*

ゴーンの初期変化群 Ghon’s complex

公開日: : 画像診断

ゴーンが出廷したとのニュースが街を賑わした昨日、セカンドオピニオンの患者さんが持ってきた胸部レントゲンと CT を見ていて、「Ghon’s complex」があったので説明するとウケた。

ご存じない人のために説明しますが、Ghon’s complex とは一次結核(結核の初感染)の治癒像としての肺野の結節(=肉芽腫)とそれからリンパ行性に結核菌が到達した同側肺門のリンパ節腫大の組み合わせを言います。

治癒後は石灰化(カルシウム沈着)が高率に起きます。

カルロス・ゴーンならぬ カルシウム・ゴーンなのだ。^^

どっちが日産で、どっちがルノーかは知らないケド。

###

関連記事

青池嚢胞 Aoike’s cyst 再び

昨夜の症例でまた青池嚢胞に会いました。 18歳男性だそうです(前回は 60歳代男性)。

記事を読む

最初の顧客

* 私の勧める起業法(遠隔画像診断での起業法)では失敗をあらかじめ回避できているので、あとの課

記事を読む

RadFan 2013年1月号

* 拙稿「遠隔画像診断サービス 成功の秘訣 」が載った Rad Fan 2013年1月号 が発

記事を読む

no image

視床は基底核ではありません

諸説あれど、一般的には・・・ 狭義の大脳基底核=被殻、尾状核、淡蒼球 広義の大脳基底核=

記事を読む

クラウド型遠隔画像診断セミナー

2011.02.28(月曜日)  昨年12月18日大阪で行われたイーサイトヘルスケア社主催のク

記事を読む

画像診断雑記に新しい症例を載せました / 「よくあるあれ?」

* 別サイトの画像診断雑記に新しい症例を載せました。⇒ 「よくあるあれ?」 こういうの。

記事を読む

変なリンパ節転移 直腸癌術後

直腸の右に変な腫瘤 3年ちょっと前に直腸癌(Rs)を手術し、その1年後に、吻合部より尾側の

記事を読む

no image

ふざけた画像診断システム

職業がらいろんな遠隔画像診断装置を扱っていますが、ある装置では 患者リストから患者を選択

記事を読む

CT でも見える

ずいぶん前にこんなのを CT で見かけました。 尾側のスライスはこんな感じ。

記事を読む

慢性の気管支炎

* 私は画像診断の所見によく 慢性の気管支炎 と書いたりします。 慢性気管支炎のことで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

陰謀の日本中世史 / 呉座勇一 (2)

「陰謀の日本中世史 / 呉座勇一 」の続きですが、同じ著者の手になる『

コロナウィルス騒動

昨年末くらいからウワサになっていたコロナウィルス騒動ですが、毎日いろん

陰謀の日本中世史 / 呉座勇一

陰謀の日本中世史 (角川新書) posted w

農村起業家になる―地域資源を宝に変える6つの鉄則

農村起業家になる―地域資源を宝に変える6つの鉄則

Windows10 の update

昨日、メインPCの Windows10 のアップデートが行われ、「再起

→もっと見る

PAGE TOP ↑