*

日本語の勘どころ―あなたが気づかない誤解・誤用の発見 / 大野透

公開日: : 最終更新日:2021/11/28 読書

★★★☆☆

本棚を見ていると大昔に買った本が目に付き、そのまま読んでしまいました。

1978年発行の本です。祥伝社の NON BOOK という新書判。

日本語の誤用をパターン別に分けて解説している本です。体系的に説明されているので、非常に理解しやすいです。

著者の大野透氏は原子物理学を東大で学んでから日本語の研鑽をして、言語研究所というところを主催している人だそう。

もともと理系の人だからか説明の方法がシステマティックな印象。

という漢字の原義は「日当たりのよい高台」。

阝(こざとへん)がついているので、もともとは土地を表すのですね。

というのは、阝(こざとへん)の元の字は「阜」で、つまり岡(丘)のことですから。

「日当たりのよい高台」の意味の漢字が太陽を表すように変化していったということです。

登竜門という門がある」という誤解について。

竜門というのは中国にある地名だそう。

2つの山の間に3つの急流がある地形で、ここを魚が登るのはたいへんだ(もし登れたらすごい魚だ)ということから、「竜門を登る」ことを登竜門と呼んだとか。

「竜門を登る」という意味の登竜門という言葉(動詞+目的語)はあっても、登竜門という名詞(そういう名前の門)はないということですね。

なにかのマンガで登竜門という額のかかった門が描かれていたような記憶が・・・ああ、はずかしい。

同じ大野でも学習院大学の大野晋氏(故人)のほうがこの著者より有名ですが、その大野晋氏は福田良輔氏(故人、元 九州大学名誉教授)の学説をそのままパクって岩波新書『日本語の起源』を書いたとこの本で非難しています。

それでも言語学の学会では許されているのはおかしい(理系の学会では許されない)とも書いてあります。

その頃の言語学会の重鎮たちも当たり前にパクりをやっていたので大野晋を処分できなかったのでしょうか。歌舞伎界の隠し子問題、TV局でのポロデューサーのキックバック問題も同じ図式?

まあ、他人の説をまるまるパクって新書を書いたり番組を作ったリするのは最近でもよくあることですが・・・イ・ケの上はア・クです(池上は悪です)。

など本題以外の部分も結構面白く読めました。

###

関連記事

古代史を解く九つの謎 / 黒岩 重吾

古代史を解く九つの謎 (PHP文庫) 黒岩 重吾 PHP研究所 2003-11

記事を読む

応仁の乱 – 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書) / 呉座 勇一

応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書) 呉座 勇一 中央公論新社 20

記事を読む

勝ち組トレーダーの売買に相乗り! はじめての「FX」 ソーシャルトレード入門 / 向山勇

★★★☆☆ ソーシャルトレードの代表 ZuluTrade についての本。 Zul

記事を読む

仕事と人生を激変させるなら99.9%アウトプットを先にしなさい / 金川顕教

★★★☆☆ 5章あるうちの最初の2章だけでいいと思います。 ようは日本人はインプ

記事を読む

韓国人による沈韓論 / シンシアリー

韓国人による沈韓論 (扶桑社新書) シンシアリー 扶桑社 2014-08-31

記事を読む

東京帝大教授が教えるお金・仕事に満足し、人の信頼を得る法 / 本多静六(1)

★★★☆☆ 渋沢栄一の私的な相談役も務めた明治から昭和を生きたスーパーマンである本多静

記事を読む

すべての美人は名探偵である / 鯨 統一郎

すべての美人は名探偵である (光文社文庫) 鯨 統一郎 光文社 2007-12

記事を読む

シンプルFX / 西原宏一

★★☆☆☆(読み物としてはいいかも) 3年以上前から持っている FX 関連の本を読み直

記事を読む

テリー&中谷の人生のツボ / テリー伊藤 中谷彰宏

テリー&中谷の人生のツボ (王様文庫) テリー伊藤 中谷 彰宏

記事を読む

三国志のいまさら聞けない大疑問

いまさら聞けない三国志の大疑問 おもしろ中国史学会 by G-T

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

【FX】Fintokei チャレンジ 7日め

現在わたしはプロップファームの Fintokei にチャレンジ中です。

PT3 アースソフト 4番組同時録画チューナー

11年前の記事「PT3 アースソフト 4番組同時録画 コピーフリーチュ

【FX】 Dead Zone Scalper という EA

昨日の記事「【FX】Fintokei に適する EA」の続きです。

【FX】Fintokei に適する EA

Fintokei のように含み損を最重視する場で使用するのは、やはりナ

【FX】2024年5月第1,2,3週総括

以前の記事「【FX】2024年5月第1,2週総括」の続きです。

→もっと見る

  • アクセスカウンター
PAGE TOP ↑