*

SONY スーパーウーファー SA-W101 落札&到着

公開日: : 最終更新日:2019/05/24 オーディオ

ヤフオクで落札

SELECT BASE Yahoo!ショップ というショップより 2000円+送料で落札。

アンプ内蔵のサブウーファーです。1995年発売、定価は30000円。

ヤマハのものは超人気で結構高額になるので、ソニーあたりが狙い目かなと思っていたところ初値で落札できました。

機能

オーディオの足跡に載っていました。>SONY SA-W101の仕様 ソニー

機能的には十分。

60Wのパワーアンプを内蔵し、ボリューム付き。MFB方式を採用しています。

カットオフ周波数は 50~150Hz 連続可変。

フェーズ反転スイッチもついています。

入力は RCA のライン入力とは別にスピーカー入力もついており、録音端子のないアンプを使っている場合も使えます。

機能的にはほぼ不満なし。ほぼどんなスピーカーとも組み合わせられます。

ユニットは 16cmコーン型ウーファー(左右兼用)で、キャビネットは SAW方式。

SAW(Super Acoustically-loaded Woofer)方式はキャビネットの中に設けられたサブバッフル板に駆動用スピーカーユニットを装着した構造らしいです。メーカーによって呼び名は変わりますが、昔からよくあるものです。

この方式ではダクトから低域を放射しますが、中低音以上の音は直進性のゆえにダクトからは出てこないというもの。

ただし、カットオフ周波数を決められるということはもともと高域はほとんどスピーカーコーンから出ていないはずですけどね。

視聴

早速、余ったアンプに 8cmフルレンジの自作スピーカーとともに使ってみました。

低域の足りなかった 8cmフルレンジが映えます。

位相を変えてみると、繋がりの音域での印象がかなり変化します。置き場所や組み合わせるスピーカーによりベストな位相は異なりますので、どちらがいいかはケースバイケース。

ともあれ壊れてはいないようで、とてもいい買い物をしました。

これで自作の 8cm以下のスピーカー群が息を吹き返すと思います。

関連記事

BOSE AM-5III のサブウーファー

###

関連記事

【ヤフオク】『M800』向け ダブルバスレフ箱 到着

2本1組 4200円+送料で、いつもの junichitanzawa さんより落札したもので

記事を読む

no image

CPRM対応スモールサイズDVDプレーヤー ADS-370CDS

セントレードM.E. CPRM対応スモールサイズDVDプレーヤー ADS-370CDS

記事を読む

作りやすい高音質スピーカー: 測定とシミュレーションで高性能を徹底追及 / 小澤隆久

  作りやすい高音質スピーカー: 測定とシミュレーションで高性能を徹

記事を読む

A1G-EX 25W+25W TA2021Bデジタルアンプ

A1G-EX[/caption] 到着。 琥珀色モデルだが、いわゆるオーディオコン

記事を読む

North Flat Japan セールで散財

North Flat Japan というちょっと変わったオーディオメーカー(零細)がありまして、普段

記事を読む

パイオニア DVDプレーヤー DV-343 到着

ヤフオクでゲット。リモコン付きで 300円。 2001年発売。 同時発売の DV-545

記事を読む

ハの中心でアイを叫ぶ

   昨夜は子供たちが外出していたので、カミサンと食事に行きました。  その後カミ

記事を読む

S-EM2 というスピーカー

先日、中古レシーバーと新品スピーカーのセット(下)をヤフオクで 910円+送料でセリ落としました

記事を読む

KEF MODEL303 SERIESⅡをゲット

KEF303 series ii[/caption] * ヤフオクで専用スタンド付

記事を読む

no image

BEHRINGER (ベリンガー ) / MONITOR 1C

BEHRINGER / ベリンガー 1C-BK ( 1CBK ) マルチタイ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

映像研には手を出すな(アニメ)

「映像研には手を出すな」という NHK のアニメが面白くなってきました

陰謀の日本中世史 / 呉座勇一 (3)

「陰謀の日本中世史 / 呉座勇一 (2)」の続きです。 本能寺の

FX予測のプロフェッショナルがついに書いた!FX7つの成功法則 / 吉田 恒

FX予測のプロフェッショナルがついに書いた!FX7

陰謀の日本中世史 / 呉座勇一 (2)

「陰謀の日本中世史 / 呉座勇一 」の続きですが、同じ著者の手になる『

コロナウィルス騒動

昨年末くらいからウワサになっていたコロナウィルス騒動ですが、毎日いろん

→もっと見る

PAGE TOP ↑