*

バカでも稼げる 「米国株」高配当投資 / バフェット太郎 (2)

公開日: : 読書

バカでも稼げる 「米国株」高配当投資 / バフェット太郎」の続きです。

アメリカ株(個別銘柄)のうち、配当利回りのいいものを選んでポートフォリオにするのがこの投資法。

自分でアクティブファンドを組むので、経験者向けですね。

キャピタルゲインを狙う方法ではないので、時価総額を気にする人には向きません

配当利回りのいい銘柄を選ぶ方法

配当利回りのいい銘柄というものの中には、株価が安くなっているために配当利回りが相対的によくなっているものがあり、そういう会社は業績不振のために減配するリスクがあります。ですから組み入れてはいけません。

配当利回りのいい銘柄のうち連続増配しているものを選べばいいわけですが、数は限られます。

連続増配はしていないが、業績不振になっていないものを見分けるのには、営業キャッシュフローマージンの高いものを選びなさいと著者はいいます。競争力が高く、安売りなどをしない(レッドオーシャンにいない)会社は営業キャッシュフローマージンが高い(15%をキープ)はずだからだそう。

どういう銘柄を買うか

具体的な銘柄はこの本に載っています。

ホームデポ、キャタピラー、マクドナルド、コカコーラなどですね。30社ほどオススメが載っています。

ポートフォリオの組み方

8-16銘柄を選んで少しずつ買っていきます。

ある程度になったら、毎月1回定期的に ポートフォリオ内の銘柄のうち一番安いものを 一定の金額分 買い増す という方法をとっておられます。

定期的に割安のものに一定金額を投資するということが重要ですね。時間分散かつドルコスト平均法をつかうということです。

###

関連記事

常時接続悪のマニュアル

常時接続悪のマニュアル TIP データハウス 2002-02 売り上げランキン

記事を読む

ゲイツの穴ライナスの穴―あなたはどちらの穴を覗きますか? / 鈴木 芳樹

ゲイツの穴ライナスの穴―あなたはどちらの穴を覗きますか? 鈴木 芳樹 ソフト

記事を読む

経済で読み解く日本史 安土桃山時代 / 上念司 (2)

経済で読み解く日本史② 安土桃山時代 posted with amazlet

記事を読む

世界史が面白くなる国名・地名の秘密 / 八幡和郎

世界史が面白くなる国名・地名の秘密 (歴史新書) posted with am

記事を読む

税金の抜け穴 国民のほとんどが知らない納税で「得する話」「損する話」 (角川oneテーマ21) / 大村大次郎

税金の抜け穴 国民のほとんどが知らない納税で「得する話」「損する話」 (角川oneテ

記事を読む

平壌で朝食を。 / 勝谷 誠彦

平壌で朝食を。 (光文社文庫) 勝谷 誠彦 光文社 2010-08-10

記事を読む

クビでも年収1億円 / 小玉 歩

クビでも年収1億円 (角川フォレスタ) 小玉 歩 角川学芸出版 2012-0

記事を読む

Webマーケティング思考トレーニング / 高畑哲平

Webマーケティング思考トレーニング 高畑哲平 株式会社KDDIウェブコミュニケー

記事を読む

さすが!と言わせる FC2ブログ徹底攻略術 / 持丸浩二郎

さすが!と言わせる FC2ブログ徹底攻略術 第2版 持丸 浩二郎 シーアンドア

記事を読む

金田一耕助・悪魔の手毬唄 / Jet 横溝 正史

金田一耕助・悪魔の手毬唄 (ソノラマコミック文庫―名探偵登場) Jet 横溝 正

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 2020年10月
    « 9月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑