*

逆説の世界史 1 古代エジプトと中華帝国の興廃 / 井沢元彦

公開日: : 読書

逆説の世界史 1 古代エジプトと中華帝国の興廃 (小学館文庫)
井沢 元彦
小学館 (2019-09-06)
売り上げランキング: 6,063

★★★☆☆

逆説の日本史」シリーズはほぼ全巻読んでしまいましたが、今度は世界史。

宇宙人の視点で世界史を見るとどうなるかというテーマがおもしろい。

第一巻は古代エジプトと中国。

エジプト

エジプトの章では、ピラミッドは墓でないこと、ファラオの魂を来世に送る宗教装置であるらしいこと、ヒエログリフは象形文字(表意文字)ではなく表音文字であること、ピラミッドの建築技法をヒエログリフで示さなかったのはわざと秘匿したため、などが推示されています。

ヒエログリフが表音文字だったとは迂闊にも知りませんでした。どう見ても表意文字ですもんね。

アルファベットの Aもアレフと言う雄牛の頭を簡略化した象形文字からきているので、そう言われればそう不思議ではないわけです。

シナ

シナは明の時代まで世界最高を誇っていた文明がその後最高位から転げ落ちて清の時代には列強に蚕食されるまでに落ちぶれたのはなぜなのかについての考察が主題となっています。

靖康の変という歴史的事実が、朱子学による頑迷固陋化を促進し、祖法を重視し革新を否定したからというのが答えですね。

朱子学というのは来世、天国、地獄を否定し、現世しか考えていません。不老長寿は望むが、彼らに「そんなことをしたら地獄に堕ちるぞ」という脅しは効きません。

朱子学の世界では士農工商という枠組みがあり、商人は最下層。

商業は彼らにとってもともと悪行(悪業)なので商業倫理などはありません。売り物に毒が含まれようが、工場から公害を垂れ流そうが、儲かればいいわけです。

とまあ、他にも示唆されることがいろいろ。

よくまとまった本であり、とても参考になります。

###

関連記事

月に吠えろ!―萩原朔太郎の事件簿 / 鯨 統一郎

月に吠えろ!―萩原朔太郎の事件簿 (徳間文庫) 鯨 統一郎 徳間書店 200

記事を読む

BOOKSCAN 2回目完了

* 本を裁断してスキャナで読みとってデジタル化する、いわゆる「自炊」ですが、自炊代行業の BO

記事を読む

歴史から考える 日本の危機管理は、ここが甘い 「まさか」というシナリオ (光文社新書) / 上念 司

歴史から考える 日本の危機管理は、ここが甘い 「まさか」というシナリオ (光文社

記事を読む

売るならだんごか宝石か / 林 總

読書:売るならだんごか宝石か 売るならだんごか宝石か (ベスト新書) 林 總

記事を読む

読書は1冊のノートにまとめなさい / 奥野宣之

2011.3.27(日)    「読書は1冊のノートにまとめなさい」を読了。

記事を読む

唐沢先生の雑学授業

唐沢先生の雑学授業 唐沢先生の雑学授業 (二見文庫) 唐沢 俊一 おぐり ゆか

記事を読む

仕事消滅 AIの時代を生き抜くために、いま私たちにできること (講談社+α新書) / 鈴木貴博

仕事消滅 AIの時代を生き抜くために、いま私たちにできること (講談社+α新書)

記事を読む

文房具を楽しく使う(ノート・手帳篇) / 和田 哲哉

文房具を楽しく使う(ノート・手帳篇) 和田 哲哉 by G-To

記事を読む

悪の三国志―スターリン・毛沢東・金日成 / 茅沢 勤

悪の三国志―スターリン・毛沢東・金日成 (講談社プラスアルファ新書) 茅沢 勤

記事を読む

私の財産告白 / 本多 静六

私の財産告白 本多 静六 実業之日本社 2005-07-10 売り上げラン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

映像研には手を出すな(アニメ)

「映像研には手を出すな」という NHK のアニメが面白くなってきました

陰謀の日本中世史 / 呉座勇一 (3)

「陰謀の日本中世史 / 呉座勇一 (2)」の続きです。 本能寺の

FX予測のプロフェッショナルがついに書いた!FX7つの成功法則 / 吉田 恒

FX予測のプロフェッショナルがついに書いた!FX7

陰謀の日本中世史 / 呉座勇一 (2)

「陰謀の日本中世史 / 呉座勇一 」の続きですが、同じ著者の手になる『

コロナウィルス騒動

昨年末くらいからウワサになっていたコロナウィルス騒動ですが、毎日いろん

→もっと見る

PAGE TOP ↑