*

スーチー女史は善人か / 高山 正之

公開日: : 最終更新日:2019/01/26 読書

変見自在 スーチー女史は善人か (新潮文庫)
高山 正之
新潮社 (2011-08-28)
売り上げランキング: 117,368

★★★☆☆

週刊新潮に連載されている高山正之さんの辛口コラム「変見自在」の 2005年3月から2006年5月分をまとめたもの。

そのうちの1章「アウンサン・スーチーは善人か」の内容をご紹介。

ミャンマー(旧ビルマ)はビルマ人の単一民族国家であったが、19世紀に征服した英国はいつものように民族同士を戦わせるべく、インド人、華僑を引き入れて金融と商業をやらせ、山岳民族(モン・カチン)を引き入れて軍と警察をやらせ、ビルマ人を圧迫した。

第二次世界大戦後に英国が去ってからビルマ人の首相は鎖国し、最貧国に落ちた。徳政令も何度もやった。国から印僑と華僑を自主的に出て行かせるために。

モン・カチンの両民族にはとどまってもらい、国の名前も自分たちの民族名「ビルマ」に拘泥せずにミャンマーに変更し、平和的な多民族国家として再出発することにした。

スーチーはイギリスが送り込んだ。亡くなった夫は英国の諜報部員。

英国の指示か、スーチーは反体制派(ビルマ人、モン人、カチン人)を扇動し彼らを糾合して政権を奪取した。

20年間も幽閉されていたと日本の新聞は書くが、湖畔に立つ優雅な大豪邸でゆるーい軟禁状態だっただけ。

政権をにぎって早速ロヒンギャを迫害するなど DQN のパープー女。

さて、混乱を起こして旧宗主国の影響力を復活させたい英国の陰謀は成功するのか。

日本の新聞を読んでいると全くコトの本質がつかめませんが、この本(というか「変見自在」シリーズ)を読むと世界の裏の裏である醜い姿までがよくわかります。

関連記事

 

###

関連記事

タイタニア4 ;烈風篇 / 田中芳樹 22年ぶりの新作

タイタニア4<烈風篇> (講談社ノベルス) 田中 芳樹 講談社

記事を読む

なぜあの人は楽しみながら儲かるのか / 中谷 彰宏

なぜあの人は楽しみながら儲かるのか―好きなことを仕事にする52の方法 (ぶんか社

記事を読む

「民」食う人びと

「民」食う人びと 「民」食う人びと―新・日本官僚白書 佐高 信 by

記事を読む

成功体質になる50の方法 / 中谷 彰宏

成功体質になる50の方法 成功体質になる50の方法 中谷 彰宏

記事を読む

闇の太守 / 山田 正紀

闇の太守 (講談社文庫) 山田 正紀 講談社 1987-08 売り上げランキン

記事を読む

情報の「目利き」になる!―メディア・リテラシーを高めるQ&A (ちくま新書) / 日垣 隆

情報の「目利き」になる!―メディア・リテラシーを高めるQ&A (ちくま新書)

記事を読む

街道をゆく〈4〉洛北諸道ほか / 司馬 遼太郎 (2)

街道をゆく〈4〉洛北諸道ほか (1978年) 司馬 遼太郎 朝日新聞社 1978

記事を読む

文房具を楽しく使う(ノート・手帳篇) / 和田 哲哉

文房具を楽しく使う(ノート・手帳篇) 和田 哲哉 by G-To

記事を読む

日本の未来、ほんとは明るい! / 三橋貴明

日本の未来、ほんとは明るい! (WAC BUNKO) 三橋貴明 ワック 201

記事を読む

変見自在 オバマ大統領は黒人か / 高山正之

変見自在 オバマ大統領は黒人か (新潮文庫) posted with amaz

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑