*

[FX]フィボナッチをレンジ境界に使う自動売買プログラム

公開日: : 最終更新日:2019/10/30 マネー

「フィボナッチをレンジ境界に使う自動売買プログラム」の意味がわからない?

フィボナッチ・リトレースメントはご存じでしょうか。

フィボナッチ・リトレースメントをオレンジの矢印の 2点を指定して引くと上の図のような黄色い水平ラインが複数本でます。

右下の矢印より右(未来)に描画される値動きはこれらのラインが抵抗線として作用しやすいというのがトレーダーの常識です。

フィボナッチは黄金比に基づくので、投資家たちは心理の奥に潜む美感に支配され自然にそのように行動してしまうためと言われていますね。

これらのフィボナッチ・ラインは境界(サポート&レジスタンス)になりやすい、つまりはこのラインを挟んで何度も上下運動を繰り返すことは少ないのです。

そこで各フィボナッチ・ラインに仕掛けを自動的に置いて、上抜けしたら買い、下抜けしたら売り。損切はラインの反対側に数pips、利益目標は動いた方にある次のラインの少し手前に置くといった操作を自動化する自動売買プログラムを作りました。

フィボナッチの 0%と 100%のプライスをパラメーターとして入力するだけで自動的に注文を設定してくれます。あとは損切りとマージン(境界線からどれくらいの余裕をかませるか)を最適化で推定して入力するだけ。

ラクチン設計です。

ただ、同じラインを短期間に何回もまたぐと複数ロット持ったり、たまに両建てになったりしりますが、とりあえずのプロトタイプとしてそのへんは放置プレイとします。

0%を下抜けしたり、100%のラインを上抜けしたらトレーリングストップで追いかけるようにしましたが、ちゃんと追跡できるかわかりません。そういうときは他のブレイクアウトプログラムに任せるほうがいいかもしれません。

で、「いったん 50%を抜けてから下行して 23.6%を踏みしめ直して上昇し始めた(リターン・ムーブとかブレイク・ワンタッチを確認してからという意味) 10/9 から 10/27までこのプログラムを起動していたら」というシナリオで検証してみたら、以下のようになりました。

EYRJPY 15分足

18日間に18回。土日は休みなので、1日あたり 1.4回くらいの売買頻度です。

資産曲線はかなりぶざまな曲線になりました。

勝率は 33.3%ですが、平均の勝ち 75.67ドル&負け13.7ドルなので割合落ち着いて見ていられます。「5勝って、1負け1負け」の繰り返しなので。

プロフィットファクター も 2.76あります。ドカンと勝ってチマチマ負けるタイプなのでそこそこ利益は出ますね。

資産曲線の真ん中あたりが下がっているのは、本来頻回にはまたがないはずのフィボナッチ・ラインに頻繁に触れて損切り連発だからでしょう。

お気づきと思いますが、これは FX の裁量トレーダーがよくやっている常法をシミュレートしたものです。

理論上も実際も利益が出そうな テクニックですが、じっとこれを繰り返すのはホネですし、損切りやマージンの大きさによっては利益が出ないようです。

裁量トレードも大変ですね。

このプログラムは今朝通勤途中の電車の中でひらめきました。

自動売買プログラム(フィボナッチをもじって「保母 奈っちゃん」と命名)にするのはとてもラクチンなので、もう少し改良してみますかね。

同じフィボナッチラインを同じ方向に続けてまたいだときは余計な売買をしないようにすればかなりまし ~ 非常にすばらしい になりそうです。

うーん、だいぶプログラムがややこしくなりそうだ。あ、いいこと思いついた。

###

関連記事

[FX] 驚異のプログラム?(2)

前回の記事「 驚異のプログラム?」の続きです。 ロジックに問題のある例のプログラムをちょこっと

記事を読む

[FX] 一目均衡表+STC フィルタ 完成版

以前ここで発表した一目均衡表のシステムに初期ロスカットをつけたものです。 Schaff Tre

記事を読む

名波はるか&Kumaさんが教える!![日経225&mini]で始めるシステムトレード入門

名波はるか&Kumaさんが教える!!で始めるシステムトレード入門 名波 は

記事を読む

VQ を使った自動売買ソフト

昔一世を風靡したインディケーターに VQ があります。 最近なぜか人気は下火になっていますが、

記事を読む

一目均衡表 改良の試み

前回の記事「超シンプルな自動売買プログラム(6) 簡単な一目均衡表」で紹介したプログラムを改良してみ

記事を読む

FX は画像診断なのかも

FX は画像診断に似ているなあと思っています。 画像診断 知識を体系的に仕入れる

記事を読む

RVI のクロスを使った逆張り系FX自動売買システム

RVI( relative vigor index )という指標は素直でわかりやすいなぁと前から

記事を読む

マンガ 生き残りの株入門の入門 / 矢口 新 てらおかみちお

マンガ 生き残りの株入門の入門―あなたは投資家?投機家? (ウィザードコミッ

記事を読む

ADXcrosses を EA に

前々回の記事「未来を予測する(?)便利なインジケータ AdamPriceReflection」の

記事を読む

[FX]冬時間から夏時間への切り替わりの検証(2)

前回の記事「冬時間から夏時間への切り替わりの検証」の結果はミモフタもないものでしたが、夏時間に切

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

私の前世は樹

私の前世は樹だったのです。 小さいときは光を求めて大きくなること

安物中華DAC 2台買ってみる

自宅には単体のデジタルアナログコンバーター(DAC)機器が

Skylarkin’ / グローヴァー・ワシントンJr.

★★★☆☆ 久々に新品の CD を買ってみました。

ONKYO WAVIO MA-500U

★★★★☆ 今まで自宅の仕事場の PCにつないで使ってい

Dynavox LY401F 4インチフルレンジ ダブルコーン スピーカー 注文

本日アマゾンで衝動買いしてしまった 10cmフルレンジユニット

→もっと見る

  • 2020年7月
    « 6月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑