくない「儲け」

記事を読む

私は株で200万ドル儲けた / ニコラス・ダーバス

私は株で200万ドル儲けた (PanRolling Library 16) ニコ

記事を読む

宗像教授伝奇考 (第1集) / 星野 之宣

宗像教授伝奇考 (第1集) (希望コミックス (279)) 星野 之宣 潮出

記事を読む

全力で、1ミリ進もう。勇気がわいてくる70のコトバ / 中谷 彰宏

【文庫】 全力で、1ミリ進もう。勇気がわいてくる70のコトバ (文芸社文庫)

記事を読む

神社仏閣に隠された古代史の謎 (徳間文庫) / 関裕二

神社仏閣に隠された古代史の謎 (徳間文庫) 関 裕二 徳間書店 2011-10-

記事を読む

本当に頭がよくなる1分間勉強法

本当に頭がよくなる1分間勉強法 石井 貴士 中経出版 2008-08

記事を読む

余命半年の中国経済 これから中国はどうなるのか / 渡邉 哲也

余命半年の中国経済 これから中国はどうなるのか 渡邉 哲也 ビジネス社 2015

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

中国、大失速 日本、大激動 世界情勢から見た、日本経済のゆくえ / 宮崎正弘

中国、大失速 日本、大激動 世界情勢から見た、日本

紅葉狩り 滋賀県長浜市鶏足寺

鶏足寺(けいそくじ)は昨年 TVで知った滋賀県の紅葉の名所です。

【ヤフオク】『M800』向け ダブルバスレフ箱 落札

2本1組 4200円+送料で、いつもの junichitanz

中国大破綻 / 宮崎正弘

中国大破綻 posted with amazle

アイ・ラヴ・ドビュッシー

★★★☆☆ ダイソーで 105円で買ったもの。CD番号は C

→もっと見る

PAGE TOP ↑