*

スピーカーの箱(ブラックスワンの場合)

公開日: : 最終更新日:2019/04/01 オーディオ

スピーカーの音の大部分はユニットで決まるわけですが、箱も多少効いてきます。特に低音部分に効いてくるのです。

例えば・・・

昔使っていた FostexFE107 という非力なユニットがありまして、10cm フルレンジユニット(防磁型)なのですが、低音がさっぱり出ません。

下の図の出典は>https://audio-heritage.jp/FOSTEX/unit/fe107.html

200Hz くらいからダラ下がりとなっています。これはメーカーが無限大(実際は有限)バッフルにつけて測定したものですので、平面バッフル、後面開放などのエンクロージャー(平面バッフルはエンクロージャー・・・囲うモノとは呼べない気もしますが)ではこれより低音特性は悪化します

密閉箱でも低音増強効果はわずかですので、普通はこれにバスレフダブルバスレフで低音をピンポイントにプラスするわけですが、それでも不十分。

そこで、共鳴管音響迷路トランスミッションライン含む)、バックロードホーンなどの方式が考慮されます。

上は FE107 をバックロードホーンに入れた周波数特性。

わかりにくいので書き加えると、黄色がユニットの裸特性、赤がバックロードホーンによって増強された部分。

全く別物の音になりますネ。

ちなみにこのスピーカーはこんな形をしています。

ジャジャーン。故 長岡鉄男先生の D-107AV(愛称:ブラックスワン)ですね。案外作っている人は少ないようです。

あ、この記事の絵は『長岡鉄男のオリジナル・スピーカー設計術②』の 92ページより拝借しています。

え、箱が巨大すぎる?

ですからもっと低音の出るユニットを使いましょうそのほうが箱は小さくできる)というのが実用的な解ですね。

と言ってしまえば身も蓋もないなあ。

関連記事

鳥型バックロードホーンスピーカー「コサギ」(2)

###

関連記事

中華デジタルアンプ

* 先日自分でも収拾がつかなくなっているので、まとめました。 また増えたので追加。 * 現

記事を読む

Tangband W4-2142 注文

台湾のメーカー Tangband(タンバン)の 10cmフルレンジユニット W4-2142

記事を読む

スピーカーTANNOY MERCURY m2 またまたゲット

TANNOY MERCURY m2 です。 実は1セットすでに持っているが、セリであまりに

記事を読む

no image

デジタルアンプの衝撃

デジタルアンプの衝撃(アンプのブラインドテスト)  以前毎月購読していた、音楽之友社「ste

記事を読む

PIONEER プリメインアンプ A-N701(2)

* シャープ1ビットデジタルアンプ SD-AT1000 はときどき出力がふらつくようです。コン

記事を読む

自作スピーカー 「スリムドカン」の紹介

スリムドカン[/caption] 2005年春に作った自作のスピーカーです。 設計

記事を読む

CHN-70 + バスレフ箱(2)

CHN-70 の周波数特性 上図はメーカー発表のものですが、私の耳ではどうもこんな”フラッ

記事を読む

Pioneer DVDプレーヤー DV-2020

Pioneer DVDプレーヤー DV-2020 パイオニア 2011-05-

記事を読む

KEF Cresta2 + 1ビットアンプ

「KEF Cresta2 ご到着」で書いた KEF Cresta2 ですが、おっとり上品で BG

記事を読む

TangBand W3-871SC+バスレフ箱(3)

TangBand  W3-871SC を仙人さん設計のミニバスレフ箱(8cmフルレンジ用汎用

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

グラフィックイコライザーについて

昔、Victor のグラフィックイコライザー SEA-70 と

もっと言ってはいけない / 橘 玲 (2)

もっと言ってはいけない (新潮新書) poste

もっと言ってはいけない / 橘 玲

もっと言ってはいけない (新潮新書) poste

美しき夕暮れ / 川畠成道

美しき夕暮れ posted with amazl

ブランド品は いらんど

私はファッションブランドが嫌いです。 以前にも書いたと思いますが

→もっと見る

PAGE TOP ↑