*

スーチー女史は善人か / 高山 正之

公開日: : 最終更新日:2019/01/26 読書

変見自在 スーチー女史は善人か (新潮文庫)
高山 正之
新潮社 (2011-08-28)
売り上げランキング: 117,368

★★★☆☆

週刊新潮に連載されている高山正之さんの辛口コラム「変見自在」の 2005年3月から2006年5月分をまとめたもの。

そのうちの1章「アウンサン・スーチーは善人か」の内容をご紹介。

ミャンマー(旧ビルマ)はビルマ人の単一民族国家であったが、19世紀に征服した英国はいつものように民族同士を戦わせるべく、インド人、華僑を引き入れて金融と商業をやらせ、山岳民族(モン・カチン)を引き入れて軍と警察をやらせ、ビルマ人を圧迫した。

第二次世界大戦後に英国が去ってからビルマ人の首相は鎖国し、最貧国に落ちた。徳政令も何度もやった。国から印僑と華僑を自主的に出て行かせるために。

モン・カチンの両民族にはとどまってもらい、国の名前も自分たちの民族名「ビルマ」に拘泥せずにミャンマーに変更し、平和的な多民族国家として再出発することにした。

スーチーはイギリスが送り込んだ。亡くなった夫は英国の諜報部員。

英国の指示か、スーチーは反体制派(ビルマ人、モン人、カチン人)を扇動し彼らを糾合して政権を奪取した。

20年間も幽閉されていたと日本の新聞は書くが、湖畔に立つ優雅な大豪邸でゆるーい軟禁状態だっただけ。

政権をにぎって早速ロヒンギャを迫害するなど DQN のパープー女。

さて、混乱を起こして旧宗主国の影響力を復活させたい英国の陰謀は成功するのか。

日本の新聞を読んでいると全くコトの本質がつかめませんが、この本(というか「変見自在」シリーズ)を読むと世界の裏の裏である醜い姿までがよくわかります。

関連記事

 

###

関連記事

誰も知らなかった皇帝たちの中国 / 岡田英弘

誰も知らなかった皇帝たちの中国 (WAC BUNKO) posted with

記事を読む

思考・発想にパソコンを使うな / 増田 剛己

思考・発想にパソコンを使うな (幻冬舎新書) 増田 剛己 幻冬舎 2009-0

記事を読む

本当は恐ろしい江戸時代

本当は恐ろしい江戸時代 (SB新書) posted with amazlet

記事を読む

大いなる回帰 / 星野 之宣

大いなる回帰 (MF文庫) 星野 之宣 メディアファクトリー 2005-04

記事を読む

手帳300%活用術 / 日本能率協会マネジメントセンター

手帳300%活用術 日本能率協会マネジメントセンター 日本能率協会マネジメント

記事を読む

海洋危険生物―沖縄の浜辺から (文春新書) / 小林照幸

海洋危険生物―沖縄の浜辺から (文春新書) 小林 照幸 文藝春秋 2002-02

記事を読む

すっきりわかった!Web技術―HTTPからセキュリティ対策、SEOまで (NETWORK MAGAZINE BOOKS) / ネットワークマガジン編集部

  すっきりわかった!Web技術―HTTPからセキュリティ対策、SEOま

記事を読む

外から自宅のパソコンの電源を入れて使う本―ネットワークを経由して外からサクサクパソコン操作 / 大槻 有一郎

外から自宅のパソコンの電源を入れて使う本―ネットワークを経由して外からサクサクパ

記事を読む

へんな虫はすごい虫 / 安富 和男

へんな虫はすごい虫―もう"虫けら"とは呼ばせない! (ブルーバックス)安富 和男

記事を読む

営業脳をつくる! 和田式「営業マン特別予備校」5日間トレーニング / 和田 裕美

営業脳をつくる! 和田式「営業マン特別予備校」5日間トレーニング 和田 裕美

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Instruments of Peace / Singh Kaur Soundings Ensemble

Instruments of Peace pos

【謎の円盤】ブラームス交響曲第4番・悲劇的序曲・大学祝典序曲 ワルター&コロンビア交響楽団

ほぼ 4年に一度企画されるソニーの「Best Classics

【FX】アンディさんのリアルタイム雲 (3)

最強の「FX理論」を君たちに教えたい poste

【謎の円盤】 バーンスタイン指揮名演集(西独輸入盤)

★★★☆☆ CD番号 431048-2。 ドイツグ

ダブルバスレフ箱に OM-MF519 を移植

本日、マークオーディオ製フルレbジユニット OM-MF5 を入れていた

→もっと見る

PAGE TOP ↑