*

ニュースの”なぜ?”は世界史に学べ 2 日本人が知らない101の疑問 / 茂木 誠(2)

公開日: : 読書


★★★☆☆(すばらしい)

以前の記事「ニュースの”なぜ?”は世界史に学べ 2 日本人が知らない101の疑問 / 茂木 誠」の続きです。

この本は 2017年の本なのですが、プーチンの考えていることをかなり詳しく記しており、その後のウクライナ侵寇を予言しているようなところがあり、慧眼だと思いました

ただ、侵寇するのはウクライナとは書いていないのですが。

ロシアは中国とは仲良くするふりをしているだけで、「握手しながら足で蹴り合っている関係」とか

そのわけは極東ロシアへの中国人の不法移民の増加で、すでに混血児も多数生まれており、ソフトな侵寇の途中だからとか。

まさにプーチンがウクライナ東部でやってきたことを何千倍もの人口規模でやられている最中だからなんですね。

ロシアが崩壊して内戦状態にでもなれば、チャイナが極東に侵寇するのではないでしょうか。

その場合は北方領土や樺太もチャイナに獲られるかもしれません。

###

関連記事

金儲けのレシピ / 事業家bot (2)

以前の記事「 金儲けのレシピ / 事業家bot 」の続きです。 著者は他業種のビジネスモデルを

記事を読む

新聞の経済記事は読むな、バカになる / 日下公人 渡邉哲也

新聞の経済記事は読むな、バカになる 日下公人 渡邉哲也 ビジネス社 2013-0

記事を読む

成功する人の話し方―会話力でチャンスをつかむ53の具体例 / 中谷 彰宏

成功する人の話し方―会話力でチャンスをつかむ53の具体例 中谷 彰宏 ダイヤ

記事を読む

陰陽師鬼談―安倍晴明物語 (角川文庫) / 荒俣 宏

陰陽師鬼談―安倍晴明物語 (角川文庫) 荒俣 宏 角川書店 2003-08-23

記事を読む

中国壊滅 / 渡邉哲也

中国壊滅 渡邉 哲也 徳間書店 2015-07-31 売り上げランキング : 4

記事を読む

新・資本論 僕はお金の正体がわかった (宝島社新書) / 堀江 貴文

新・資本論 僕はお金の正体がわかった (宝島社新書) 堀江 貴文 宝島社

記事を読む

徳川将軍家

前回の記事の名著「江戸300藩 バカ殿と名君 / 八幡和郎」によると、 家康はケチで絶望的

記事を読む

叩かれるから今まで黙っておいた「世の中の真実」 / ひろゆき

★★★☆☆ ひろゆきの本はいろいろ出ていますが、この本は「世の中の真実」について書いたとい

記事を読む

日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか (PHP新書) / 竹田 恒泰 (2)

日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか (PHP新書) 竹田 恒泰 PHP研究所

記事を読む

東京と神戸に核ミサイルが落ちたとき所沢と大阪はどうなる / 兵頭二十八(2)

東京と神戸に核ミサイルが落ちたとき所沢と大阪はどうなる (講談社+α新書) 兵頭

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

【ふるさと納税】博多華味鳥 水たきセット(3~4人前) / 北九州市

【ふるさと納税】博多華味鳥 水

リンネル 2023年3月号付録のムーミン万年筆

★★★☆☆ リンネルという女性雑誌の2023年3月号の付録の

富裕層のための海外分散投資 / 永峰潤、三島浩光

★★★☆☆ 2013年とやや古いです。 2日前に大雪で

最強寒波にて電車内に 7時間缶詰め経験

 ある乗客がよせた写真 2023年1月24日大雪の日。 高

7プレミアム 五目あんかけ焼そば

セブンイレブンの冷凍食品です。398円(税込429円)。

→もっと見る

  • アクセスカウンター
PAGE TOP ↑