*

「反日韓国」の自壊が始まった / 呉善花

公開日: : 最終更新日:2017/07/24 読書

「反日韓国」の自壊が始まった 「反日韓国」の自壊が始まった
呉 善花
悟空出版 2014-11-11
売り上げランキング : 187287
Amazonで詳しく見る by G-Tools

★★★☆☆

3年前の本です。

現在はいよいよ自壊が完成しそうな事態になっています。この本の予言が当たっていたなと感じますね。

韓国はケンチャナヨ精神のためか、安全不感症と言われています

1993年の文民政権時代に入ってから大規模事故が連発するようになったとこの本では事例を挙げて指摘しています。

橋やビルの崩落、大型船の火災、列車の衝突、ガス爆発など。

軍事政権時代のほうがメンテナンスがまじめだったのでよかったということでしょう。

文民政権はこれらの事故を受けて新たな法令を作るのですが、さっぱり効果がないとのこと。

きわめつけはセウォル号の沈没ですが、三方を海に囲まれた韓国には特殊海難事故に対応できる特殊救助隊が釜山に1つあるだけ

しかもその特殊救助隊は自前のヘリコプターもないので、海路のみもしくは陸路と海路を使って事故現場に行かないといけないそうです。

船だけだと現場に着くのに時間がかかります。セウォル号の場合も近くまでは陸路で現地入りしたそうですね。これで、あの初動の悪さに納得がいきます。

しかし、こんな待遇で事故後に「働きが悪い」ということで処罰を受けているのは、かなりかわいそうでもあります。

事故が起きた後で、誰かを責任者に祭り上げて、それでろくな対策も打たないという体質なので、韓国の安全性はちっとも改善されないようですね。

関連記事

「反日韓国」の自壊が始まった / 呉善花(2)

###

関連記事

代案を出せ! / 勝谷誠彦

代案を出せ! 勝谷 誠彦 扶桑社 2009-07-28 売り上げランキング :

記事を読む

日本の武器で滅びる中華人民共和国 (講談社+α新書) / 兵頭二十八

日本の武器で滅びる中華人民共和国 (講談社+α新書) 兵頭 二十八 講談社 20

記事を読む

NISAではじめる株式投資 / 和島英樹 平野憲一 水野文也

  NISAではじめる株式投資 和島 英樹 平野 憲一 水野 文也

記事を読む

限界集落株式会社 / 黒野伸一

限界集落株式会社 (小学館文庫) 黒野 伸一 小学館 2013-10-08 売り

記事を読む

給料が増えて会社もうるおうボロ儲け経営術 / 大村 大次郎

給料が増えて会社もうるおうボロ儲け経営術 (双葉新書) 大村 大次郎 双葉社

記事を読む

忍法創世記 / 山田 風太郎

忍法創世記 (小学館文庫) 山田 風太郎 小学館 2005-10-06 売

記事を読む

知らないと恥をかく世界の大問題3 / 池上 彰

知らないと恥をかく世界の大問題3 角川SSC新書 池上 彰 b

記事を読む

運命の覇者 / 田中芳樹 花田一三六 冲方丁 水野良 七尾あきら

運命の覇者 田中 芳樹 花田 一三六 冲方 丁 水野 良 七尾 あきら 角川

記事を読む

凡人の野望

凡人の野望 平 秀信 廣田 康之 インデックス・コミュニケーションズ

記事を読む

雑学 古代史の謎―邪馬台国と建国神話 / 豊田 有恒

雑学 古代史の謎―邪馬台国と建国神話 (大陸文庫) 豊田 有恒 大陸書房 19

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロの知的生産術 (PHPビジネス新書) / 内田和成

プロの知的生産術 (PHPビジネス新書) 内田 和成

京都人が書いた「京都」の本 名所・旧跡からお土産・風習まで (PHP文庫) / 京都ゆうゆう倶楽部

京都人が書いた「京都」の本 名所・旧跡からお土産・風習

Fate / Apocrypha 第22話「再会と別離」

今回は珍しくTV アニメの話です。 以前、「空の境界」にハマり、

仕事消滅 AIの時代を生き抜くために、いま私たちにできること / 鈴木貴博(4)

仕事消滅 AIの時代を生き抜くために、いま私たちにでき

仕事消滅 AIの時代を生き抜くために、いま私たちにできること / 鈴木貴博(3)

仕事消滅 AIの時代を生き抜くために、いま私たちにでき

→もっと見る

  • 2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑