*

三浦半島記 街道をゆく 42 / 司馬遼太郎 (2)

公開日: : 読書

街道をゆく (42) (朝日文庫) 街道をゆく (42) (朝日文庫)
司馬 遼太郎
朝日新聞社 1997-12-01
売り上げランキング : 134274
Amazonで詳しく見る by G-Tools

★★★☆☆

昨日の記事の続きです。

ミッドウェー海戦

昭和17年6月のミッドウェー海戦について書いてあります。

ミッドウェーとは中部太平洋にある2つのサンゴ礁(環礁)で、アメリカが基地をつくっていました。今の南シナ海で中国がやっているのと似たことをやっていたわけです(だいぶ違う点もあるが)。

凡将 山本五十六はあまり戦略的意味のないここを攻めることにしましたが、その情報はアメリカに筒抜け。

なにせ呉軍港の床屋さんまで「今度はミッドウェーだそうですね」と軍人の客と話していたというわけで、アメリカは暗号を解読するまでもなく(すでに暗号は解読されていたが)事前に知っていたのです。

日本軍は索敵行動もせずに(相手の戦力がどこにどれくらい展開しているかも知らずに)長躯ミッドウェーに向かい大敗しました。

空母が艦載機を吐き出す途中、上空から急降下してきた戦闘機からの爆弾の直撃を受け、艦載機の燃料にも引火して撃沈。

制空権を支配できずに残りの戦艦も空中からの攻撃で大破。

実際の戦力は日本の方が3倍近く上回っていたのに、何も知らないままノコノコと飛んで火に入る夏の虫。

なぜこんなに迂闊だったかというと、山本五十六が凡将であったこと以外に、日本国民全員が浮かれていたということが大きいのではないでしょうか。

軍人が浮かれるのは弁護のしようがありませんが、国民が浮かれていたのは大部分がマスコミ(朝日新聞など)の責任と言えますね。

ちょっとでも弱気を見せると国民から攻撃されるので、軍も威勢のいいことを言い、一発大勝利を狙うようになるわけです(まあ、今の韓国大統領みたいな立場でしょうか)。

この戦いで大敗してようやく兜の緒を締めるわけですが、艦隊の多くを失ってしまったため、あとは必敗の道を行くしかなかったのですね。

まあ、最初の真珠湾攻撃も作戦的には愚の骨頂で、フィリピンのアメリカ艦隊を南シナ海で迎え撃つのが最良のシナリオでしたね。

あるいはウラジオストクを攻撃して占拠または海上封鎖するかくらいでよかったかも。

###

関連記事

実戦!問題解決法 / 大前研一 斎藤顕一

実戦!問題解決法 大前 研一 斎藤 顕一 小学館 2003-05-24 売り上

記事を読む

キミがこの本を買ったワケ / 指南役

キミがこの本を買ったワケ (扶桑社文庫) 指南役 扶桑社 2010-03-0

記事を読む

知らないと恥をかく世界の大問題 / 池上 彰

知らないと恥をかく世界の大問題 (角川SSC新書) 池上 彰 角川SSコミュ

記事を読む

信長の変貌 / 鯨 統一郎 みなづきふたご

信長の変貌 鯨 統一郎 みなづき ふたご(漫画) PHP研究所 200

記事を読む

ギリギリまで動けない君の背中を押す言葉 / 千田琢哉(2)

ギリギリまで動けない君の背中を押す言葉 千田 琢哉 日本実業出版社 2011-1

記事を読む

日本史 怖くて不思議な出来事 / 中江 克己

日本史 怖くて不思議な出来事 (PHP文庫) 中江 克己 PHP研究所 199

記事を読む

【読了】おしかくさま / 谷川直子

おしかくさま 谷川 直子   河出書房新社 2012-11-09

記事を読む

最速SEO / 芳川 充

「最速」SEO ~たった28日で上位表示する驚速ビジネスサイト構築術~ (デジタ

記事を読む

魔法の時間を作る50のヒント

魔法の時間を作る50のヒント 中谷 彰宏 三笠書房 1998-02

記事を読む

プロフェッショナル・アフィリエイトへの道―あなたが稼げない理由教えます / 森田 慶子

プロフェッショナル・アフィリエイトへの道―あなたが稼げない理由教えます 森田

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

iCustomで変幻自在のメタトレーダー / ウエストビレッジインベストメント株式会社

iCustom(アイカスタム)で変幻自在のメタトレ

[FX] ADXクロスをエントリに利用したシステム

以前、Average Directonal Movement Inde

デイトレード大学 / 岡本治郎

デイトレード大学―トレーディングで生活する!基礎か

[FX] 自動売買始めました (2)

前回の記事「 自動売買始めました」の続きです。 本日オフィスから

[FX] 自動売買始めました

昨週より新たに FXTF さんに別の FX 口座を開き、自作の自動売買

→もっと見る

PAGE TOP ↑