*

【ヤフオク】FOSTEX 8cmフルレンジ 『FE83NV』用バックホーン箱 落札

公開日: : 最終更新日:2019/09/01 オーディオ

作者の junichitanzawa さんから落札。

試用されたもののようでユニットの取り付け穴が開いているため安かったです。2本で 2300円+送料。

これは FOSTEX 8cmフルレンジ『FE83NV』向けのバックロードホーン型スピーカーボックスで、雑誌「MJ(無線と実験)」9月号に掲載されたものということです。小澤隆久先生の設計でしょうか。

写真のとおり、空気室のないバックロードホーンということで、バックキャビティレス・バックロードホーン型です。ロードのかからないバックホーンですね。

最初の音道には指定のろ過フィルターが入れてあります。トランスミッションライン風ではなく、共鳴管用の吸音材の詰め方ですね。

12mmのMDF材使用で、サイズ=110mm幅×424mm高×330mm奥行とのことです。ホーン長は約 1.2mくらいかな。基本共鳴周波数は 70Hz くらいでしょうか。

ホーン開口部にダクトをつけやすい構造です。ダクト付加でさらに低音を伸ばせるかもしれません。

バッフル開口 73mmなので、高価なFE83NV よりは安価で音の良い OM-MF519 を入れたくなりますね。

FE83NV 用とはいえ、純粋なバックロードではなく共鳴管により近いとすればあまりユニットを選ばないのではないでしょうか。

となると、現在バッフル開口 73mmのユニットで音が最もよい下の OM-MF519 を使ったほうがベターでしょうしね。

###

関連記事

TangBand W3-871SC+バスレフ箱

ユニット W3-871SC が来ました。フレームが円形になっている以外は TangBand 

記事を読む

高槻遠隔画像診断センターの応接室

高槻遠隔画像診断センターの応接室の一角です。 ごちゃこちゃしていますが、DVDプレーヤー+

記事を読む

PCスピーカー Altec Lansing ACS41

  * 大昔、伊東美咲が無名時代に Gateway というパソコンメーカーの

記事を読む

Sansui AU-α607 MOS Premium 消費電力

電源がしっかりしており、重量は 18.8kg もあるアンプですが、最大出力は 45W+45W

記事を読む

本日の狩り 2012-5-21

* モンハンのことではありません。 本日は昼食に西大津にでかけました。 いつもの巡回コースで

記事を読む

Tannnoy Fusion1 (Mercury F1)

Tannnoy Fusion1 (Mercury F1) 高槻遠隔画像診断センターに置いて

記事を読む

7回目の祇園

* 昨日は実は急に祇園でK先生と飲むことになりました。 いつものお茶屋の祇園 松八重 さんの

記事を読む

内容積 14リットル、ダクト共振周波数 58Hz のバスレフ箱が余っている問題

現在、内容積 14リットル、ダクト共振周波数 58Hz のバスレフ箱が余っている(以前に Alpai

記事を読む

SA/F80AMG 自作スピーカーの音

  SA/F80AMG というユニットは 8cmフルレンジ。 アルミ・マグネシ

記事を読む

スピーカーの低音について

私はチェロの曲が好きなので、スピーカーを作るときはチェロの最低音の 65Hzまでの再生を一応の目標と

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ガチ速FX / 及川圭哉 (2)

ガチ速FX 27分で256万を稼いだ“鬼デイトレ”

ガチ速FX / 及川圭哉

ガチ速FX 27分で256万を稼いだ“鬼デイトレ"

オオクワ用菌糸ビン粗粒子混合1100cc

菌糸ビン粗粒子混合1100cc

FXのチャートがみるみるわかる本

めちゃくちゃ売れてるマネー誌ZAiが作った FXの

OM-MF5 を共鳴管ボックスにセット

今までダブルバスレフで使っていたマークオーディオ製フルレンジユ

→もっと見る

PAGE TOP ↑