*

江戸時代が平穏であったわけ

公開日: : 最終更新日:2022/11/02 未分類

本日風呂に入りながら ふと 江戸時代が平穏であったわけを考えてみました。

江戸幕府は広域暴●団とも言える数百の大名家をほぼ武装解除してしまったわけですが、どうしてそんな奇跡的なことができたのでしょうか。

  1. 家康が江戸という寒村に土木工事を行って大商業地にした
  2. 秀忠が大名家を積極的に取り潰した
  3. 家光が参勤交代制度をつくった
  4. 綱吉が生類憐みの令で完全に武装解除した

このあたりがうまくいった主な要因でしょうか。

家康が江戸の地を得て大規模な開拓に成功し、圧倒的な経済力を得たので 他の大名の野心を潰やすことができるようになりました。将軍位にもついたしね。

跡取りがいなくなった大名家や素行の悪い大名の藩を秀忠が積極的に解体したので、問題となりそうな大名家が減少しました。浪人が増えて治安が悪化したので途中で緩和しましたが。

国替えを頻繁に行って大名が先祖代々の土地にこだわれないようにしたことで、先祖代々の恨みで頻発していた隣国同士の争いを減少させました。

国替えによって「一所懸命」という武士の行動原理を破壊したわけですね。

それに国替えした大名に与えられたのは領国の土地の権利ではなく徴税権のみです。

家光が参勤交代制度を作り、江戸屋敷を作らせてそこに大名の奥方(正室)を人質としたため、次代の跡継ぎは江戸生まれの江戸育ちとなり、成人して家督を相続してから初めて「お国入り=都落ち」となります。彼らの心は江戸にあり、国元の家臣や領民との心のつながりなどは当然薄くなったでしょう(現代の二世議員と同じです)。このことで、ますます国替えしやすくなります。

で、綱吉が 今まで人を斬ってもOKだったのにこれからは蚊を殺したくらいで処分される ようにして侍の意識改造(洗脳ともいう)を強要したわけです。

これらで あれほど厄介ものだった「広域暴●団」を ただの小役人の集まりに変えてしまったわけです。

まさにしたたかな計画です。

ちょっと徳川家を見直してしまいましたが、徳川将軍その人は家康以降は出来の悪いのばっかりだったので、よっぽど軍師役が優秀だったのでしょうね。

###

 

 

関連記事

オススメ コーヒーナップ

* コーヒーカップのオススメではありません。 Coffee nap ですね。 コーヒーを摂

記事を読む

no image

アホな名前

   この前、TVで生まれた子に最近の親はけったいな名前をつけるというのを報じていました

記事を読む

no image

風呂、シャワーの後で部屋の湿度を上げない方法1

風呂、シャワーの後で部屋の湿度を上げない方法1    風呂、シャワーの後で部屋の湿度を

記事を読む

見苦しい

寝苦しい、いや見苦しいこと・・・  先日もカンが緊急会見とか言うので、各マスコミが「ようやく

記事を読む

韓国の恐ろしき事実?

* Wikipedia で「韓国」のページを見ていると、すごいことが書いてあります。 学

記事を読む

日本人はメンテが大好き

Facebook にも書いたのですが、日本人は分析、改良も好きですが、それらに加えてメンテが異常

記事を読む

おバカホイホイ(バカなマスゴミが騒ぐともっとバカなヤカラがあぶり出される)

昔、豊洲市場への移転問題で、「地下水が汚染されている場所に移転するのはいかがなものか」とほぼすべての

記事を読む

文系脳

今朝もワイドショーで毛の薄い某大学教授(文系)が、「2m離れたら絶対感染しない」とか断言していました

記事を読む

no image

庶民敵

* 野田は財務省の言いなりになって、庶民の言葉なんか考えなかったので、庶民の怒りにあって引きずり降

記事を読む

ハトポッポ

これでいい野田

マニフェストっていったいなに? うそつき証明書? という感じの野田の答弁です。 誰が言ったか、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

【FX】SmartFX Ultimate という EA

SmartFX Ultimate という EA を見つけ、バックテスト

【FX】2024年6月第1,2,3週総括 天国か地獄か

2024年6月の第3週の FXトレードが終わりました。 自分の備忘録

【FX】路線変更

路線変更 最近いろいろありまして、FX の運用について路線変更を模索

世界最強の地政学 / 奥山 真司

★★★☆☆ Youtube でいつも観ている番組にレギュラー

【FX】Black Diamond V4 という EA

Black Diamond V4 という EA については以前も触れま

→もっと見る

  • アクセスカウンター
PAGE TOP ↑