*

あほな DICOM ビューワー

公開日: : 画像診断

うちの事務所にあるアッホなビューワーの話。

遠隔画像診断で使っているのですが、通信が遅いし、クラウド型ではないので画像を全部転送してからでないと途中で止まります。

一番困るのがビューワーで「エンターキー」を押すとこうなること。

今まで表示していた画像がすべてすっとんでしまうのです。

もう一度画像を読み込むのにひと手間&かなりの時間。

別に画像を消さずに、このダイアログボックスを出すだけですむはずですが。

「作ったやつは相当アッホやで」と思いながら今日も使っているのでした。

あ、これと組み合わせているレポーティングシステムも あることをすると 100%死にかけます。

数分間待てばもとにもどるのですが。

「ユーザーのことを考えて作っていないのか!」

と言いたくなりますが、プログラマは普通そんなこと考えていません。

納期(締め切り)のことしか考えていません。

###

 

関連記事

メンバーの条件

* テラークのルールとしては、他のメンバーに迷惑をかけないという常識的な不文律があるくらいです

記事を読む

PSP と PS sign

* 以前別ブログで書いたのですが・・・ > PSP(進行性核上性麻痺)の画像サイン: 遠

記事を読む

イーサイトのシステムの利点(1)

* また、このネタか、と言われる人も多いでしょうが、 イーサイトヘルスケアの遠隔画像診断システ

記事を読む

とほほな画像診断システム

* これは前に書いたが、Yデンキ(ヤマダではありません)のシステムは ・最初のコマと最後のコ

記事を読む

イーサイトの読影環境がリニューアル

私のメインの環境であるイーサイトの遠隔画像診断システムでは、現在3つのサーバーを使っています。

記事を読む

索状影と索条影

よく、CT や MRI で「索条影」と書いてあるレポートがあります。 索条とは名詞で、麻・鋼を

記事を読む

no image

医知悟 java7 非対応

* 医知悟という遠隔画像診断システムは Java をビューワーとレポーティングシステムとで使ってい

記事を読む

画像診断雑記の更新

* * * 画像診断雑記の更新をしました。 6例めになります。 興味のある方はどうぞ。

記事を読む

no image

危ない遠隔画像診断システム

* 今日気がついたのであるが、イーサイトのではない ある会社のシステム。 2/14 に所見を

記事を読む

Grant’s Atlas of Anatomy, International Edition〈日本向けインターナショナル版〉

Grant's Atlas of Anatomy, International

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑