*

嘘だらけの日米近現代史 (扶桑社新書) / 倉山 満

公開日: : 最終更新日:2015/11/12 読書

嘘だらけの日米近現代史 (扶桑社新書) 嘘だらけの日米近現代史 (扶桑社新書)
倉山 満
扶桑社 2012-09-01
売り上げランキング : 15574
Amazonで詳しく見る by G-Tools

★★★★☆(アメリカも歴史捏造)

シニカルな歴史観を有する倉山満の「嘘だらけの」シリーズの1冊。

アメリカ歴史の通説をずばりと否定しているのがおもしろい。

アメリカはもともとヘタレ

ピルグリム・ファーザーズはヨロッパから戦争がイヤで逃げてきたヘタレ。

そのためアメリカは最初は戦争にきわめて弱く、独立運動で本国(イギリス)にボコボコにされますが、ゲリラ戦を何年もしつこく展開して、その結果タナボタで国を作りました。

インディアンを殺して土地を奪い(弱いものには力ずく)、フランスやロシアから領土を金で分けてもらい(強いものにはまかれろ)、ともかくチンピラヤク○のような国であったといいます。

アメリカを理解するには3つの視点が必要とも言っています。

その一、アメリカはバカ!
その二、アメリカはヘタレ!
その三、でも、やるときはやる!

クズばかりの大統領

そして、大統領の評価も面白い。

リンカーンは極悪人、ウィルソンは狂人、ルーズベルトはスパイ、クリントンは破壊者とのこと。

クリントンは意味のない空爆を世界のあちこちで展開したただのアホウということで、ブッシュJr よりも低評価なのが面白いです。

ウィルソンは確かに任期の最後は廃人(脳卒中で)でしたが、狂人であったという評価はこの本でしか見たことがありません。

大統領ではないですが、マッカーサーについても「よくもこんなカスを派遣してきたな」とケチョンケチョン。

なんでこんなしょうもない国に負けたのか(金の力の差でしょうが)がっかりしますが、こうなってしまった以上はうまく利用するにこしたことはありません。

それで平和が守れるのでしょうから。

関連記事

 

###

関連記事

日本史の謎は「地形」で解ける【文明・文化篇】/ 竹村 公太郎(2)

日本史の謎は「地形」で解ける【文明・文化篇】 (PHP文庫) 竹村 公太郎 PH

記事を読む

太公望―殷王朝を倒した周の名軍師 / 芝 豪

太公望―殷王朝を倒した周の名軍師 (PHP文庫) 芝 豪 PHP研究所

記事を読む

仕事は、かけ算。 ~20倍速で自分を成長させる / 鮒谷周史

仕事は、かけ算。 ~20倍速で自分を成長させる 仕事は、かけ算。 ~20倍

記事を読む

ウザい相手をサラリとかわす技術 今日から人間関係が必ず上向く! / 清水 克彦

ウザい相手をサラリとかわす技術 今日から人間関係が必ず上向く! (SB新書)

記事を読む

年収が10倍アップする 超金持ち脳の作り方 / 苫米地英人

年収が10倍アップする 超金持ち脳の作り方 (宝島SUGOI文庫) 苫米地 英人

記事を読む

街道をゆく (5) モンゴル紀行 (朝日文芸文庫) / 司馬遼太郎

街道をゆく (5) (朝日文芸文庫) 司馬 遼太郎 朝日新聞社 1978

記事を読む

元気な心と体で成功を呼びこむ / 中谷 彰宏

元気な心と体で成功を呼びこむ (広済堂文庫) 中谷 彰宏 廣済堂出版 2003

記事を読む

ラインの虜囚 (ミステリーランド) / 田中 芳樹

ラインの虜囚 (ミステリーランド) 田中 芳樹 講談社 2005-07-07

記事を読む

「民」食う人びと

「民」食う人びと 「民」食う人びと―新・日本官僚白書 佐高 信 by

記事を読む

日本は世界1位の政府資産大国 / 髙橋洋一 (2)

日本は世界1位の政府資産大国 (講談社+α新書) 高橋 洋一 講談社 2013-

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ザ・ ビバシャス・ワン / アン・マーグレット

THE VIVACIOUS ONE ザ・ ビバシャ

ロジャース、頭大丈夫か?

記事>「統一韓国は機会の地…日本に行った若者は韓国に戻るべき」

ニューヨーク州立大ケルトン教授が異端?

ウソの新聞朝日新聞DIGITAL の記事「異端の経済理論、日米で論争

LUPIN THE THIRD~ the Last Job~

LUPIN THE THIRD~ the Last

グラフィックイコライザーについて

昔、Victor のグラフィックイコライザー SEA-70 と

→もっと見る

PAGE TOP ↑