*

中国崩壊で日本はこうなる / 宮崎正弘、大竹愼一、加藤鉱

公開日: : 読書

中国崩壊で日本はこうなる
宮崎 正弘 大竹 愼一 加藤 鉱
李白社
売り上げランキング: 466,783

★★★☆☆

2015年1月の本。

大竹氏は知らない人だが、ファンドマネージャーらしい。この人の意見は今ひとつ根拠がわからないところがある。

この人に限らずファンドマネージャーの経験ってあんまり普遍性がないと思います(結局のところ後付け、こじつけが多い)。

加藤鉱氏の著作も読んだことはないが、この本ではオブザーバー的存在。

内容は中国の歪んだ経済について一通り解説しており、なかなか読みやすい。

ちょっとおもしろいなと 思ったのは、習近平以外にも中国国民(貧しい者のほとんど)が毛沢東時代への回帰願望を持っているということ。貧富の差のある発展した状態よりみんなが等しく貧乏な状態のほうがいいと思っているそう。

でも大乱が起きて今度は自分がのし上がることも望んでいるという二律背反性を持っている人が多いとか。

平和的に「みんな貧乏な国」に戻ってくれるのが、周辺国の望みなのですけれど。

関連記事

###

関連記事

理系思考 / 元村有希子

理系思考 元村 有希子 毎日新聞社 2007-10-27 売り上げランキン

記事を読む

読むクスリ〈26〉 / 上前 淳一郎

読むクスリ〈26〉 (文春文庫) 上前 淳一郎 文藝春秋 1999-12 売り

記事を読む

ウルトラマン研究序説

ウルトラマン研究序説―若手学者25人がまじめ分析 科学特捜隊の組織・技術戦略を検

記事を読む

80対20のセールスシステム(2) / ペリー・マーシャル

★★★★★ 前回、「80対20のセールスシステム / ペリー・マーシャル」という記事で少し

記事を読む

日本の武器で滅びる中華人民共和国 (講談社+α新書) / 兵頭二十八

日本の武器で滅びる中華人民共和国 (講談社+α新書) 兵頭 二十八 講談社 20

記事を読む

杭州菊花園 / 陳 舜臣

杭州菊花園 杭州菊花園 (徳間文庫) 陳 舜臣 徳間書店 1999-10

記事を読む

「民」食った最悪の輩

「民」食う人びと 「民」食う人びと―新・日本官僚白書 佐高 信 by

記事を読む

マンガ中国崩壊 / 波多野秀行 井沢元彦

マンガ中国崩壊 (ゴマ文庫) 波多野 秀行 ゴマブックス 2008-04-03

記事を読む

通勤電車で寝てはいけない! / 久恒 啓一

通勤電車で寝てはいけない!―通勤電車と成功の不思議な法則 久恒 啓一

記事を読む

おしかくさま / 谷川 直子

おしかくさま 谷川 直子 河出書房新社 2012-11-09 売り上げランキン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SanDisk USB3.1 SDCZ430-128G 128GB Ultra Fit 海外パッケージ品

128GB で 1999円。これも安いのでついでに買ってしまい

新型コロナウイルス 10万人あたり感染者数の推移 国別

「新型コロナウイルス 10万人あたり感染者数の推移 国別【動画でわかる

SanDisk USB 3.1 フラッシュメモリ SDCZ74 256GB 全金属製デザイン【5年保証】

256GB の USBメモリで 3980円。 全体が金属

国防音痴が、国を滅ぼす / 豊田有恒

★★★☆☆ SF作家の豊田有恒さん(宇宙戦艦ヤマトでおな

La fantasie / 城之内ミサ

★★★☆☆ 城之内ミサの4枚めのアルバム。1991年発売

→もっと見る

PAGE TOP ↑