*

消えた都道府県名の謎 / 八幡和郎(2)

公開日: : 読書

消えた都道府県名の謎 (イースト新書Q)
八幡和郎
イースト・プレス (2016-07-10)
売り上げランキング: 403,380

★★★☆☆

この前の記事「消えた都道府県名の謎 / 八幡和郎」の続きです。

県と郡

県の名前は原則は県庁所在地を採用するのですが、種々の理由で郡名から採られたものも多いです

県が置かれる前、つまり江戸時代にも郡があったのです。というか郡は律令制で制定されたものなので古代からあるのです。

つまり、県より郡のほうが先にあって、県名は後からつけられた(郡名から採られることもあった)ということは常識として知っておいたほうがいいです。

私もつい最近それに気づいたので大きな顔はできないのですが。

大名の国替え

江戸時代の大名は石高が同じなら幕府の都合で転封(国替え)されても文句は言えませんでした

つまり、大名には徴税権はあっても土地の所有権はなかったのです。

転封の際は藩札(借金)だけをきれいに償還して行くのが普通ということでした。

江戸時代、ほとんどの藩は赤字でしたのでこの借金が悩みのタネでした。

そのため廃藩置県の際には赤字地獄から抜け出るためにほとんどの大名が県知事になって給料をもらう(ついでに借金チャラ)ほうを選んだので流血騒ぎは起きなかったのです。

よほど借金がこたえていたのもあるでしょうが、土地の所有権を持っていなかったことも関係しているでしょう。

所有権と言えば、それぞれの土地には大名ではない所有者(庄屋とか農民とか商家、寺社など)がちゃんといたわけです。

イワサキ県

宮崎とか福島とか山口とか県名と同じ名字の人もいます。

まあ、人の名字も土地名からつけられることが多いのでどこかの県と同じ名字の人もいるでしょう。

イワサキ県には岩崎県(現在の秋田県の一部)と磐前県(現在の福島県の一部)があったようです。

私は先祖代々鹿児島県の血筋のはずなので無関係で、鹿児島にはそんな郡も県もなかったようです。

ちょっと残念なような、ほっとしたような変な気持ちです。

###

関連記事

有機化学が好きになる―"カメの甲"なんてこわくない! (ブルーバックス) / 米山正信 安藤宏

有機化学が好きになる―"カメの甲"なんてこわくない! 〈新装版〉 (ブルーバック

記事を読む

100万人が笑った! 「世界のジョーク集」傑作選 / 早坂 隆

100万人が笑った! 「世界のジョーク集」傑作選 (中公新書ラクレ) 早坂 隆

記事を読む

坂の上のバカ / 勝谷誠彦

坂の上のバカ 勝谷 誠彦 扶桑社 2011-02-03 売り上げランキング :

記事を読む

年収1億円稼ぐ!私が見つけたこの方法―誰でも「勝ち女」になれる魔法の起業術 / 麻生マリ

年収1億円稼ぐ!私が見つけたこの方法―誰でも「勝ち女」になれる魔法の起業術 麻

記事を読む

売るならだんごか宝石か / 林 總

読書:売るならだんごか宝石か 売るならだんごか宝石か (ベスト新書) 林 總

記事を読む

マンガ 終身旅行者 Permanent Traveler / 木村昭二

マンガ 終身旅行者 Permanent Traveler (ウィザードコミッ

記事を読む

タイムスリップ戦国時代 / 鯨 統一郎

タイムスリップ戦国時代 (講談社文庫) 鯨 統一郎 講談社 2011-11-

記事を読む

SEO 検索上位サイトの法則 / 八百谷 真

SEO 検索上位サイトの法則 八百谷 真 ソーテック社 2009-04-04

記事を読む

現役東大生だけが知っている!集中力を高める34のルール / 齋藤 孝

現役東大生だけが知っている!集中力を高める34のルール 齋藤 孝 アスペクト

記事を読む

国土と安全は経済(カネ)で買える~膨張中国包囲論~ (扶桑社新書) / 上念 司

国土と安全は経済(カネ)で買える~膨張中国包囲論~ (扶桑社新書) 上念 司 扶

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

タダより高いものはない / 上念司

タダより高いものはない (イースト新書) pos

本当は恐ろしい江戸時代 / 八幡和郎 (2)

本当は恐ろしい江戸時代 (SB新書) poste

本当は恐ろしい江戸時代

本当は恐ろしい江戸時代 (SB新書) poste

世界は邪悪に満ちている だが日本は…… / 日下公人 高山正之 (2)

世界は邪悪に満ちている だが日本は……。 (WAC

世界は邪悪に満ちている だが日本は…… / 日下公人 高山正之

世界は邪悪に満ちている だが日本は……。 (WAC

→もっと見る

PAGE TOP ↑