*

三浦半島記 街道をゆく 42 / 司馬遼太郎 (2)

公開日: : 読書

街道をゆく (42) (朝日文庫) 街道をゆく (42) (朝日文庫)
司馬 遼太郎
朝日新聞社 1997-12-01
売り上げランキング : 134274
Amazonで詳しく見る by G-Tools

★★★☆☆

昨日の記事の続きです。

ミッドウェー海戦

昭和17年6月のミッドウェー海戦について書いてあります。

ミッドウェーとは中部太平洋にある2つのサンゴ礁(環礁)で、アメリカが基地をつくっていました。今の南シナ海で中国がやっているのと似たことをやっていたわけです(だいぶ違う点もあるが)。

凡将 山本五十六はあまり戦略的意味のないここを攻めることにしましたが、その情報はアメリカに筒抜け。

なにせ呉軍港の床屋さんまで「今度はミッドウェーだそうですね」と軍人の客と話していたというわけで、アメリカは暗号を解読するまでもなく(すでに暗号は解読されていたが)事前に知っていたのです。

日本軍は索敵行動もせずに(相手の戦力がどこにどれくらい展開しているかも知らずに)長躯ミッドウェーに向かい大敗しました。

空母が艦載機を吐き出す途中、上空から急降下してきた戦闘機からの爆弾の直撃を受け、艦載機の燃料にも引火して撃沈。

制空権を支配できずに残りの戦艦も空中からの攻撃で大破。

実際の戦力は日本の方が3倍近く上回っていたのに、何も知らないままノコノコと飛んで火に入る夏の虫。

なぜこんなに迂闊だったかというと、山本五十六が凡将であったこと以外に、日本国民全員が浮かれていたということが大きいのではないでしょうか。

軍人が浮かれるのは弁護のしようがありませんが、国民が浮かれていたのは大部分がマスコミ(朝日新聞など)の責任と言えますね。

ちょっとでも弱気を見せると国民から攻撃されるので、軍も威勢のいいことを言い、一発大勝利を狙うようになるわけです(まあ、今の韓国大統領みたいな立場でしょうか)。

この戦いで大敗してようやく兜の緒を締めるわけですが、艦隊の多くを失ってしまったため、あとは必敗の道を行くしかなかったのですね。

まあ、最初の真珠湾攻撃も作戦的には愚の骨頂で、フィリピンのアメリカ艦隊を南シナ海で迎え撃つのが最良のシナリオでしたね。

あるいはウラジオストクを攻撃して占拠または海上封鎖するかくらいでよかったかも。

###

関連記事

日本人はいつ日本が好きになったのか (PHP新書) / 竹田 恒泰

日本人はいつ日本が好きになったのか (PHP新書) 竹田 恒泰 PHP研究所 2

記事を読む

日本は世界1位の政府資産大国 / 髙橋洋一

日本は世界1位の政府資産大国 (講談社+α新書) 高橋 洋一 講談社 2013-

記事を読む

JAZZウルトラ・ガイド―とことん楽しむ7つのステップ / 小川 隆夫

JAZZウルトラ・ガイド―とことん楽しむ7つのステップ (平凡社新書) 小川

記事を読む

「無駄な抵抗はよせ」はよせ / 日垣 隆

「無駄な抵抗はよせ」はよせ (WAC BUNKO) 日垣 隆 ワック 2009

記事を読む

ヒルズな人たち―IT業界ビックリ紳士録 / 佐々木 俊尚

ヒルズな人たち―IT業界ビックリ紳士録 佐々木 俊尚 小学館 2005-04

記事を読む

ここまでは誰でもやる

ここまでは誰でもやる ここまでは誰でもやる―一流のサービスを知る60の具体例

記事を読む

最強のファイナンス理論 (講談社現代新書) / 真壁 昭夫

最強のファイナンス理論 (講談社現代新書)真壁 昭夫 講談社 2003-02-1

記事を読む

日本経済の復活術 アップルVSサムスンから読み解く日本企業の戦略 / 渡邉哲也

日本経済の復活術 アップルVSサムスンから読み解く日本企業の戦略 (オークラNE

記事を読む

鉄の旋律 / 手塚治虫

鉄の旋律―The best 3 stories by Osamu Tezuka

記事を読む

できるかなリターンズ / 西原 理恵子

できるかなリターンズ できるかなリターンズ (SPA! comics) 西原

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PLANEX ハイパワー無線LANルータ MZK-W300NH2 突然死

PLANEX 11n/b/g 300Mbps ハイパワ

中国で嫌韓がやまない

THAAD 報復にタンを発した中国国内での嫌韓が進んでいるよう

【ヤフオク】『綾錦織・狗の児(こまのこ)』 西陣綾錦織 額飾り

1000円+送料で落札。 専用箱に入って届きました。

【ヤフオク】青い花びん シルクスクリーン 吉岡浩太郎

吉岡浩太郎さんの「青い花びん」というシルクスクリーン版画です。

歴史の零れもの (光文社文庫) / 司馬 遼太郎

歴史の零れもの (光文社文庫) 司馬 遼太郎 日本ペ

→もっと見る

PAGE TOP ↑