*

ショパン:練習曲集(全曲) / アシュケナージ

公開日: : 音楽

ショパン:練習曲集(全曲)

ショパン:練習曲集(全曲)

posted with amazlet at 19.06.12
アシュケナージ(ウラジミール)
ポリドール (1993-04-24)
売り上げランキング: 36,345

★★★☆☆

最近、指揮者としてしか見ないアシュケナージですが、若いときピアノのソリストとしてならしていたころの録音で、この全集では定番ディスクです。

最近の若い人の演奏と比べると派手とは言えませんが、渋みを感じさせる爽快感が後に残ってじんわりきます。飽きませんね。

幸いに Youtube で全曲聴けます。

 

 

曲目リスト

  1. 12の練習曲 Op.10 第1番 ハ長調
  2. 12の練習曲 Op.10 第2番 イ短調
  3. 12の練習曲 Op.10 第3番 ホ長調「別れの曲」
  4. 12の練習曲 Op.10 第4番 嬰ハ短調
  5. 12の練習曲 Op.10 第5番 変ト長調「黒鍵」
  6. 12の練習曲 Op.10 第6番 変ホ短調
  7. 12の練習曲 Op.10 第7番 ハ長調
  8. 12の練習曲 Op.10 第8番 ヘ長調
  9. 12の練習曲 Op.10 第9番 ヘ短調
  10. 12の練習曲 Op.10 第10番 変イ長調
  11. 12の練習曲 Op.10 第11番 変ホ長調
  12. 12の練習曲 Op.10 第12番 ハ短調「革命」
  13. 12の練習曲 Op.25 第1番 変イ長調「牧童」
  14. 12の練習曲 Op.25 第2番 ヘ短調
  15. 12の練習曲 Op.25 第3番 ヘ長調
  16. 12の練習曲 Op.25 第4番 イ短調
  17. 12の練習曲 Op.25 第5番 ホ短調
  18. 12の練習曲 Op.25 第6番 嬰ト短調
  19. 12の練習曲 Op.25 第7番 嬰ハ短調
  20. 12の練習曲 Op.25 第8番 変ニ長調
  21. 12の練習曲 Op.25 第9番 変ト長調「蝶々」
  22. 12の練習曲 Op.25 第10番 ロ短調
  23. 12の練習曲 Op.25 第11番 イ短調「木枯し」
  24. 12の練習曲 Op.25 第12番 ハ短調
  25. 3つの新練習曲 第1番 ヘ短調
  26. 3つの新練習曲 第2番 変イ長調
  27. 3つの新練習曲 第3番 変ニ長調

###

関連記事

pure 2 – be natural

pure 2 〜be natural レナード・バーンスタイン オムニバス レー

記事を読む

アヴェ・マリア ~7人の作曲家による

アヴェ・マリア ~7人の作曲家による~ アルディ・サクソフォーン・クヮルテット/

記事を読む

クリスタル・ファンタジー テレビ・テーマ集

テレビ・テーマ集 クリスタル・ファンタジー デラ 1993-04-23 売り上

記事を読む

アンナ・マグダレーナ・バッハのための音楽帳

J.B.バッハ:アンナ・マグダレーナ・バッハの為の音楽帳/Bach: Noten

記事を読む

ショパン:ピアノソナタ第2番&第3番

ショパン:ピアノソナタ第2番&第3番 内田光子 ユニバーサル ミュージ

記事を読む

【名曲】 もう愛せない / KOKIA

* KOKIA の名曲「もう愛せない」です。 アメリカ同時多発テロ事件のあとに作られた鎮

記事を読む

タイム・アウト

タイム・アウト デイブ・ブルーベック by G-Tools

記事を読む

pure 3 – be natural

pure 3 - be natural ミュージック・セラピー 久石譲 リサ・ジ

記事を読む

またまた KOKIA (3)

* 彼女にはヒュノムス語の曲があるのですが、このヒュムノス語とは架空の言語です。 EXEC_

記事を読む

チェン・ミンの i love 我聞

i love-我聞-(CCCD) チェン・ミン by G-Too

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

タダより高いものはない / 上念司

タダより高いものはない (イースト新書) pos

本当は恐ろしい江戸時代 / 八幡和郎 (2)

本当は恐ろしい江戸時代 (SB新書) poste

本当は恐ろしい江戸時代

本当は恐ろしい江戸時代 (SB新書) poste

世界は邪悪に満ちている だが日本は…… / 日下公人 高山正之 (2)

世界は邪悪に満ちている だが日本は……。 (WAC

世界は邪悪に満ちている だが日本は…… / 日下公人 高山正之

世界は邪悪に満ちている だが日本は……。 (WAC

→もっと見る

PAGE TOP ↑