*

W4-927SEF をバスレフ箱に装着

公開日: : 最終更新日:2019/02/09 オーディオ

以前の記事「Tangband ポリプロピレンコーン10cmフルレンジ W4-927SEF 落札」の続きです。

Monacor SPM100-8 をバックロードホーン箱に移植」したので余ったバスレフ箱に W4-927SEF を装着。

ユニット取り付けのネジ穴はほんの少し外側に拡張しました。

内容積 14リットルもあるので低音は出るでしょう。ハイ上がりのユニットには合いそうです。

ただ、ダクト共振周波数が 58Hzですから、ユニットの最低共振周波数 69.78Hz がどう出るかなと思ったのですが、問題ありませんでした。

聴いてみると、諫山実生の「恋花火」のドラムと花火、いい具合です。芯のある低音が聴けます。Monacor SPM100-8 ではうまく出ませんでしたから。

fourplay もいい感じ。音が前に飛び出してきます。

声もスムースです。中古なのでエイジングが進んでいるせいもあるでしょう。

エンヤの通奏低音(シンセ)もなめらかにたっぷり出ます。

全域にわたってポリプロピレンと思えぬ反応の良さ。ハイ上がりといってもトゲトゲしさもそんなにありません。

ということで、なかなかの傑作となりました。ルックスも前よりいいでしょう。

この箱、ようやく真の主人を見つけたようです。

じつは小澤先生の下の本で W4-927SEF を使ったバスレフ型の製作記事があり、W4-927SEF の測定結果からのベストの容量は 11.7リットルでダクト共振周波数 58Hzと書いてありました。

私の場合14リットルと少し大きいですが、ダクト共振周波数は 58Hzジャスト。ちょっと良すぎですね。

作りやすい高音質スピーカー: 測定とシミュレーションで高性能を徹底追及
小澤 隆久
誠文堂新光社
売り上げランキング: 261,489

それにしても W4-927SEF は安価なのに優秀なユニットです。

Tangband 13cmフルレンジ W5-1611SAF (ややハイ落ち・・・というかよりフラットらしいですが)にも興味がわきますね。

現在のリスニングルーム(右翼)は以下のようになっています。

###

 

関連記事

7回目の祇園

* 昨日は実は急に祇園でK先生と飲むことになりました。 いつものお茶屋の祇園 松八重 さんの

記事を読む

KEF Audio KEF KIT100 スピーカーシステム

KEF KIT100 イギリス KEF社の 2+1 ホームシアターシステム。 ヤフオクで

記事を読む

これならできる特選スピーカーユニット マークオーディオ編 特別付録:マークオーディオ製8cmフルレンジ・スピーカーユニット (ONTOMO MOOK)注文

これならできる特選スピーカーユニット マークオーディオ編 特別付録:マー

記事を読む

HDB-ALP6-v2 Alpair6P搭載 すぴ研スピーカー

昨日到着していましたが、多忙のため10分も聴けませんでした。 今日も忙しくて聴きくらべができな

記事を読む

Alpair6P / キレのある音

* 私の読影卓の1つの正面像。 スピーカーが至近距離に設置されていますね。私の耳から 1

記事を読む

TANNOY MERCURY V1

タンノイ ブックシェルフ型スピーカーシステム TANNOY MERCURY

記事を読む

Stereo8月号付録 8cmフルレンジ M800 バックロードホーンスピーカーの製作

ステレオ 2016年8月号 音楽之友社 2016-07-19 売り上げランキング

記事を読む

Stereo編 スピーカー工作の基本&実例集 2017年版 特別付録:パイオニア製6cmフルレンジ・スピーカーユニット対応エンクロージュア・キット

Stereo編 スピーカー工作の基本&実例集 2017年版

記事を読む

North Flat Japan セールで散財

North Flat Japan というちょっと変わったオーディオメーカー(零細)がありまして、普段

記事を読む

Nakamichi Amplifier2

Nakamichi Amplifier2[/caption] * 昨日到着。 19

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑