*

OM-MF5 ダブルバスレフスピーカー完成

公開日: : オーディオ

 

以前の記事「【ヤフオク】OM-MF5用ダブルバスレフ型スピーカーボックス 落札」の続きです。

7000円+送料(ペア)で落札した組み立て済みダブルバスレフボックスに 2018年7月発売の OMTOMO MOOK(Stereo別冊)付録の MarkAudio 8cmフルレンジ「OM-MF5」を組み込みました。

同誌にて紹介されたスコット・リンドグレン氏設計の箱です(下が寸法図)。

材料は 12mm厚MDF。

サイズは 126mm幅×736mm高×152mm奥行。バッフル開口=73mm(70mmだときついです)。

ダクトは第1、第2ともに 102×13×12mm(実際はダクトではなくスリットだけなので長さは板厚の 12mm)。

Fb=80Hz とのことです。

聴いてみると、今までの付録ユニットの中で最高

ユニット自体が高域は伸びているし、低域も量感があるので当然です。

この場合の低域はベースやドラムなどの関係する 100-150Hz のことですが、ダブルバスレフエンクロージャーの威力で、さらにその下の領域も感じられます。

中域はややおとなしい印象ですが、ヴォーカルも悪くありません。

バスレフ箱に入れている Alpair6 や CHR-70(ともにマークオーディオ製)もダブルバスレフの箱に入れ替えたくなってきますねぇ。

###

関連記事

作りやすい高音質スピーカー: 測定とシミュレーションで高性能を徹底追及 / 小澤隆久

  作りやすい高音質スピーカー: 測定とシミュレーションで高性能を徹

記事を読む

Tannnoy Fusion1 (Mercury F1)

Tannnoy Fusion1 (Mercury F1) 高槻遠隔画像診断センターに置いて

記事を読む

RX2 のカラバリ

RX2 カラバリ  日本のスピーカーって塗装つまり色が一種類しかないことが多いのですが、イギリ

記事を読む

Technics SU-A900 アンプ落札

久々に落札。 程度がいいということで、高めの 9050円(定価の 12%)で落札。

記事を読む

デジタルアンプ ステレオ誌

stereo (ステレオ) 2012年 1月号 音楽之友社 2011-1

記事を読む

今年はバックロードホーン! Stereo 付録のスピーカー(2015年8月号)

やって来ました、自作の夏が。 毎年訪れる・・・雑誌Stereoは8月号が”自作特集”なんです。

記事を読む

DENON SC-E252

SC-E252[/caption] * ヤフオクでゲット。3600円でした。当時6

記事を読む

ONTOMO Shop でセール開催中

音楽之友社のやっているオンラインショップ ONTOMO Shop で 9/10 までセールをやってい

記事を読む

SA/F80AMG 自作スピーカー

  机の上に置いて仕事中に聴くため、耳から 1m以内にあります。 このため低域過多では具合が

記事を読む

サンスイのパワーアンプダイレクト端子

* サンスイのプリメインアンプでよく見かける「パワーアンプダイレクト端子」は一般的なそれと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑