*

イーサイトのシステムの利点(4)

公開日: : 最終更新日:2014/04/08 医療, 画像診断

続きです。

イーサイトヘルスケア遠隔画像診断システムの利点を紹介します。

放射線科常勤医を守る(CT、MRI をお持ちの総合病院編)

高額な画像診断装置をお持ちの病院の場合、常勤医を抱えていることが多いでしょう。

画像診断医にも自分の専門分野があることが多く、不得意分野も多々あります(たとえ専門医でも)。

不得意分野の症例が多いとストレスになりますし、一人でつけられる症例数も限られています。

たえず「燃え尽き症候群」の予備軍にあります。

特に 不得意分野の見落としで訴訟になったりすると 高率で辞めていきます。

だからと言って無闇矢鱈に定員を増やすことはできませんよね。

定員を増やせば各医師がますます自分の専門分野に閉じこもってしまい、効率が悪くなることが多いです。「働いたらソン」と考えるものも出てきます。

  1. 少ないといつ辞めるかわからない
  2. 多いと効率が悪くなり、際限なく増える可能性がある

 

という頭の痛い問題ですね。

これを解消するのが遠隔画像診断でのサポート。

常勤医の不得意分野や過剰分を遠隔画像診断で対応するのです。

常勤医も人間です。病気もしますし、長期の休暇を取りたい時もあります。

長期休暇や病気の時も 遠隔画像診断でのサポートがあれば安心 ということで、離職率が減ります。

常勤医が燃え尽きて辞めた場合、すぐに噂はネット上(Facebook、2チャンネル、etc.)をかけめぐり、次の常勤医はなかなか来ません。

特に一人医長のところなどは「死にに行くのか」と周囲から引き止められます。

前任者は燃え尽きて辞めた、下手をすると体を壊すまで働かされるのでは蟹工船と変わらない と思われたら、二度と常勤医は得られません。

でも遠隔画像診断のシステムのようなライフラインが入っているところであれば、病院に理解がありそうだ と安心して応募する者も増えるでしょう。

ということで、イーサイトのシステムを入れて、イーサイトの紹介する遠隔画像診断医と契約すればいいだけの話です。

このシステムのコストは診断料を除けば月数万円くらいのものです。いい常勤医を得る あるいは 長くいついてもらうためには安い投資だと思います。

診断料も CT,MRI の場合は 健康保険の断層画像診断料でまかなえるからソンはありませんしね。

【関連記事】

イーサイトのシステムについてはこちら⇒遠隔読影の概要 – イーサイトヘルスケア株式会社

###

関連記事

真のPET検診

元ネタ> 「線虫」を使った尿検査で、95.8%の確率でがんを判定!血液検査より高精度 犬の嗅覚

記事を読む

文系の選択プロセス

* 民主党の事業仕分けに如実に見られますが、文系の人たちの選択プロセスには重大な欠点があります

記事を読む

イーサイトの遠隔画像診断端末からATOK単語登録

なんのこっちゃわからん人は無視してね。 * イーサイトの遠隔画像診断端末をお使いの方で、パソ

記事を読む

放射線科読影医の報酬

放射線科の仕事量は数十倍のオーダーで増えています 私が卒業した四半世紀前は MRI はまだ世になく

記事を読む

no image

拙稿「遠隔画像診断サービス 成功の秘訣」 に誤植がありました

* Rad Fan 2013年1月号 に載った拙稿 「遠隔画像診断サービス 成功の秘訣 」ですが、

記事を読む

インターネットビジネス講座

* この前申し込んだのはアフィリエイトの講座。 インターネットビジネスの講座は私は今まで2つ申

記事を読む

no image

イーサイトのクラウド型遠隔画像診断システム 利点(1)

* イーサイトのクラウド型遠隔画像診断システムは Citrix Xen Server というサ

記事を読む

no image

遠隔画像診断ニュース始めました

* * * * * *   またまた新しいホームページ始めました。   遠隔画像

記事を読む

Windows7 PC が壊れた / ビデオカードの不具合

昨日気づいたのですが、仕事用に借りている専用端末の Windows 7 PC を立ち上げると、画面が

記事を読む

『遠隔画像診断起業道』メルマガテスト配信開始予告

『遠隔画像診断起業道』メールマガジンテスト配信をそろそろ開始します。 タイトル 遠隔画像診断

記事を読む

PAGE TOP ↑