*

【膝関節のMRI】 Cyclops病変

公開日: : 最終更新日:2018/12/11 画像診断

今日は久々に膝関節の MRI 診断の話。

前十字靭帯断裂術後に、前十字靭帯の腹側に「1つ目」のような腫瘤が生じることがあり、Cyclops 病変と呼ばれています

ギリシャ神話の一つ目巨人の族名サイクロープスから由来した名称ですが、日本人なら「目玉おやじ」病変と呼びたいところです。

大きなものでは伸展制限をきたすことがあります。

関節内にあり、成分的にはフィブリンの沈着した炎症性肉芽組織です。

基本的に術後に発生するもので、表面は厚いフィブリンで覆われていることからは 異物肉芽腫の性格が強いと思います。

内視鏡では まれなものではないようですが、MRI ではあまり見かけないので、小さいものは見過ごしている可能性がありますね。

T2強調画像で高信号、T1強調画像で低信号なのでわかりにくいことも多いですが、内部にドリルの破損による微小金属粉などを含んで不均一に見えるものもあり、あるシークエンスだけでよく見えるなんてことがありますので、しつこく探してみてください。

見つけた時は、「おい、鬼太郎」。

###

関連記事

クラウド型と非クラウド型の違い(遠隔画像診断システム)

一応比較のために挙げておきます。 * クラウド型(イーサイトなど)

記事を読む

所見の書き方 コンテクストについて

肺野では下葉背側に淡い濃度上昇が見られ、重力効果などを疑います。 縦隔・胸壁には特に異常は

記事を読む

遠隔画像診断のビジネスモデル(4)

それぞれの場合での遠隔画像診断サービス会社の違いを見てみましょう。 * 上段は従来のファ

記事を読む

個人ベースの遠隔画像診断

以前、別のブログ「遠隔画像診断てれらじ庵(独立企業ブログ)」で、 画像診断医と顧客病院側の双方

記事を読む

『遠隔画像診断起業への道』メルマガテスト配信開始予告(2)

しれっとメルマガ名が変わっていますが、『遠隔画像診断起業への道』というメルマガは テスト配信をぼちぼ

記事を読む

画像診断管理加算2の悲劇

以前聞いた話ですが、とある都市の公立病院で常勤の放射線科医を1人雇っていました。 病院はこれを

記事を読む

遠隔画像診断のビジネスモデル(5)

ということで、ようやく遠隔画像診断サービス会社のビジネスモデルの話になりました。 * 遠

記事を読む

4列マルチスライスCTが安い!

  未確認情報ですが、風の噂でどこかの病院が 4列マルチスライスCTを 1600万円

記事を読む

石綿肺

   赤面ハイではありません。  こちらをどうぞ > 石綿肺   &

記事を読む

Grant’s Atlas of Anatomy, International Edition〈日本向けインターナショナル版〉

Grant's Atlas of Anatomy, International

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【冷凍食品】 レンジで一撃 蒙古タンメン中本 汁なし麻辛麺

6袋セット レンジで一撃 蒙古

A Day in the City / ドン・フリードマン

★★★☆☆(クールでおちゃめ?) ドン・フリードマンと言

【冷凍食品】キンレイ お水がいらない 長崎ちゃんぽん発祥の店四海楼

★★★☆☆(味良し、具は少ない) 昨日、近くの激安スーパ

クレオパトラの夢 Eric Reed Trio

クレオパトラの夢 posted with ama

野合(やごう)について

私はつい数年前まで政治にはほぼ無関心でしたが、最近少し関心が芽生え始め

→もっと見る

PAGE TOP ↑