*

スーチー女史は善人か / 高山 正之

公開日: : 最終更新日:2019/01/26 読書

変見自在 スーチー女史は善人か (新潮文庫)
高山 正之
新潮社 (2011-08-28)
売り上げランキング: 117,368

★★★☆☆

週刊新潮に連載されている高山正之さんの辛口コラム「変見自在」の 2005年3月から2006年5月分をまとめたもの。

そのうちの1章「アウンサン・スーチーは善人か」の内容をご紹介。

ミャンマー(旧ビルマ)はビルマ人の単一民族国家であったが、19世紀に征服した英国はいつものように民族同士を戦わせるべく、インド人、華僑を引き入れて金融と商業をやらせ、山岳民族(モン・カチン)を引き入れて軍と警察をやらせ、ビルマ人を圧迫した。

第二次世界大戦後に英国が去ってからビルマ人の首相は鎖国し、最貧国に落ちた。徳政令も何度もやった。国から印僑と華僑を自主的に出て行かせるために。

モン・カチンの両民族にはとどまってもらい、国の名前も自分たちの民族名「ビルマ」に拘泥せずにミャンマーに変更し、平和的な多民族国家として再出発することにした。

スーチーはイギリスが送り込んだ。亡くなった夫は英国の諜報部員。

英国の指示か、スーチーは反体制派(ビルマ人、モン人、カチン人)を扇動し彼らを糾合して政権を奪取した。

20年間も幽閉されていたと日本の新聞は書くが、湖畔に立つ優雅な大豪邸でゆるーい軟禁状態だっただけ。

政権をにぎって早速ロヒンギャを迫害するなど DQN のパープー女。

さて、混乱を起こして旧宗主国の影響力を復活させたい英国の陰謀は成功するのか。

日本の新聞を読んでいると全くコトの本質がつかめませんが、この本(というか「変見自在」シリーズ)を読むと世界の裏の裏である醜い姿までがよくわかります。

関連記事

 

###

関連記事

宝くじで1億円当たった人の末路 / 鈴木信行

宝くじで1億円当たった人の末路 鈴木 信行 日経BP社 2017-03-25

記事を読む

嘘だらけの日米近現代史 (扶桑社新書) / 倉山 満

嘘だらけの日米近現代史 (扶桑社新書) 倉山 満 扶桑社 2012-09-01

記事を読む

記憶を確実なものにしてくれる IT ツールを一挙に紹介してくれる本

仕事脳を強化する記憶HACKS(ハック) ~ITツールを駆使して”第2の脳”

記事を読む

2020年の教科書(10年後も必要とされる人材になる方法) / 菅下清廣

2020年の教科書(10年後も必要とされる人材になる方法) (フォレスト2545

記事を読む

ドル凋落 ―アメリカは破産するのか / 三橋 貴明

ドル凋落 ―アメリカは破産するのか (宝島社新書 309) 三橋 貴明 宝島社

記事を読む

株が上がっても下がってもしっかり稼ぐ投資のルール―バイ・アンド・ホールドを超えて / 太田 忠

株が上がっても下がってもしっかり稼ぐ投資のルール―バイ・アンド・ホールドを超

記事を読む

今宵、バーで謎解きを (カッパ・ノベルス) / 鯨統 一郎

今宵、バーで謎解きを (カッパ・ノベルス) 鯨統 一郎 光文社 2010-0

記事を読む

7年以内に最低一億円の個人資産をつくる ㊙資産形成術 / マイケル・マスターソン

7年以内に最低一億円の個人資産をつくる ㊙資産形成術 マイケル・マスターソン ダ

記事を読む

世界遺産・秘められた英雄伝説 / 平川 陽一

世界遺産・秘められた英雄伝説―遺跡・建造物が語りかける「壮大なドラマ」 (PHP

記事を読む

ビジネス書

* 最近のビジネス書の中身を要約したサイトを見つけました。 >  本日の選書 最近は

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ザ・ ビバシャス・ワン / アン・マーグレット

THE VIVACIOUS ONE ザ・ ビバシャ

ロジャース、頭大丈夫か?

記事>「統一韓国は機会の地…日本に行った若者は韓国に戻るべき」

ニューヨーク州立大ケルトン教授が異端?

ウソの新聞朝日新聞DIGITAL の記事「異端の経済理論、日米で論争

LUPIN THE THIRD~ the Last Job~

LUPIN THE THIRD~ the Last

グラフィックイコライザーについて

昔、Victor のグラフィックイコライザー SEA-70 と

→もっと見る

PAGE TOP ↑