*

新型コロナウィルス感染症の治療

公開日: : 最終更新日:2020/04/20 医療

新型コロナウィルス(covid-19)の感染メカニズムは

  1. ウィルスが気道粘膜に付着
  2. そこの細胞に侵入
  3. 細胞内でウィルスを増幅
  4. 細胞を破壊してウィルス粒子を排出
  5. 血中に侵入したウィルスが周囲あるいは他の臓器の細胞に付着
  6. 2 に戻る

 

と考えられます。

下気道まで広がると肺炎に、気道以外の臓器に感染が広がると多臓器不全に陥る可能性があります。

ということで、新コロの治療にはそれらの段階ごとに使われる薬が違います。

  • 細胞侵入を防ぐ:フサン 、ワクチン(開発中)
  • 細胞内でのウィルス増幅を阻害する:アビガン、レムデシビル、カレトラ、 アカラブルチニブ
  • 作用機序不明:ヒドロキシクロロキン(アジスロマイシンとの併用)、イベルメクチン

また、体内にウィルスが侵入したことを感知した免疫系が暴走するとサイトカインストームを引き起こします。高齢者、持病持ちの患者はもちろん、若年者や持病を持っていない人の死因にも大きく関与している重大な現象です。

免疫反応はカスケード反応と呼ばれるように段階的に指数関数的に増幅されるので、サイトカインストームもその初期段階を阻害するほうが効果が大きいです。ただし、100%の防御はできないのでその後の段階にも手を打つ必要が出てきます。

サイトカインストームは T細胞やマクロファージが放出するインターロイキン-6(IL-6)により引き起こされるので、

  • T細胞やマクロファージの膜を安定化させて IL-6 の放出を防ぐ:ステロイド系(オルベスコなど)
  • 血中に放出された IL-6を選択的に阻害する:アクテムラなどの抗IL-6抗体

などが考えられ、現在各国で治験中のようですね。

ということで、ウィルスの侵入と増殖を抑えるという観点と、サイトカインストームを防ぐという観点の両方が必要で、これらを区別して考えるべきです。

前者は感染初期から対処すべきで、後者は肺炎など重篤な合併症が生じかけている段階から重要になってくるというわけですね。

これらの薬剤を組み合わせて使用すれば、結構効果が望めるのかもしれません。

###

 

 

 

 

関連記事

MERSアタック!

クソ映画で有名な『マーズ・アタック』とは関係ないですが、現在世界で猛威をふるいそうな勢いになって

記事を読む

胸部レ線は難しい?(トレーニングすれば読めます) の答え

前回の記事( 胸部レ線は難しい?(トレーニングすれば読めます)  )の胸部レントゲン写真ですが、

記事を読む

テラークの経営方針

LLPテラークの経営方針 方針といってもまあいろいろありますが、メンバーの幸せを第一に考えてお

記事を読む

病院はもうご臨終です / 仁科 桜子

病院はもうご臨終です (ソフトバンク新書) 仁科 桜子 ソフトバンククリエイ

記事を読む

腎嚢胞 腎悩呆?

極論なので笑って読んでくださーい。 *** うちの遠隔画像診断の顧客にはそんな方はおりません

記事を読む

病院の給料

日本の病院の話ですが、公立病院の給与と私立病院の給与がかなり格差があります。 一般論で言えば私

記事を読む

孤虫の意味を知っているかい

私は蟲師ではないが、寄生虫の話は大好き。 でも寄生虫そのものが好きではないので、ご安心を。 *

記事を読む

医療崩壊

2011.3.6(日)  一昨日にも書きましたが、日本の医療の先はまっ暗なのです。  この

記事を読む

画像診断管理加算バブルの崩壊の影響

画像診断管理加算の施設基準の厳格化 今回の改訂で他の施設に読影を依頼している施設は、画像診断管

記事を読む

地方の中核病院の画像診断における医療崩壊

以前の記事(⇒ 画像診断管理加算バブルの崩壊の影響(2) 地方の中核病院の場合)では、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【ふるさと納税】ボックスティッシュ スコッティ カシミヤ 10箱 / 京都府福知山市

【ふるさと納税】【ボックスティ

S.M.S.L SA300 というデジタルアンプと 3Dサブウーファー

★★★★☆ 以前の記事「S.M.S.L SA300 デジ

世界のお金持ちが実践するお金の増やし方 / 高橋ダン

★★★☆☆ Youtube でも発信している高橋ダンの本

知的幸福の技術―自由な人生のための40の物語 / 橘 玲 (5)

★★★☆☆ 昨日の記事「知的幸福の技術―自由な人生のための4

知的幸福の技術―自由な人生のための40の物語 / 橘 玲 (4)

★★★☆☆ 昨日の記事「知的幸福の技術―自由な人生のための4

→もっと見る

PAGE TOP ↑