*

だれが中国をつくったか 負け惜しみの歴史観 (PHP新書) / 岡田英弘

公開日: : 最終更新日:2018/07/14 読書

だれが中国をつくったか 負け惜しみの歴史観 (PHP新書) だれが中国をつくったか 負け惜しみの歴史観 (PHP新書)

岡田 英弘

PHP研究所 2005-09-15

売り上げランキング : 56385

Amazonで詳しく見る by G-Tools

★★★★☆

岡田史学にはいつも啓蒙されていますが、この本も卓見ばかりで、ため息しか出ません。

薄い本ですぐ読めて、「あー、ためになったぁ」と思える本です。

史記の影響

司馬遷の「史記」によって提示された紀伝体がその後のシナの歴史書を縛りつけてしまったため、その後の歴史書(正書)には都合の悪いことは書かれなかったり、軍人の功績は無視したり、歴史はすでに一巡してこれ以上の変化はないものと規定したり、いろいろと事実や現実との解離が見られるようになったようです。

史記によって提示された「天下の正統は一つ」というテーゼが現在も「一つの中国」という思想になって、中国が台湾を認めない理由になっています。

台湾(中華民国)は清から禅譲を受けた正統国家ですが、中国は中華民国から禅譲を受けていないので、台湾を認めると自分が正統でないことを認めてしまうことになるからですね。

中華思想

「中華思想は負け惜しみの思想」は、南宋が金による圧迫を受けて戦では勝ち目がないために「こちらのほうが正統だ」という負け惜しみを資治通鑑に記したことで、現代まで生き残ったものだと指摘されています。

南宋ももともと趙匡胤が作った国で、夷狄の出身です。それが一度はシナ全土を征服したものの金により南半分に抑え込まれたわけで、中華を名乗るのはおかしいわけですね。

シナ史の問題点

漢書、元史、三国志の問題点も指摘されています。

最後の章の「欽定外藩蒙古回部王公評伝」に至っては存在も知りませんでした。

ほかの本ではこれらの致命的な欠点は教えてくれませんね。まことに勉強になります。

学校でウソだらけの歴史(の一部)を教え込まれた我々はこういう俯瞰的な視点を持ってもう一度歴史を眺めてみる必要があります。

山川書店の本をいくら読んでもあきまへん

関連記事

###

関連記事

勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力

勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践 勝

記事を読む

ぐっとくる? / 安田 佳生

ぐっとくる? 安田 佳生 サンマーク出版 2011-02-14 売り上げランキン

記事を読む

起業家列伝 / 邦光 史郎

起業家列伝 (徳間文庫) 邦光 史郎 徳間書店 1995-04 売り上

記事を読む

大放言 (新潮新書) / 百田 尚樹

大放言 (新潮新書) 百田 尚樹 新潮社 2015-08-12 売り上げランキ

記事を読む

読む本は著者で選ぶ

* 読む本を題名で選ぶのと、著者で選ぶのとではどちらがいいかという問題ですが、題名は書店がつけ

記事を読む

「複合汚染国家」中国 (ワックBUNKO) / 黄 文雄

「複合汚染国家」中国 (ワックBUNKO) 黄 文雄 ワック 2006-07 売

記事を読む

甲賀忍法帖 / 山田 風太郎

甲賀忍法帖 山田風太郎忍法帖(1) (講談社文庫) 山田 風太郎 講

記事を読む

コンテンツ集客法 / ジョン・ウィベン

  * 本屋では買えないダイレクト出版の本。 ジョン・ウィベンの本。 購入はこちらから&

記事を読む

ロバート キヨサキの『金持ち父さん 貧乏父さん』 (3)

『金持ち父さん 貧乏父さん』シリーズはいっぱい発行されています。 筑摩書房のサイト ⇒ 金

記事を読む

本当はヤバくない日本経済 破綻を望む面妖な人々

本当はヤバくない日本経済 破綻を望む面妖な人々 三橋貴明 幻冬舎 2

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【冷凍食品】銀座デリー監修ドライカレー

セブンイレブンで税込み 267円で売っています。 7月末

日本転覆テロの怖すぎる手口 スリーパー・セルからローンウルフまで (PHP新書) / 兵頭 二十八

日本転覆テロの怖すぎる手口 スリーパー・セルからローン

GREEN / 辛島美登里

GREEN 辛島美登里 ソニー・ミュージックダイレ

約束ーイタリア古典歌曲集 / スミ・ジョー

約束ーイタリア古典歌曲集 モーツァルト ジョー(スミ

【ふるさと納税】バランタイン自家焙煎コーヒー豆 1kg (豆のまま)/ 三木市

兵庫県三木市に 10000円寄付するともらえます。 スイ

→もっと見る

PAGE TOP ↑