*

8cm スピーカー TangBand W3-871SC 発注

公開日: : 最終更新日:2016/03/18 オーディオ

TangBand W3-871SC

先週バックロード箱に SA/F80AMG を移設しました。

そのため、今は主を失ったバスレフ箱用に バッフル開口径74mm以下のユニットを物色していました。

すぴ研さんのブログ「HDB-83M × W3-871SC = 切れ味、パワーのHIFI! 」という記事で TangBang W3-871SC を使っておられ、なかなかの高評価です。

すぴ研さんはスピーカーの箱の研究開発販売をされています。

すぴ研さんからは私は HDB-ALP6-v2 Alpair6P version という受注生産スピーカーを以前買っていますが、これ(HDB-ALP6-v2)がすぐれた箱なんです(Alpair6P という高級ユニットも優秀だけど)。

TangBang W3-871SC の周波数特性はすぴ研さんの優秀な箱 HDB-83M に入れると以下のような優秀なもの。

TangBand W3-871SC+HDB-83M

すげー。

うちの場合は箱が悪い(小さめのバスレフ箱)のでおそらく 100Hz 以下はもっとドン下がりになるでしょう。でも、100Hz以上は上のとおりになるとすれば(なるでしょうが)非常にうれしいです。

TangBang W3-871SC の姿はシルバーのコーンゆえに 同社の人気ユニット W3-593SD(ゴクミ)に似ていますが、音は大人っぽいヨーロピアントーンの Vifa TG9FD-10-04 に少し似ているとか。

TG9FD-10-04 も前から一度使ってみたいと思っているユニットですが、取付穴径 79mmと今回の箱には大きすぎますので却下。

TangBang W3-871SC のお値段は TG9FD-10-04 の約半額で Alpair6P の 1/10 と安いので コイズミ無線に発注しました。

到着が待ち遠しいです。

関連記事

TangBand W3-871SC+バスレフ箱

Alpair6P / キレのある音

###

関連記事

【ヤフオク】AKISUI 5インチフルレンジユニット使用スピーカー 落札

AKISUI というブランドの 5インチフルレンジユニットを使ったスピーカーをゲットしました

記事を読む

モスキート音で耳年齢チェック だけど落とし穴!

モスキート音で耳年齢チェック 蚊の飛ぶ音のような高い音をモスキート音と呼びます。 人間は

記事を読む

【ヤフオク】Feixiang FX-AUDIO FX502A PRO 落札

2000円で落札。 もう売っていない FX-AUDIO FX502A PRO です。

記事を読む

DV-220V

Pioneer DVDプレーヤー DV-220V パイオニア 2010-0

記事を読む

シャープ1ビットデジタルレシーバー SD-CX9-H (2)

一昨年に入手した「シャープ1ビットデジタルレシーバー SD-CX9-H」の続きです。

記事を読む

今年はバックロードホーン! Stereo 付録のスピーカー(2015年8月号)

やって来ました、自作の夏が。 毎年訪れる・・・雑誌Stereoは8月号が”自作特集”なんです。

記事を読む

Tannnoy Fusion1 (Mercury F1)

Tannnoy Fusion1 (Mercury F1) 高槻遠隔画像診断センターに置いて

記事を読む

W4-927SEF をバスレフ箱に装着

以前の記事「Tangband ポリプロピレンコーン10cmフルレンジ W4-927SEF 落札」の続

記事を読む

TangBand 8cm ユニットで悩む

SA/F80AMG(下図) という 8cm アルミニウムマグネシウム合金コーンのスピーカーユニッ

記事を読む

MarkAudio 8cmフルレンジ「OM-MF5」向けバスレフ型スピーカーボックス 落札

久々にヤフオクで落札。本日はもう一つ別のものを落とせましたが。 junichitanz

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【ふるさと納税】十勝ローストビーフ 750g / 北海道池田町

【ふるさと納税】A011-11

県立琵琶湖博物館

感染対策のために一部の展示を休止している 琵琶湖博物館 では現在は予約

[FX] Rose Pound という自動売買ソフト

昨日の記事「 2021年6月第3週の成績」で紹介した市販の自動売買プロ

[FX] 2021年6月第3週の成績

先週からいくつか市販の自動売買プログラムを試しています。

男は女のオマケ

男は女から生まれた まあ、女も女から生(産)まれるのであるが、ここで

→もっと見る

  • アクセスカウンター
PAGE TOP ↑